彩菊あやかし算法帖

彩菊あやかし算法帖

作者名 :
通常価格 613円 (558円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

算法大好き少女が一癖ある妖怪たちと対決! 常陸国牛敷藩の下級藩士の娘・車井彩菊は算法が大好きで、寺子屋で教えている。藩内のある村では、妖怪「賽目童子」への生贄として若い娘をひとり捧げていた。村人に乞われ、彩菊は妖怪とサイコロ勝負をするが……(第一話)。大人気「浜村渚の計算ノート」シリーズの著者が贈る、数学の知識がなくても夢中になれる新感覚「数学×時代」ミステリー!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
実業之日本社
掲載誌・レーベル
実業之日本社文庫
ページ数
336ページ
電子版発売日
2017年09月22日
サイズ(目安)
6MB

彩菊あやかし算法帖 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年12月25日

    敵役の妖があっさり引き下がり過ぎな気もしますが、ネタとしては面白い。しかし3桁、4桁の計算を漢数字で書かれるとわからないもんだな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月06日

    小説としての驚きや読後感が高いわけでは決してない。けれども、数学の不思議さを存分に楽しめる物語になっていた。何よりも数学やパズルが大好きだった子供の頃に引き戻してくれるようで、何だか嬉しかった。幅広い年代に読んでもらえるんじゃないだろうか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月15日

    数学+妖怪なので、作者の趣味がうまく反映されいい感じ。妖怪のおかげで多少展開が変でも不自然ではないのが良いのだけど、この作者の場合は変さも魅力なので物足りなくもある。
    若い子たちに読んでもらい勉強に興味を持ってもらうにはいい作品。小・中学生の頃に読みたかった一冊。
    とりあえず続刊は読むと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

彩菊あやかし算法帖 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 彩菊あやかし算法帖
    613円(税込)
    算法大好き少女が一癖ある妖怪たちと対決! 常陸国牛敷藩の下級藩士の娘・車井彩菊は算法が大好きで、寺子屋で教えている。藩内のある村では、妖怪「賽目童子」への生贄として若い娘をひとり捧げていた。村人に乞われ、彩菊は妖怪とサイコロ勝負をするが……(第一話)。大人気「浜村渚の計算ノート」シリーズの著者が贈る、数学の知識がなくても夢中になれる新感覚「数学×時代」ミステリー!
  • 彩菊あやかし算法帖 からくり寺の怪
    妖怪が起こす事件を算法で解決する 新感覚 時代×数学ミステリー! 下級武士の娘・車井彩菊は、おしゃれが大好きな十七歳。ひょんな縁で、水戸の高那家の三男・半三郎のもとに嫁ぐことになった。水戸に来て早々、からくりの張り巡らされた寺に潜入してほしいという依頼が――(第四之怪)。ベストセラー『むかしむかしあるところに、死体がありました。』の著者が描く新感覚時代×数学ミステリー! 装画・挿絵...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています