「青柳碧人」おすすめ作品一覧

「青柳碧人」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:青柳碧人(アオヤギアイト)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1980年06月02日
  • 出身地:日本 / 千葉県
  • 職業:作家

早稲田大学教育学部卒。数学ミステリ『浜村渚の計算ノート』で第3回講談社Birth小説部門で受賞しデビュー。『雨乞い部っ!』シリーズ、『ヘンたて』シリーズ、『朧月市役所妖怪課』シリーズなどがある。

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/09/21更新

ユーザーレビュー

  • 浜村渚の計算ノート
    騙された。表紙の絵から想像するほど低年齢向けではなくて、大人でも十分楽しめる数学の話。0人で分ける例え話がストンと落ちる。0の意味、円の定義、円周率とは何を表すのかなど、基礎的なことながら勉強になる。0で割る件、位の話、切り捨ての話などうまい!と膝を打った。渚と犯人の対峙の場面では、一般人には分から...続きを読む
  • 浜村渚の計算ノート 8さつめ 虚数じかけの夏みかん
     中学生の浜村渚が数学テロリスト集団、黒い三角定規に挑む計算ノートシリーズ9巻目。

     対策室の武藤は渚に、横浜で開催される謎解きイベントへの参加を誘われる。
     ただしそのイベントは、黒い三角定規の前総統ドクターピタゴラスの研究室出身者が主催者だった。
     謎を解いて先へと進んでいった先で見つけたのは...続きを読む
  • 浜村渚の計算ノート 7さつめ 悪魔とポタージュスープ
    「1+1=2になるのはどうしてなのか」「マイナス×マイナス=プラスになるのはどうしてなのか」といった、誰しもが疑問に思ったことを分かりやすく解説していて、しかもそれをうまいこと話の中に盛り込んでいて、とても楽しく読めました。こんな風に教えてもらえたらもっと数学が楽しくなったのかなあとか思いました。
  • 浜村渚の計算ノート 3さつめ 水色コンパスと恋する幾何学
    昨夜、一人の少女が――

    「はじめまして。千葉市立麻砂第二中学校二年の浜村渚といいます」
    「あれ、キミは……。どうしてこんなところに?」
    「最近あるネットのサイトで、『tenkiya友の会』という数学サークルができたという情報が入りまして、ひょっとしたら数学テロ組織『黒い三角定規』と関連があるのでは...続きを読む
  • 浜村渚の計算ノート 4さつめ 方程式は歌声に乗って
    数学大好きな中学2年生 浜村渚がテロ組織『黒い三角定規』に立ち向かう物語4さつめ(実は5巻目なのだが)です。

    今回も、それぞれの章は常用対数を用いて表され、各章の小節番号は√で表されるという凝った部分は相変らずですが、第log10000章(つまり第4章)『オペラ座の未知数』の小節番号には驚かされま...続きを読む

特集