読者が選ぶ、おすすめ名作小説ベスト100ランキング!

このエントリーをはてなブックマークに追加

「読まずに死ねない!」「後世に残したい」「人におすすめしたい!」小説をテーマに、BookLive!ユーザーにアンケートを実施。泣ける恋愛小説、感動の映画原作、衝撃のどんでん返しミステリー、Web発SF・ファンタジーなど、読者がおすすめする最高に面白い作品をまとめました! 投票総数1835票の中から選ばれた、不朽の名作小説ランキング2018年版!

セーフサーチをOFFにするとすべての作品が表示されます

※すべての作品をご覧になるにはログインが必要です。

      • 【第1位】 赤毛のアン・シリーズ

        赤毛のアン―赤毛のアン・シリーズ1―

        ちょっとした手違いから、グリン・ゲイブルスの老兄妹に引き取られたやせっぽちの孤児アン。...

        ・子供にも大人にも薦めたい
        ・少女時代のバイブル
        ・楽しくて頑張る気持ちが湧いてくる
        ・思い出の本
        ・心が洗われる
        ・瑞々しい感性で描かれている
        ・いつ読んでもほっこり
        ・人生に活かしてほしい

        続きを読む▽
      • 【第2位】 銀河英雄伝説

        銀河英雄伝説1 黎明篇

        “常勝の天才”ラインハルトと、“不敗の魔術師”ヤン・ウェンリー。ふたりの名将が現れたとき、...

        ・これを超えるものは出てこない
        ・最高
        ・稀有な作品
        ・永遠に心の師
        ・壮大なスケール
        ・何度読んでも面白い
        ・引き込まれる
        ・人物が魅力的

        続きを読む▽
      • 【第3位】 竜馬がゆく

        竜馬がゆく(一)

        総発行部数2500万部超! 坂本竜馬の奇蹟の生涯を壮大なスケールで描く、司馬文学の金字塔、...

        ・ジャンルに収まりきれない小説
        ・人生に影響を与えた
        ・龍馬信者になった
        ・近現代史へのきっかけ
        ・司馬遼太郎といえばこれ
        ・巧みな表現
        ・現代への警鐘
        ・人々の一途さ

        続きを読む▽
      • 【第4位】 図書館戦争シリーズ

        図書館戦争 図書館戦争シリーズ(1)

        2019年(正化31年)。公序良俗を乱す表現を取り締まる『メディア良化法』が成立して30年。高...

        ・正論を武器にする奴は正しくない
        ・お伽噺のような王道ストーリー
        ・心を動かされた
        ・仕事にかける情熱がすごい
        ・リアル
        ・読後感がスッキリ
        ・甘いだけではない
        ・この1冊に濃縮されている
        ・考えさせられた

        続きを読む▽
      • 【第5位】 鬼平犯科帳

        鬼平犯科帳[決定版](一)

        江戸の盗賊たちに「鬼の平蔵」と恐れられている、「鬼平」こと火付盗賊改方(ひつけとうぞく...

        ・長谷川平蔵にぞっこん
        ・人間味あふれる物語
        ・鬼平は理想の上司
        ・未来にさえ通じる
        ・江戸の人々が目の前で生活しているよう
        ・正義感があふれている
        ・鬼平の心意気
        ・老若男女楽しめる
        ・座右の書

        続きを読む▽
      • 【第6位】 坂の上の雲

        坂の上の雲(一)

        維新で賊軍とされた伊予・松山に、三人の若者がいた。貧乏士族の長男で風呂焚きまでした信さ...

        ・胸が躍る描写
        ・頑張ろうと思える
        ・世界に通用する近代国家へ
        ・元気が出ます
        ・愚直でカッコいい
        ・男とはかくあるもの
        ・今こそ、読むべき本
        ・『竜馬がゆく』のあとはこれ

        続きを読む▽
      • 【第7位】 下町ロケットシリーズ

        下町ロケット

        値引き

        直木賞受賞作、待望の文庫版を電子化! 「お前には夢があるのか? オレにはある」 研究者...

        ・仕事に夢と情熱を持つ重要さ
        ・目頭が熱くなりました
        ・躍動感
        ・セリフに説得力がある
        ・人情に厚い主人公
        ・努力する熱意に感度
        ・ハラハラドキドキ

        続きを読む▽
      • 【第8位】 アルスラーン戦記

        アルスラーン戦記1王都炎上

        大陸公路に君臨するパルス王国は不敗の騎兵隊を持つ強国だったが、蛮族ルシタニアの侵攻を受...

        ・単なる勧善懲悪とは言い切れない魅力
        ・仲間との楽しいやり取り
        ・飽きない
        ・重厚なストーリー
        ・教科書のような存在
        ・読んでもらいたい

        続きを読む▽
      • 【第9位】 守り人シリーズ

        守り人シリーズ電子版 1.精霊の守り人

        舞台となるのは、異界と人の世界が交錯する世界 ── 。 腕ききの女用心棒・バルサはある日、...

        ・自分を重ねて読んでいました
        ・成長していく姿がいい
        ・手に取りやすい作品
        ・ずっと話の続きを読みたい
        ・世界観が魅力的
        ・非常に味わい深い作品
        ・大人でも楽しめる作品
        ・憧れる女性像

        続きを読む▽
      • 【第10位】 沈まぬ太陽

        沈まぬ太陽(一) -アフリカ篇・上-

        広大なアフリカのサバンナで、巨象に狙いをさだめ、猟銃を構える一人の男がいた。恩地元、日...

        ・情景が浮かんでくる
        ・すばらしい小説
        ・忘れてはいけない事故
        ・綿密な取材に基づいている
        ・スケールが大きい
        ・縦社会の縮図
        ・極太の描写

        続きを読む▽
      • 【第11位】 金田一耕助ファイル

        金田一耕助ファイル1 八つ墓村

        戦国の頃、三千両の黄金を携えた八人の武者がこの村に落ちのびた。だが、欲に目の眩んだ村人...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・おどろおどろしい世界観が好き。読み直してみると、斬新なトリックもあったりし、今読んでも、新鮮。

        ・トリックもさることながら、時代背景も感じさせるちょっとオドロオドロしい雰囲気が魅力的。金田一耕助というキャラクターも素晴らしい。

        ・日本を代表する名探偵。金田一少年で若い世代にも知名度がある。

        ・日本製ポアロのインパクトは凄いので書かれた当時を思うと人気になったのもわかるから。

        続きを読む▽
      • 【第12位】 <物語>シリーズ

        化物語(上)

        値引き

        大人気<物語>シリーズ第一作、電子版オリジナル3分冊で登場!阿良々木暦を目がけて空から降っ...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・次々と繰り広げられる阿良々木暦と怪異の物語に引き込まれ、巻を経るごとに面白さが増していく作品。

        ・辛さを描いているから。笑いを持って優しくなれる。そして日々は続くから。

        ・最早不朽の名作となっている物語シリーズは、内容、構想共によく練られていて普遍性があるから。

        ・作中に使われる言葉遊びが小説特有でとても面白いです。西尾維新節はぜひ後世に残したいです。

        続きを読む▽
      • 【第13位】 君の膵臓をたべたい

        君の膵臓をたべたい

        ある日、高校生の僕は病院で一冊の文庫本を拾う。タイトルは「共病文庫」。それは、クラスメ...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・インパクトのある作品名と、純粋な青春の風景が、とても心に残った。

        ・小説を読んで、一番泣いたのがこの本。おすすめです!

        ・不覚にも泣いてしまった。でも、読後は、爽やかな気持ちになれる。

        ・文字で読むより、朗読を聞く方が向いています。余命が宣告されている少女とそのクラスメートとの関わりを描いた物語です。ネタバレになるので、詳しくは書けません(-_-;)

        続きを読む▽
      • 【第14位】 三國志

        三国志 一の巻 天狼の星

        時は、後漢末の中国。政が乱れ賊の蔓延る世に、信義を貫く者があった。姓は劉、名は備、字は...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・一気に読める。どの人物も魅力的で愛着が持てる。ハードボイルドだと。

        ・格好いい呂布はなかなか出会えませんが、北方三国志では漢です。

        ・時代が動く、その勢い、一人一人の生きざま。気持ちがいいほど大きな話です。

        ・曹操様が格好良い!惇兄も素敵で、1?2巻は何度読んだ事か(笑)ただ、アンチ蜀(アンチ劉備)の為、どの三国志の本を読んでも、視点が蜀メインな物は読むのも苦痛だけど、北方版なら読める。

        続きを読む▽
      • 【第15位】 本好きの下剋上

        本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第一部「兵士の娘I」

        本好きのための、本好きに捧ぐ、ビブリア・ファンタジー!「小説家になろう」で大人気長編がつ...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・ジョークがきいていてテンポだ良い。また、変に性的描写もなく、暴力シーンもない。ストーリー展開が巧妙で、飽きさせない。

        ・一人称小説の楽しさをこの作品で知りました。主人公の興味のないものについては徹底して描かれず読み進めるとあの時はそうだったのか、と気づかされる事も多く何度読んでも楽しめます。また架空の神話がかなり作り込まれており、挨拶や価値観にも多く影響しているのがこの物語の楽しさでもあります。

        ・最高の転生ファンタジー!!別視点での意外性や世界観の構想緻密さ、表紙の綺麗さどれをとっても素晴らしい!

        続きを読む▽
      • 【第16位】 剣客商売

        剣客商売一 剣客商売

        勝ち残り生き残るたびに、人の恨みを背負わねばならぬ。それが剣客の宿命なのだ――剣術ひとす...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・ストーリーが分かりやすく、引き込まれます。

        ・小説嫌いな自分が思わず読破してしまったから

        ・エンターテインメントとして、こんなに完ぺきな本に出合えたことを幸せに思いました。

        ・ドラマの方が味がある。軽いかんじではあるが、さらりとしている。物足りないような気もするが、東京にすんでいるかいないかも感性が異なるかも。

        続きを読む▽
      • 【第17位】 陰陽師

        陰陽師

        時は平安時代、京の都に安倍晴明という名高い陰陽師がいた。まだ闇が闇として残り、夜になれ...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・日本の平安時代における「呪」「霊」などの考え方は必見。

        ・人と妖が共存していた時代の話。陰陽師を読むと京都に行きたくなる。京都に行く時は観光するエリアに合わせて陰陽師を読む。例えば東寺や御所。小説を読んだあとに実際の場所を訪れて晴明や博正の息遣いを感じるのがすきだ。

        ・清明がかっこいい。

        ・安倍晴明がイメージどおり。

      • 【第18位】 小説 君の名は。

        小説 君の名は。

        山深い町の女子高生・三葉が夢で見た、東京の男子高校生・瀧。2人の隔たりとつながりから生ま...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・映画版に比べ細かく表現されていて、こっちの方がすきかも。

        ・読みやすくて話の展開が早いので、飽きずに最後まで読めます。子供もこれなら読書してくれそうです。

        ・映画は世界的にも有名で、ストーリーを知らなければ日本人として恥ずかしいと思う。

        続きを読む▽
      • 【第19位】 舟を編む

        舟を編む

        出版社の営業部員・馬締光也(まじめみつや)は、言葉への鋭いセンスを買われ、辞書編集部に引...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・辞書に関わる人々の思いが伝わってきます。

        ・刻々と変わっていく言葉を、日々収集し日本語の変遷を記録しつづけている編集者さん達の苦労を初めて知りました

        ・辞書を作ることの大変さと、恋愛の絡みがすごく好き

        ・普段何気なく使っている辞書を作り手から語られる良書です。

        続きを読む▽
      • 【第20位】 64(ロクヨン)

        64(ロクヨン)(上)

        警察職員二十六万人、それぞれに持ち場がある。刑事など一握り。大半は光の当たらない縁の下...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・昭和と平成の世代を埋めるにふさわしい作品だから。

        ・長編の世界の中で、男の生き方をそれぞれ描き出し、最後に残ったものは真実とそれまで生きてきた期間の心情の変化がよくえがかれているから。

        ・この作品は映画で見たのが最初です。主人公が好きな人だったので映画を見た後でこの小説を読みました。映画のハラハラドキドキが小説でももっと深く感じられる、とてもいい作品だと思います。昭和の時代の最後ということで64(ロクヨン)という題名ですが、当時の時代環境をよく取り入れており、読んでいても懐かしさを感じることができました。また読んでみたい作品です。

        続きを読む▽
      • 【第21位】 新世界より

        新世界より(上)

        1000年後の日本。豊かな自然に抱かれた集落、神栖(かみす)66町には純粋無垢な子ども...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・独創的な世界観に惹きつけるストーリー。貴志祐介の名作の1つ。

        ・アニメ化もされた超絶エンタメ小説。ホラー要素はもちろんだか、同性愛、超能力者、青春、バトルと盛りだくさんの内容で見所は非常に多い。これが人類の未来の姿なのかと思ってしまうほどファンタジーなのにリアリティがありすぎる描写がさすが貴志先生。おすすめ。

        ・近未来を予言しているかのような興味深いアイディア、スリリングな展開の面白さがたまらない。

        続きを読む▽
      • 【第22位】 悪の教典

        悪の教典(上)

        晨光(しんこう)学院町田高校の英語教師、蓮実聖司はルックスの良さと爽やかな弁舌で、生徒...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・後味が悪い。必死に逃げる生徒たち、殺人鬼の書き方が怖くて読むのをやめようかと思ったけど、最後が気になり読んでしまいました。

        ・自分を自制することなくのびのびと高浮動している主人公に憧れました。

        ・人の心の裏側をきちんと表現している恐ろしい作品。世の中の人間の本音が隠れているようで怖い。

        ・サイコパスの怖さがすごい。

        続きを読む▽
      • 【第23位】 のぼうの城

        のぼうの城 上

        値引き

        2012年11月2日(金)公開の映画化原作!2009年本屋大賞2位、 第139回(2008年上半期)直木賞...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・主人公が言葉を話さないのに、その人となりや考えがすっと入ってくる不思議な小説。

        ・とても面白い作品という一言に限る。この時代の話はやはり重たく辛いものが多い中、決して軽くはないが面白いと思える作品だなと思う。

        ・映画化もされた名作。少数で大部隊を撃退するすっごい面白いお話し。

        続きを読む▽
      • 【第24位】 ローマ人の物語

        ローマは一日にして成らず──ローマ人の物語[電子版]I

        知力ではギリシア人に劣り、体力ではケルトやゲルマン人に劣り、技術力ではエトルリア人に劣...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・現代の政治社会にも通用する数多くの教訓をもたらす壮大な作品。

        ・時代と空間と心理が織りなす情景に創造(想像ではない)と判っていながらも引き込まれる。

        ・ローマの歴史は人類が経験した全ての歴史が凝縮されている。それを疑似体験できる塩野七生の最高傑作。

        続きを読む▽
      • 【第25位】 幼女戦記

        幼女戦記 1 Deus lo vult

        金髪、碧眼そして白く透き通った肌の幼女が、空を飛び、容赦なく敵を撃ち落とす。 幼女らしい...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・戦場の狂人ロリ魔法使いおじさんというヤバいキャラを生み出してしまった栄誉を称えたい。

        ・豊富な知識の基に築き上げられた物語が非常に良い。

        ・最初はタイトルで倦厭していたけれど、少し読んでみたら、幼女とは思えない熱さ!!

        続きを読む▽
      • 【第26位】 蜘蛛ですが、なにか?

        蜘蛛ですが、なにか?

        女子高生だったはずの「私」は目覚めると……なんと「蜘蛛」に転生していた! 周囲は毒ガエル...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・最弱の蜘蛛モンスターへと転生した女子高生が、極悪な環境の中で生き残り勝ち上がる為に負けじと奮闘する姿には頑張れー!と応援せずにはいられません。毎回手に汗握る逆境の中で、蜘蛛子ちゃんらしく危機を乗り越えて成長していく様が病み付きになる楽しさです。壮大な世界観で読み応えがあり、ゲーム好きが唸る事間違いなしです。イラストも凄くカッコイイです。どんな苦境が立ちはだかっても、逃げずに工夫を凝らして立ち向かう。そんな強さを教えてくれる作品だと思います。

        続きを読む▽
      • 【第27位】 池袋ウエストゲートパークシリーズ

        池袋ウエストゲートパーク

        ミステリーの「今」を読みたければ、池袋を読め。刺す少年、消える少女、マル暴に過激ジャー...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・読書が苦手な人でも読めそうなぐらいライトな文章と、社会問題の勉強になる。そして、何よりおもしろい!登場人物も魅力的!

        ・魅力的で個性的な登場人物が最高。

        ・ドラマで観て、原作読んで、まこっちゃんが近くにいてくれたらいいのにって何度も思った!

        続きを読む▽
      • 【第28位】 古典部シリーズ

        氷菓

        いつのまにか密室になった教室。毎週必ず借り出される本。あるはずの文集をないと言い張る少...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・ミステリーって大げさな感じではなく、日常生活の中のちょっとした謎、それを解いていくのが、平凡とはかけはなれた面白さで、読みごたえのある話になっているのがスゴイ。

        ・何気ない日常にあるふとした謎を鮮やかに解くストーリーに引き込まれます。

        ・青春ミステリーのなかで圧倒的に面白い。謎解きも納得できる内容です。

        ・日常にありそうなテーマで話が構成されている事や基本的に一人称で進むので感情移入しやすく、読みやすい。ある意味、活字の漫画。

        続きを読む▽
      • 【第29位】 謎解きはディナーのあとで

        謎解きはディナーのあとで

        値引き

        「失礼ながら、お嬢様の目は節穴でございますか?」 令嬢刑事(デカ)と毒舌執事が難事件に挑...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・オシャレな謎解き。

        ・ミステリー好きには。

        ・決めセリフがいいよね!!

        続きを読む▽
      • 【第30位】 陸王

        陸王

        勝利を、信じろ――。足袋作り百年の老舗が、ランニングシューズに挑む。埼玉県行田市にある「...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・どん底からはいやがる物語がすき。

        ・人々のあきらめない取り組みを若い人に伝えたい。

        ・こちらも下町ロケット同様にTVと小説版では違う点も多いので見比べながら見るのが面白い。

        続きを読む▽
      • 【第31位】 蜜蜂と遠雷

        蜜蜂と遠雷

        俺はまだ、神に愛されているだろうか? ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そし...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・恩田陸のキレキレの作品で、とても楽しめたから。

        ・直木賞作品ぽいですよね。知らないうちに物語に参加していて、登場人物とともに心をぐわんぐわん揺さぶられます。人の人生も見れて生き方の参考にもなります。蜜蜂と遠雷は時代年齢性別を問わずに読める作品です。

        ・芸術とは何?、という課題に真摯に向き合っています。数人の天才たちが織り成す関係性と、そこから湧き出る演奏に感動します。

        続きを読む▽
      • 【第32位】 獣の奏者

        獣の奏者 I闘蛇編

        児童文学のノーベル賞にあたる、国際アンデルセン賞作家賞受賞! 世界的注目作家の新たなる代...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・技術や科学が好きな人に、とてもおすすめです。継承でしかなかった存在しなかった技術を、天性の才能+粘り強さで、科学として体系化していく過程が、とても好きです。

