国語、数学、理科、誘拐
  • ptバック

国語、数学、理科、誘拐

作者名 :
通常価格 720円 (税込)
紙の本 [参考] 723円 (税込)
獲得ポイント

219pt

  • 30%ポイントバック

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

作品内容

勉強すると、人に優しくできるんだって――。
『浜村渚の計算ノート』シリーズの著者がおくる、愛と感動の“塾”ミステリー!

舞台は、小中学生を対象にした「JSS進学塾」。ある日、塾の公式アドレスに「おたくの塾生、山下愛子を誘拐した」との脅迫メールが届いた。犯人の要求する身代金額は、なんと五千円。しかもすべて一円玉で用意し、千円ずつにわけて五人の学生講師がファミレスに持参せよ、という驚きの内容だった。ファミレスに集まった五人は、犯人によって一人ずつ順番に呼び出されるのだが、彼らを待っていたのは、それぞれが得意とする科目の難問、奇問。「こんな悪ふざけをするのは、あいつしかいない!」――五人は、塾に恨みをもつ元講師を疑うのだが、誘拐事件は、やがて意外な展開を見せる……。五人の講師たちは、少女を、塾を、救うことができるのか?
いま塾に通っているみんなも、かつて通っていたお父さんお母さんも、一緒になって楽しめて、「読むと、勉強したくなる」(ここ重要!)、世界初の塾ミステリー。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2016年04月08日
紙の本の発売
2016年03月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2016年06月04日

なかなか面白い話でした。いろいろとあったけれど、内部に共犯者がいるという面白い設定で、何度も読みたくなりました。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年03月26日

子ども向けの小説かな、とも思ったんだけれど
以前娘と『浜村渚の計算ノート』を読んでいて、それ以降
結構、青柳さんの小説読んでます。

そして『西川麻子は地理が好き。』の主人公の麻子さんが
出てくるというので読んでみました。

なかなか面白かったです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年08月18日

巻末の謝辞に作者の想いが詰まっていますね。青柳作品の中でも最高傑作と言っていいんじゃないでしょうか。勉強することの意味についてまっすぐに答えてますし、勉強することを楽しいと思わせてくれる物語でした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年09月07日

相変わらずキャラが濃いです。
塾に通ったことはないので分かりませんが、こんな塾だったら楽しく勉強できるんだろうなあ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年03月26日

途中で、協力者がバレバレなのが残念だけどスラスラ読めるほんわか系ミステリ。
本当にこんな塾があったら楽しいだろうなぁ。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play