吸血鬼ハンター1 吸血鬼ハンター“D”

吸血鬼ハンター1 吸血鬼ハンター“D”

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

辺境の小村ランシルバに通じる街道で“貴族の口づけ”を受けたドリスは、吸血鬼ハンターを探していた。西暦12090年、長らく人類の上に君臨してきた吸血鬼は、種として滅びの時を迎えても、なお人類の畏怖の対象であり、吸血鬼ハンターは最高の技を持つ者に限られていた。そしてドリスが、ついに出会ったハンターの名は“D”、旅人帽を目深に被った美貌の青年だった。

ジャンル
出版社
朝日新聞出版
掲載誌・レーベル
朝日文庫
ページ数
282ページ
電子版発売日
2012年03月23日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
3MB
購入済み

やっぱりいいですねぇ

あおたく 2013年07月11日

久しぶりに読みましたが、やっぱりいいです。とりあえず読みましょう!

このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~48巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 48件
  • 吸血鬼ハンター1 吸血鬼ハンター“D”
    辺境の小村ランシルバに通じる街道で“貴族の口づけ”を受けたドリスは、吸血鬼ハンターを探していた。西暦12090年、長らく人類の上に君臨してきた吸血鬼は、種として滅びの時を迎えても、なお人類の畏怖の対象であり、吸血鬼ハンターは最高の技を持つ者に限られていた。そしてドリスが、ついに出会ったハンターの名は“D”、旅人帽を目深に被った美貌の青年だった。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 吸血鬼ハンター2 風立ちて“D”
    辺境の村ツェペシュの外れには、特殊な防衛機構が働いて村人の立ち入りを拒む奇怪な丘がある。その頂には、かつて“貴族”の居城があり、今もなお、膨大な機械装置群が残されている。だが、そこで貴族が何を実験していたか、十年前に城跡で行方不明になった子供がどういう運命を辿ったか、すべては謎のままだ。そして今、村は陽光の下を徘徊する吸血鬼の出現に怯えていた。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 吸血鬼ハンター3 D―妖殺行
    迫り来る狩人の眼を逃れ、若き貴族と人間の少女は懸命に六頭立ての黒馬車を進めていた。恋に落ちた二人は、かつて栄えた星間航路の宇宙港へ向かい、星々の間に旅立とうとしていたのだ。追うハンターは、年老いた少女の父親の依頼を受けたD。そしてその後を、いかなる手段を用いても狙った獲物を奪い取る兇悪無比のハンター、マーカス兄妹がさらに追っていた。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 吸血鬼ハンター4 D―死街譚
    毎時20キロの巡航速度で辺境の大平原の上空を滑走するその「街」は、外部との接触を一切断った、限りなく平穏な移動街区であった。住民は、辺境の荒野に生きる人々がさらされる大自然の脅威とも、飢えとも、妖魔の跳梁とも無縁の生活を送っていた。だが「街」は今、重大な危機にさらされていた。「街」に吸血鬼が出現したのだ。依頼を受けて、Dは死臭のたちこめる「街」に入った。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 吸血鬼ハンター5 夢なりし“D”
    招かれた辺境の村へ向かう途中、Dは繰り返し一人の少女の夢を見た。夢の中で少女はいつも、古びた館で青い光を浴びて踊っている。少女は、Dが向かう村で貴族の口づけを受けて以来、三十年間眠り続けているシヴィルだった。一方村では、すべての村人がDの夢を見、平穏な生活が崩される予感に身を震わせていた。奇怪な夢の交錯を知らず、Dは刺客が待ち受ける村に入った。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 吸血鬼ハンター6 D―聖魔遍歴
    辺境を内と外に二分する砂漠は、帰らざる砂漠として恐れられている。外辺境の町から、今しもその砂漠へ足を踏み入れようとする奇怪な一団がいた。D、八年前に貴族に誘拐された娘を救出して家族のもとに送り届けようとする“人探し”バイパー婆さん、それにDをつけ狙う外辺境一の戦闘士・ビューロー兄弟。だが一行の誰も、その砂漠が意志を持っていることを、まだ知らなかった。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 吸血鬼ハンター7 D―北海魔行[上]
    海から貴族が上がってきた夜に浜辺で拾った珠を売りに町に出た少女は、顔役ギリガンに珠の由来を問い詰められた挙句、無残に殺されてしまった。死の間際の少女の願いに応えて、Dは珠を持って少女の村フローレンスに向かったが、珠を狙うギリガン配下の戦闘士やDとの勝負に執念を燃やす美貌の剣士等が、その後を追っていた。《吸血鬼ハンター》シリーズ第7弾、全2巻で登場!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 吸血鬼ハンター7 D―北海魔行[下]
    凍てついた海辺の村に、わずか一週間だけの束の間の夏が訪れた。だが、待ちわびた夏は一年に一度、犠牲者を求めて海から貴族が上がってくる季節でもあった。そして、珠を狙う五人の戦闘士や奇怪な老人等とDとの抗争が、今年の夏にさらに凄惨な彩りをそえていた。夏の第一日目、ついに死闘の幕は切って落とされた。壮大なスケールと圧倒的な迫力でおくる<D-北海魔行>完結編!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 吸血鬼ハンター8 D―薔薇姫
    薔薇に埋もれた城館に住む“姫”と呼ばれる貴族と、それに仕える忠節無比の四人の騎士は、妖物や天災から村を守る一方、命に背く村人を容赦なく惨殺して、長い年月、村を支配下に置いてきた。だが、時の流れはこの村にも貴族の支配に疑念を抱く若者を生み、それに対する姫の側の報復も凄惨の度を増した。そして、惨劇のさなか、Dが村に足を踏み入れた。人気シリーズ、待望の最新刊。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 吸血鬼ハンター9 D―蒼白き堕天使1
    旅のあいだは吸血を禁じるとの条件つきで、クラウハウゼンの村へ送ってほしいというバラージュ男爵の護衛依頼を、Dは承諾した。青いマントをまとったその美しい貴族は、西部辺境統制官である父を弑する旅に出るのだ。貴族と貴族を狩るハンター、本来なら到底あり得ぬ奇怪な組み合わせの一行は、間違いなく選りすぐりの刺客たちが待ち受ける危険な街道へと、歩を踏み出した。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「SF・ファンタジー」ランキング