        ・考えさせられる物がある。他の人にも読んで感じてほしいので。

        続きを読む▽
      • 【第33位】 万能鑑定士Qの事件簿

        万能鑑定士Qの事件簿 I

        東京23区を侵食していく不気味な“力士シール”。誰が、何のために貼ったのか? 謎を追う若き...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・最初はこの題名を見て何の小説だろうと不思議に思いました。読み進めていくうちに主人公の女性に強く引かれていきました。このシリーズは「人が死なないミステリー」ということで、読んでいても安心していられる思いでした。普通ミステリーではほぼ人が殺されたりしますが、それがないことに最初は少し戸惑いを感じましたが、最後まで読むと何かほっとする安心感を得る作品が、読んでよかったと思うように感じます。シリーズ最後まで読み切りましたが、また最初から読み直しをしたいと強く思っています。

        ・人の死なないミステリーは、新しい作風と思ったから。

        ・人が死なないので血なまぐさい殺人事件が苦手な人にもミステリー要素が楽しめると思う。真のミステリー好きには物足りなさもある。新ジャンルと考えると残したい作品の一つになる。

        続きを読む▽
      • 【第34位】 天地明察

        天地明察 上

        徳川四代将軍家綱の治世、ある「プロジェクト」が立ちあがる。即ち、日本独自の暦を作り上げ...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・主人公を軸とした、江戸時代の職業として、身分の一つとして囲碁をさす人の世界と今でいう測量から地図をおこす集団の人々の世界と当時の恋愛、結婚のままならない切なさが交ざり合った何とも言えない感じが素敵でした。

        ・普通の歴史小説ではなく、暦を作るまでにこんなに葛藤があっあのかに読み応えを、感じる。

        ・天体観測を交えながら、夢の溢れてワクワクする話になっていた。夫婦愛についても考えさせられた。

        続きを読む▽
      • 【第35位】 世界から猫が消えたなら

        世界から猫が消えたなら

        僕は生きるために、 消すことを決めた。 今日もし突然、 チョコレートが消えたなら 電話が消...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・人生に1番大切な事を考える機会を与えて貰った。

        ・ミステリーもありつつ、でも世界との繋がりってそうゆうことだよな、って実感させられる。自分自身の価値を問い詰めたときに読みたい1冊。

        ・映画も観たけど、小説もとても良かった。

        続きを読む▽
      • 【第36位】 心霊探偵八雲

        心霊探偵八雲1 赤い瞳は知っている

        学内で幽霊騒動に巻き込まれた友人について相談するため、晴香は、不思議な力を持つ男がいる...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・八雲の冷静沈着な推理?と心理が面白いし、八雲と周りが共に成長していく姿が素敵で心に暖かいものが生まれ、考えさせられるモノがある。子どもに薦めたい。

        ・話がよく練られていて面白い。登場人物それぞれの個性がきちんと出ている。

        ・怖いけど読みたくなる。

        続きを読む▽
      • 【第37位】 徳川家康

        徳川家康(1) 出生乱離の巻

        竹千代(家康)が生まれた年、信玄は22歳、謙信は13歳、信長は9歳であった。動乱期の英傑が...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・結構、昔に書かれたはずなのに、社会の捉え方、組織のあり方、人間関係、現代に通じるものがあると実感。作者の優れた観察眼に寄るものかと。歴史の偉人を堅苦しく無く活き活きと描写しています。

        ・選択肢の中にこれがあるなら絶対選ばないといけないと思います。ただ読者層が年配の人に限られそうです。

        ・全巻読破したときの爽快感は忘れられない。

        続きを読む▽
      • 【第38位】 わたしを離さないで

        わたしを離さないで Never Let Me Go

        優秀な介護人キャシー・Hは「提供者」と呼ばれる人々の世話をしている。生まれ育った施設へ...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・映画化で知りました。小説は翻訳版をかいつまんだだけ。過酷な運命と向き合う主人公の心象描写が凄くていねいで好感。

        ・じっとりとした重苦しい雰囲気も、舞台設定も好きです。

        ・人として考えさせられるものが多い中で、主人公キャシーの考え方、存在感は、共感をえられたから。

        続きを読む▽
      • 【第39位】 神様の御用人

        神様の御用人

        神様たちの御用を聞いて回る人間──“御用人”。ある日突然、フリーターの良彦は、狐神からその...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・今まで知らなかった神様や神社、伝統などに面白いなぁと思いながら興味が持てた。内容も楽しく次作が楽しみ。

        ・悪意を全く感じない、心地よい作品だと思う。

        ・色々な神様が出てきて、面白く、勉強になる。

        続きを読む▽
      • 【第40位】 警部補 姫川玲子シリーズ

        ストロベリーナイト

        溜め池近くの植え込みから、ビニールシートに包まれた男の惨殺死体が発見された! 警視庁捜...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・ドラマを見て原作が読みたくなって読んだが、何度も読み返してしまうほど面白い!から。

        ・警察官の心理描写が分かりやすく的確。

        ・応援したくなる。

      • 【第41位】 空飛ぶタイヤ

        空飛ぶタイヤ(上)

        走行中の大型トレーラーが脱輪し、はずれたタイヤが歩道を歩く若い母親と子を直撃した。トレ...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・どこまで事実に則しているかはあるが、非常にリアルである。

        ・三菱自動車の不正体質を世に知らしめた本。この小説の後も燃費不正が発覚し、再検査でも不正を行い全く改善されてないことが明らかになった。

        ・このお話は実際に起こった事故を元にして作られたとのことです。その事故とは、トラックのタイヤが突然はずれてしまい、たまたま近くの歩道を子供さんと一緒に歩いていた主婦の人に、ぶつかってしまい亡くなられました。最初は運送会社の整備ミスによるものとの憶測で、その会社の社長が警察署に呼ばれて捜査されました。しかし、従業員の仕事ぶりから絶対に整備不良ではないと確信し、以来そのトラックのメーカーとお互いに真相を突き詰めていくのです。その過程において社長の心理状態が細やかに描写されていました。読んでいて途中で涙を流すほど感情を揺さぶられました。最後は自分の主張が通って疑いが晴れましたが、最後までハラハラして素晴らしい内容でした。またぜひ読んでみたいと強く思う作品です。

        続きを読む▽
      • 【第42位】 デスマーチからはじまる異世界狂想曲

        デスマーチからはじまる異世界狂想曲

        デスマーチ真っ只中のプログラマー、”サトゥー”こと鈴木。仮眠を取っていたはずの彼は、気が...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・スローライフ的で面白い。

        ・あまたある転生、異世界、ハーレム物の中では出来のいい、安心して読める作品。

        ・アニメを見てはまった。

        続きを読む▽
      • 【第43位】 隠蔽捜査

        隠蔽捜査(新潮文庫)

        竜崎伸也、四十六歳、東大卒。警察庁長官官房総務課長。連続殺人事件のマスコミ対策に追われ...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・考え方が変わる。

        ・とにかく、竜崎さんが、カッコいい?

