西川麻子は地理が好き。

西川麻子は地理が好き。

作者名 :
通常価格 641円 (583円+税)
紙の本 [参考] 649円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

老いた富豪が土蔵に閉じ込められて死んでいた。事故と思われたが、なぜか床は一面、真っ赤に塗られていて――。完全犯罪に挑むのは「地理」をこよなく愛する地理ガール探偵、西川麻子。遺言状に隠された地図記号の暗号、アフリカの湖にまつわる意外すぎる犯罪ほか、世界地理のトリビアで6つの謎を解き明かす、新感覚ミステリー!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
301ページ
電子版発売日
2014年12月12日
紙の本の発売
2014年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

西川麻子は地理が好き。 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年06月04日

    地理の知識によって、事件が解決するというなかなか新発想な本だと思いました。例えば、キリバスはハワイより1日早い時間を過ごすているんだーとか思ったり、イギリスに世界一長い駅名があるんだーなどと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月29日

    地理好きの女子出版社員麻子が彼氏の尾谷刑事とともに謎を解く。コテコテな知識がなくても、世界史とともにわかりやすい解説が豊富で読んでいて楽しい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月01日

    完全犯罪に果敢に挑むのは、『地理』をこよなく愛する地理ガール探偵『西川 麻子(にしかわ まこ)』。

    真っ赤に塗られた密室の殺人現場や、遺言状に隠された地図記号の謎、アフリカ タンザニアにある赤い死の湖、などなど。

    短編が6編収められており、それぞれ世界地理の知識無くては、解けない難問揃い。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月13日

    地理や雑学が好きな人の為のミステリー。地理に関わることをこれでもかと入れ込んで、無理やりにでもミステリーに繋げていく。読物としては面白いけれど、地理に興味がない人は面白いのだろうか…。軽い気持ちで読めるけれど、地理の知識は相当コアなものが出ていて、地理好きには良い読物でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月22日

    大ざっぱに言うと、「浜村渚」シリーズの地理版でしょうか。「国語算数理科誘拐」という、学習塾を舞台にした誘拐事件の物語がこれより前に出ているのですが、その作品に登場する西川麻子が探偵となり、世界地理の知識で事件を解決します。でも浜村渚シリーズとは違い、いたって普通の世界の話です。
    「…誘拐」で塾の講師...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月16日

    地理がテーマのミステリー。主人公の講義スタイルがかわいいです。
    社会科の中でもどうにも地味な印象のある地理ですが、本作のように場所を決めていろいろ思考を巡らせれば、歴史、人物、風土などいろいろな方向に広がっていくんですね。こういうのを中学生の頃に読みたかったなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月30日

    地理の教材編集者が持前の地理の知識を駆使して事件を解決する探偵”的”なお話し。地理の知識が刑事事件の解決に寄与するという展開は新しいといえば新しいのですが、残念なのは登場人物それぞれの能力と立ち位置の組み合わせがイマイチな感じがして、どれも中途半端な印象を抱きました。
    ・麻子:
    地理の知識はさすがと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月18日

    浜村渚シリーズ同様、登場人物の気持ちの起伏はわかりづらい
    でも、地理についてよく知っていることからマニアックなことまでが織り交ぜられて出てくるので、「今度は地理の本を読もう!」と読書の意欲を沸き立たせてくれた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月17日

    「国語、数学、理科、誘拐」での麻子は思い出せなかったけれど、さくさく読めた。知識がなくても楽しめた。一話一話の長さも途中で飽きたり集中が削がれたりしない丁度良さだった。食べ物も美味しそう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月02日

    いくら恋人とはいえ、主人公の麻子に捜査状況をベラベラ話してしまう刑事ってどうなんだろと思わなくもないがそこは置いておこう。

    テキスト編集者という聞き慣れない職種の麻子か、得意な地理の知識を使って難事件を解決していく。

    随所に地理の面白いうんちくが披露されているので、そこが面白い。全体の 構成とし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています