「青柳碧人」おすすめ作品一覧

「青柳碧人」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:青柳碧人(アオヤギアイト)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1980年06月02日
  • 出身地:日本 / 千葉県
  • 職業:作家

早稲田大学教育学部卒。数学ミステリ『浜村渚の計算ノート』で第3回講談社Birth小説部門で受賞しデビュー。『雨乞い部っ!』シリーズ、『ヘンたて』シリーズ、『朧月市役所妖怪課』シリーズなどがある。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/10/14更新

ユーザーレビュー

  • 浜村渚の計算ノート 7さつめ 悪魔とポタージュスープ
    「1+1=2になるのはどうしてなのか」「マイナス×マイナス=プラスになるのはどうしてなのか」といった、誰しもが疑問に思ったことを分かりやすく解説していて、しかもそれをうまいこと話の中に盛り込んでいて、とても楽しく読めました。こんな風に教えてもらえたらもっと数学が楽しくなったのかなあとか思いました。
  • 浜村渚の計算ノート 3さつめ 水色コンパスと恋する幾何学
    昨夜、一人の少女が――

    「はじめまして。千葉市立麻砂第二中学校二年の浜村渚といいます」
    「あれ、キミは……。どうしてこんなところに?」
    「最近あるネットのサイトで、『tenkiya友の会』という数学サークルができたという情報が入りまして、ひょっとしたら数学テロ組織『黒い三角定規』と関連があるのでは...続きを読む
  • 浜村渚の計算ノート 4さつめ 方程式は歌声に乗って
    数学大好きな中学2年生 浜村渚がテロ組織『黒い三角定規』に立ち向かう物語4さつめ(実は5巻目なのだが)です。

    今回も、それぞれの章は常用対数を用いて表され、各章の小節番号は√で表されるという凝った部分は相変らずですが、第log10000章(つまり第4章)『オペラ座の未知数』の小節番号には驚かされま...続きを読む
  • 浜村渚の計算ノート 5さつめ 鳴くよウグイス、平面上
    数学教育の復活を目指すテロ組織「黒い三角定規」と闘う中学2年生浜村渚の活躍を描くシリーズ5さつめ(第6弾)です。

    今回は第log10000章(つまり第5章)で浜村渚が修学旅行で京都に来ました。

    オビに「京都の町は碁盤の目。二次関数の舞台になっちゃうんです♪」とありますので、やや展開が読めてしまう...続きを読む
  • 浜村渚の計算ノート 2さつめ ふしぎの国の期末テスト
    天才数学者・高木源一郎(通称:ドクター・ピタゴラス)率いる数学テロ集団「黒い三角定規」と闘う中学2年生浜村渚&特別対策本部の活躍を描くシリーズ第2弾。今回も各章は常用対数で表されています。
    そのタイトルと数学的内容は
     第log10章「その処刑台、カラフル」……ルービック・キューブの話
     第log1...続きを読む

特集