        ・色々な警察ものを読んだけど隠蔽捜査は一風変わって面白かった。変人竜崎がどんどん愛おしくなってくる。

        続きを読む▽
      • 【第44位】 RDG レッドデータガール

        RDG レッドデータガール はじめてのお使い

        世界遺産に認定された熊野古道、玉倉山にある玉倉神社。そこに住む泉水子は中学三年まで、麓...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・引っ込み思案な少女が自分を変えようとした結果、自分の特別な力のことを知ることになる。最初はその力に怯えたり、翻弄されるけど、自分を変えたいという気持ちが背中を押し頑張る姿が健気で好きです。

        ・世界観がすき。

        ・かわいらしくて優しいお話。

        続きを読む▽
      • 【第45位】 大水滸伝シリーズ

        水滸伝 一 曙光の章

        十二世紀の中国、北宋末期。重税と暴政のために国は乱れ、民は困窮していた。その腐敗した政...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・人間の性を認めながら志に生きる男たちの生き様は、いつの時代でもどう生きるかの羅針盤となるに違いない。

        ・中国金の時代の無頼漢の物語。フリーター達が、高官に立ち向かう姿が面白い。

        ・熱い。涙しながら一気に読みました。

        続きを読む▽
      • 【第46位】 十二国記シリーズ 【未配信】

        おすすめの理由ピックアップ
        ・王と麒麟の関係性などを初めとする世界観、政治、人間関係が圧倒的な筆力で描写されており圧巻。完結するのを見届けるまでしねないと思う作品の一つです。

        ・たかがファンタジーと思うなかれ。ホラーでありミステリーでもあり、何度読み返しても面白い。印象的なシーンがいくつもある。

        ・ファンタジーでありながら、人の成長、葛藤、考え方、生き方、国とはと考えさせられる。視点がかわるのもまた楽しい。陽子が王として成長していく様には、国を背負う人だけでなく私を生きていく上で学ばせてもらった。

        続きを読む▽
      • 【第47位】 空飛ぶ広報室

        空飛ぶ広報室

        不慮の事故で夢を断たれた元・戦闘機パイロット・空井大祐。異動した先、航空幕僚監部広報室...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・自分の知らない業界(?)を知ることが出来て面白かった。挫折しても、人生が突然行き止まりになってしまったように思っても、実際はそんなことはなくて、その経験は無駄になることなく別の形になっても続いていくんだと思えた。

        続きを読む▽
      • 【第48位】 ビブリア古書堂の事件手帖

        ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~

        鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋 「ビブリア古書堂」。そこの店主は古本屋のイメ...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・本が好きになる本。

        ・謎ときはもちろん、主人公と書店員の恋に、主人公のお母さんの謎など、いろいろ気にになることがあって、面白く読める一冊。

        ・シビアな作品のストーリー(内容)を、ヒロインの栞子さんの性格(語り方など) が中和させて、引き込まれるように読めるところがお気に入りです。

        続きを読む▽
      • 【第49位】 ルーズヴェルト・ゲーム

        ルーズヴェルト・ゲーム

        大手ライバル企業に攻勢をかけられ、業績不振にあえぐ青島製作所。リストラが始まり、歴史あ...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・大逆転を満喫したいなら、この作品。ただ、途中経過では、良いところまで行きながら、向かっても向かっても壁があり、そこを突き進んで行く様が、この物語のキモ。

        続きを読む▽
      • 【第50位】 殺し屋シリーズ

        グラスホッパー

        「復讐を横取りされた。嘘?」元教師の鈴木は、妻を殺した男が車に轢かれる瞬間を目撃する。...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・シリーズすべておもしろい。

        ・ゆったりとしたリズムが良い。

        ・本当にこんな殺し屋が実在したら…と想像しながら読み進めるのが面白く、現代社会の闇も作風に反映されていると感じるから。

        続きを読む▽
      • 【第51位】 ダレン・シャン

        ダレン・シャン1 奇怪なサーカス

        値引き

        『ハリー・ポッター』の作者、J.K.ローリングが激賞!世界中で大ヒットした英国産ダークファ...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・わくわくどきどきが止まらない。恐ろしくて、不気味な話し。でもどこか泣ける。青春時代にハマったシリーズ!

        ・最初に読んだファンタジーでまさにダークファンタジーの王道の作品。

        ・自分が子どもの頃に夢中になって読んだ児童文学で、未来の子どもたちにもダレンのように勇敢な冒険心を忘れずに育って欲しいから。

        ・これは小学生でも読める。児童書でずっと語り継がれてほしい。

        続きを読む▽
      • 【第52位】 館シリーズ

        十角館の殺人〈新装改訂版〉

        十角形の奇妙な館が建つ孤島・角島を大学ミステリ研の7人が訪れた。館を建てた建築家・中村...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・「十角館の殺人」の衝撃は忘れられない…本格推理好きになった作品。

        ・十角館はベストミステリーですね。

        ・館シリーズの迷路館が秀逸。完全にトリックに引っかかった。館シリーズはどれも奇想天外なトリックが含まれているが、すべてがわかった後に読み返してもそのトリックが破綻していないのが素晴らしい。

        続きを読む▽
      • 【第53位】 イニシエーション・ラブ

        イニシエーション・ラブ

        2014年3月3日、日本テレビ『しゃべくり007』で、紹介された作品です。 「必ず二回読みたく...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・どんでん返し系で最初の作品だったので非常に印象に残っている。そういうことかー!と、唸らされた。舞台に馴染みがあったのも大きいかも。よくできていると思う。

        ・最後の2行で話は急変する。この言葉は、作者である乾くるみ先生も言っているのですが、正しくその通りです。この本は大きく2つの物語なのですが、まずは最初から最後まで読んでみてください。そしたら、貴方は必ずもう一度読み返します。そうすると、驚くことに話はまた違って見えてくるはずです。可能ならこの本を読んだほかの人と話すこともオススメです。そうすると、さらにこの本は味がしみ出てきます。みなさんも是非一度読んでみてください。

        続きを読む▽
      • 【第54位】 居酒屋ぼったくり

        居酒屋ぼったくり

        東京下町にひっそりとある、居酒屋「ぼったくり」。名に似合わずお得なその店には、旨い酒と...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・人の暖かさと料理の温かさが伝わってくる作品だから。

        ・姉妹が居酒屋を経営する良い話。

        ・癒されるし、為になる。

      • 【第55位】 鹿の王

        鹿の王 1

        強大な帝国・東乎瑠(ツオル)から故郷を守るため、死兵の役目を引き受けた戦士団“独角(どつか...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・現代を感じさせるテーマを背景にしたスケールの大きな物語。

        ・人間とはと考えさせられます。

        ・一気に読める。

        続きを読む▽
      • 【第56位】 コンビニ人間

        コンビニ人間

        第155回(2016年上半期)芥川賞受賞作 36歳未婚女性、古倉恵子。 大学卒業後も就職せず、コン...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・「現代」をあまりにも、くっきり象徴していると思いました。この本を読み切ったときに背筋が少し寒くなるような、でも仲間を見つけたような不思議な感覚になりました。

        ・ある人物の人生観、生き方を極端に突き詰めた、ある意味人間らしい主人公の生き様が興味深く、また、その人物と対話しているかの様な作品だから。

        続きを読む▽
      • 【第57位】 アナザーフェイス

        アナザーフェイス

        大友鉄は警視庁勤務のシングルファーザー。幼い息子を育てるため、捜査一課から刑事総務課へ...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・官僚機構の中の調査権力への観察眼に優れてる。兎に角、読んでいてワクワクする。

        ・展開力。

      • 【第58位】 吸血鬼ハンター

        吸血鬼ハンター1 吸血鬼ハンター“D”

        辺境の小村ランシルバに通じる街道で“貴族の口づけ”を受けたドリスは、吸血鬼ハンターを探し...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・人と人以外の交わり方を考えさせられる。

        ・中学生ぐらいの愛読書でした。挿絵も独特で好きです。奇想天外な相手の技と、Dが対峙する姿にワクワクします。

        ・雰囲気あるダークファンタジー。主人公がとてもカッコよくて好きです。

        続きを読む▽
      • 【第59位】 妖怪アパートの幽雅な日常

        妖怪アパートの幽雅な日常1

        共同浴場は地下洞窟にこんこんと湧く温泉、とてつもなくうまいご飯を作ってくれる「手首だけ...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・軽く読める作品ながら、毎回胸に刺さる箇所がある。それは読んだ時の自分の環境だったり悩みだったり。誰もが1度はぶつかる悩みや迷いを主人公も体験し、周りの人の支えや自分の努力で乗り越える姿に勇気をもらえる。

        ・ほのぼのストーリーに癒されます。

        ・大家さんとルリルリとお掃除してくれる人(名前を忘れた)が我が家いもいてくれたらいいなっと思う。夢にまで出てきます。

        続きを読む▽
      • 【第60位】 街道をゆく

        街道をゆく 1

        旅はここからはじまった! 湖西のみち、大和・竹内街道、甲州街道、葛城みち、そして長州路……...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・街道の歴史と人々の暮らしぶり。

        ・歴史小説として素晴らしい。

      • 【第61位】 御宿かわせみ

        御宿かわせみ

        江戸情緒をたたえた捕物帳でロングセラーとなった、人気シリーズの新装版の第一作。大川端に...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・長く続く良作だから。

        ・ほのぼのとした味わいある世界が楽しい。

        ・江戸時代の庶民の人情。

        続きを読む▽
      • 【第62位】 花咲舞が黙ってないシリーズ

        新装版 不祥事

        2014年4月スタート日本テレビ系ドラマ「花咲舞が黙ってない」原作本!主演:杏「ベテラン女子行...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・読んでいてスカッとする。

        ・勧善懲悪&サラリー社会&恋愛(??)&おいしいものが出てくる現代の王道だと思います。それだけではないのですが好きです。

        続きを読む▽
      • 【第63位】 かくりよの宿飯

        かくりよの宿飯 あやかしお宿に嫁入りします。

        祖父の借金のかたに、かくりよにある妖怪たちの宿「天神屋」へと連れてこられた女子大生・葵...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・登場人物や物語がとても面白い。

        ・アニメを見て小説も読んでみたいなと思いました。

        ・こんな世界が、あるかも、と思ってしまう。

      • 【第64位】 戯言シリーズ

        クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い

        絶海の孤島に隠れ棲む財閥令嬢が"科学・絵画・料理・占術・工学"、5人の「天才」女性を招待した瞬間...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・人物名が好きです。

        ・推理あり、バトルありの一つのジャンルにおさまらないから。

        ・萌えキャラが犯人、語り部が嘘つきなど当時のお約束をあえて破りにいった作品だから。

      • 【第65位】 グイン・サーガ

        グイン・サーガ1 豹頭の仮面

        中原の由緒正しき王国パロは、新興モンゴールの侵略の前に一夜にして滅び去った。王家の血を...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・一人の作者の書いた世界最長小説ははずせません。

        ・架空世界の中で各国の特色のある文化、民族性、時代の趨勢などが絢爛と描かれ、人々も身分や背負っているものが性格や行動を形作ることに無理がなく、多角的に、またマクロにも、言わば神が世界を眺めるような視点で観ているような気にさせられた作品でした。

      • 【第66位】 村上海賊の娘

        村上海賊の娘(一)

        時は戦国。乱世にその名を轟かせた海賊衆がいた。村上海賊――。瀬戸内海の島々に根を張り、強...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・読むべき。

      • 【第67位】 火花

        火花

        NHKでドラマ放送スタート!(出演・林遣都、波岡一喜、門脇麦) 第一五三回芥川賞を受賞し、...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・はまる!

        ・又吉さんの才能を垣間見ることができ、その後の彼の活躍を見るにつけぜひ読んでみてほしい。

      • 【第68位】 置かれた場所で咲きなさい

        置かれた場所で咲きなさい

        置かれたところこそが、今のあなたの居場所なのです。時間の使い方は、そのままいのちの使い...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・読んでいると、まるで懐かしい恩師と話しているかのような気持ちになってくる。

      • 【第69位】 ST 警視庁科学特捜班シリーズ

        ST 警視庁科学特捜班 エピソード1<新装版>

        能力抜群の5人のスペシャリストの見事な捜査、ここに始まる! ST初登場編新装版。多様化する...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・とにかく面白い。何も考えずにひたすら読める。

      • 【第70位】 異世界でスキルを解体したらチートな嫁が増殖しました

        異世界でスキルを解体したらチートな嫁が増殖しました 概念交差のストラクチャー

        異世界召喚されたナギが手にしたスキルは、奴隷契約した人間のスキルを組み替えて、超・強化...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・嫁カワイイよ嫁。

      • 【第71位】 羊と鋼の森

        羊と鋼の森

        ptバック

        第13回本屋大賞、第4回ブランチブックアワード大賞2015、第13回キノベス!2016 第1位……伝説の...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・こんな美しい小説はなかなかお目にかからないんじゃないかと思った。

        ・調律によってピアノの音色が変化するというのが生き物のようで面白かった。

        ・調律師という、あまりメジャーでない仕事が、何か現実的でなく、自己の頭脳感が広大になれて、嬉しかった。

        続きを読む▽
      • 【第72位】 櫻子さんの足下には死体が埋まっている

        櫻子さんの足下には死体が埋まっている

        平凡な高校生の僕は、お屋敷に住む美人なお嬢様、櫻子さんと知り合いだ。けれど彼女は普通じ...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・ミステリーでは死体が付きものであるが、その死体そのものに興味を示すヒロインと館脇の話は今までのミステリーに無いものであった。

        ・ドラマを観て、面白かったからです。

        ・骨がつながる感じがきもちいい。

        続きを読む▽
      • 【第73位】 S&Mシリーズ

        すべてがFになる THE PERFECT INSIDER

        孤島のハイテク研究所で、少女時代から完全に隔離された生活を送る天才工学博士・真賀田四季...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・ミステリとしてもキャラクター小説としても秀逸で、文体も読みやすい。アニメ化や実写ドラマ化、コミカライズ、ゲーム化もされ、世代を超えて幅広い層に楽しんでもらえそうだから。

        ・パラレルワールド名護屋が舞台なので興味を惹かれます。

        続きを読む▽
      • 【第74位】 新宿鮫シリーズ

        新宿鮫 新宿鮫1~新装版~

        ただ独りで音もなく犯罪者に食らいつく――。「新宿鮫」と怖れられる新宿署刑事・鮫島(さめじま...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・和製ハードボイルドというものに興味がわいた作品。特に2作目の新宿御苑での戦いが凄い。

        ・ハードボイルドの典型のような作品

        ・理屈抜きで読ませるストーリー。しかし、ストーリー作りに新たな種を創出するには困難かろ予測してさるれ故に、新刊への期待を裏切らないでほしい。

        続きを読む▽
      • 【第75位】 公爵令嬢の嗜み

        公爵令嬢の嗜み

        「これって乙女ゲームのエンディングシーン?」前世の記憶が甦ったのは、床に押さえつけられ...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・政治とか国営とか組み込まれててすごい。

        ・他の乙女ゲームざまあ系と一線をかくすから。

        ・日本の制度について軽く学べる要素もあるしヒーローとヒロインが賢くて素敵です。

      • 【第76位】 おかしな転生

        おかしな転生I アップルパイは笑顔と共に

        銀髪の聡明でいたずら好きな少年は「最高のお菓子作り」を夢見て、貧しき領地を変える!王道...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・主人公の常識はずれな行動で、周りの人たちを振り回すところが痛快でおもしろい。

        ・はちゃめちゃではあるが、飽きさせない。

        続きを読む▽
      • 【第77位】 紅霞後宮物語

        紅霞後宮物語

        女性ながら最強の軍人として名を馳せていた小玉。だが、何の因果か、30歳を過ぎても独身だっ...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・よくある後宮小説とはちょっと違う感じが面白い。ヒロインがヒロインっぽくなく、どこまでも泥臭く生々しい感じが好きだったので。

        ・舞台設定がしっかりしてる。

      • 【第78位】 真田太平記

        真田太平記(一)天魔の夏

        天正10年(1582年)3月、織田・徳川連合軍によって戦国随一の精強さを誇った武田軍団が滅ぼさ...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・真田家のたどった道筋をここまで克明に綴った話は後にも先にもない。

        ・哀愁が漂っている。

        ・丹波哲郎の名演でTVドラマ化された名作です。必読!

        ・長野まで行き現地現物を確認してつくりこみがすごい!

      • 【第79位】 ハゲタカシリーズ

        新装版 ハゲタカ(上)

        大人気シリーズ第1作! 不良債権を抱え瀕死状態にある企業の株や債券を買い叩き、手中に収...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・ダークヒーロー鷲津政彦が日本を、世界を股にかける企業小説の名作!鷲津の人間的な魅力に尽きる。ビジネス書としても、生きる指南書としても参考になる。

        ・ドラマのBlu-ray持ってるぐらい好きな作品です。

      • 【第80位】 百舌シリーズ

        百舌の叫ぶ夜(百舌シリーズ)

        能登半島の突端にある孤狼岬で発見された記憶喪失の男は、妹と名乗る女によって兄の新谷和彦...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・とにかくのめり込んで一気に読んでしまった本。

        ・ドラマにハマって読んだが、面白かった!から。

      • 【第81位】 探偵の探偵

        探偵の探偵

        調査会社スマ・リサーチが併設する探偵学校スマPIスクールに、笑わぬ美少女・紗崎玲奈が入校す...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・タイトル通り探偵の探偵の話ですが、ハラハラドキドキするシーンが多くて、夢中になって一気に読めます。

      • 【第82位】 永遠の0 【未配信】

        おすすめの理由ピックアップ
        ・永遠のゼロが戦時の人の考えや感情を伝えてくれる。後世に残したい。

        ・戦争ものはどれも泣けますが、この作品もラストは涙が止まりませんでした。ディテールと構成も素晴らしかったと思います。戦争を学ぶ作品としても良いと思います。

      • 【第83位】 皇国の守護者

        皇国の守護者1 - 反逆の戦場

        氷雪舞う皇国北端の地に、鋼鉄の奔流が押し寄せた。圧倒的軍事力を誇る帝国軍怒濤の進撃に、...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・苦戦しながらも、勝利するおもしろさ。適切な情報分析、合理的判断と決断する勇気が必要なことが痛感できる傑作。第1部完的ではあるが、一応完結とみなせる点もこの作者ならではのポイントである。

        ・大作!

      • 【第84位】 かがみの孤城

        かがみの孤城

        学校での居場所をなくし、閉じこもっていた“こころ”の目の前で、ある日突然部屋の鏡が光り始...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・いつの時代にも全ての世代に読んでほしい作品だから。これで救われる人が出てくるはず。

        ・久しぶりに読んで感動した作品。

        ・読んでいて、設定や時代の高坂源も絶妙。とても好きな作品。

        続きを読む▽
      • 【第85位】 GOSICKシリーズ

        GOSICK ──ゴシック──

        前世紀初頭、ヨーロッパの小国ソヴュール。極東の島国から留学した久城一弥は、聖マルグリッ...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・この作品は、アニメかもしており人気のある作品です。王道な推理小説、されどその裏では様々な思惑が…1つの推理小説から様々な物語が浮き出てくるのがこの作品の魅力です。是非一度読んでみてください。

        ・読んでいて飽きない、この先どうなるのかが楽しみで止まらなくなる作品。

        ・主人公とヒロインの関係が良い。

      • 【第86位】 忘却探偵シリーズ

        掟上今日子の備忘録

        掟上今日子――またの名を、忘却探偵。すべてを一日で忘れてしまう彼女は、事件を(ほぼ)即日解...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・人物の設定、予測と推理不能な場面転換。

        ・推理小説楽しい。

      • 【第87位】 浜村渚の計算ノート

        浜村渚の計算ノート

        「数学の地位向上のため国民全員を人質とする」。天才数学者・高木源一郎が始めたテロ活動。...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・学生時代にこれを読んでから読書好きになったから。数学用語が少し出てくるが、数学苦手何とでも読める。 (お気に入りは クレタ島・嘘つきのラヴィリンス。)

        ・軽い文体で数字がらみの謎を解いていくストーリーにはまってしまいます。

        ・数学テロ。これは面白いですね。

      • 【第88位】 その女アレックス

        その女アレックス

        英国推理作家協会賞を受賞した大逆転サスペンス。貴方の予想はすべて裏切られる! おまえが死...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・勧善懲悪でもバッドエンドでもなく、すべてを超越してやり尽くした主人公に圧倒された。

        ・これぞイヤミス!読み終えたあとしばらく何も手につかないほどの衝撃。映画セブン以来の気持ちになった。読み返すことはないが、心の奥深くに刻まれる名作であることは変わりがない。

        ・映画よりも本で読むべき。

      • 【第89位】 ミレニアムシリーズ

        ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女(上・下合本版)

        月刊誌『ミレニアム』の発行責任者ミカエルは、大物実業家の違法行為を暴く記事を発表した。...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・作者急逝され、もっと続きを読みたかった。

        ・理不尽なこともたくさんある世界のなかで、まっすぐに生き、ぶつかっても、何とか自分で活路を見出そうとする主人公のたくましさと、機転がすごいと思う。特技があるって強味だな、と思える。

        ・結構ヘビーな内容ですが、本当に良く出来ていて、ミステリーとして犯人を探すのと、法廷劇でもあり、サクセスストーリーでもあり、ものすごく読みごたえがあります。

      • 【第90位】 妻は、くノ一

        妻は、くノ一

        平戸藩の御船手方書物天文係の雙星彦馬は、三度の飯より星が好きという藩きっての変わり者。...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・サスペンスが楽しかった。

        ・くノ一の本気の恋…切ないですね。

        ・面白かった。平戸旅行に行きたくなった。

      • 【第91位】 京極堂シリーズ

        姑獲鳥の夏(1)【電子百鬼夜行】

        「二十箇月もの間子供を身籠っていることができると思うかい?」。昭和27年の夏、三文文士...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・見事な作品なので。

        ・初めて読んだ時の衝撃が忘れられず、数年単位で読み返している。何度読んでも新鮮な驚きが得られる。

        ・妖怪や民間伝承が好きなので為になりました。

      • 【第92位】 罪の声

        罪の声

        京都でテーラーを営む曽根俊也は、父の遺品の中からカセットテープと黒革のノートを見つける...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・あの未解決事件は忘れてはいけないと思うから。当時の子どもだった視点で描くのが斬新だった。

      • 【第93位】 容疑者xの献身 【未配信】

        おすすめの理由ピックアップ
        ・結末が斬新だった。

        ・献身の本当の意味がわかります。

      • 【第94位】 東京バンドワゴンシリーズ

        東京バンドワゴン

        東京、下町の古本屋「東京バンドワゴン」。この老舗を営む堀田家は、今は珍しき大家族。60歳...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・登場人物が個性的で面白い。

        ・主人公はもちろんのこと、その周りにいる大勢の家族一人一人の個性が、毎回とても新鮮に丁寧に描かれていると思います。大家族の物語というと、昔よくテレビでも放送されていたドラマを思い出します。最近このような物語やドラマは、あまり見なくなっています。それだけに余計この「東京バンドワゴン」のお話をもっと長く続けて読みたいと思っています。いい作品です。

      • 【第95位】 宇宙軍士官学校シリーズ

        宇宙軍士官学校―前哨―1

        21世紀初頭、地球は異星からの客を迎えた。その来訪を機に、人類は自らがひとつの種であるこ...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・ストーリーを盛り上げる群像劇!

      • 【第96位】 蒼穹の昴シリーズ

        蒼穹の昴(1)

        汝は必ずや、あまねく天下の財宝を手中に収むるであろう――中国清朝末期、貧しき糞拾いの少年...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・泣かせ所をしっかりと掴んだ時代絵巻。

        ・宦官としてのチュンルを通して、その時代を生き抜いた人々に思いを馳せる。

      • 【第97位】 塩の街

        塩の街

        塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。塩は着々と町を飲み込み、社会を崩壊させようとしていた。...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・世界観とその中での人の愛の書き方が素晴らしい。1話目の恋人たちの海でのシーンが忘れられない。

        ・理由を述べようとするととても陳腐になってしまうけれど、何度読み返しても滂沱の涙を流してしまう作品。有川さんは、図書館シリーズも大好きなのだけれど、私にとって一番は今のところ塩の街。

      • 【第98位】 シャーロック・ホームズシリーズ

        緋色の研究

        文学の知識─皆無、哲学の知識─皆無。毒物に通暁し、古今の犯罪を知悉し、ヴァイオリンを巧み...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・とても長編ではあるが一つ一つが個別に完結しており、推理物の中でも1番有名な作品。熱狂的なファンが全世界に居るのもどれだけ愛されている作品かがよくわかる。

        ・言わずと知れた名探偵。彼の後登場する数々の名探偵は、ことごとく、「彼」を意識しています。もし、この小説が無かったとしたら、推理小説と言うカテゴリーか、かなり違ったものになっていたかもしれない。そんな気がする1作品です。

      • 【第99位】 満願

        満願(新潮文庫)

        「もういいんです」人を殺めた女は控訴を取り下げ、静かに刑に服したが……。鮮やかな幕切れに...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・短編小説がいくつかあって楽しめたのと、短さを感じさせない内容ばかりだった。

        ・短編なのに、長編小説を読んだような満足感がある。特に「万灯」は、これだけでもこの本を読む価値があると言えるほどの秀作。

        ・和風ゴシックな短編集。どの話もどんでん返しに驚かされる。

      • 【第100位】 巨人たちの星シリーズ

        星を継ぐもの

        月面調査隊が真紅の宇宙服をまとった死体を発見した。すぐさま地球の研究室で綿密な調査が行...

        おすすめの理由ピックアップ
        ・SFの楽しさを知って欲しいです。

        ・星を継ぐ者。SFミステリーの金字塔だと思う。