「近衛龍春」おすすめ作品一覧

「近衛龍春」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

NEW
浅井長政とお市の方
NEW
居合 林崎甚助
699円(税込)

作品一覧

2017/09/15更新

ユーザーレビュー

  • 真田信綱 弟・昌幸がもっとも尊敬した真田家随一の剛将
    「目指すは家康の首じゃ。」「狙うは家康の首一つ。」世代を超えた徳川家との因縁を感じる。膨大な資料をもとに書かれていて地図を見ながら読みたくなりました。もし信綱が生きていたら真田家はどう繁栄していたのだろうと思わせる作品でした。
  • 真田信綱 弟・昌幸がもっとも尊敬した真田家随一の剛将
    本屋で「真田信綱」の文字を見かけて直ぐに手にとってパラパラと呼んで購入決定。

    真田氏は幸隆(幸綱)・昌幸・幸村(信繁)が有名だけど、幸隆の嫡男が信綱。長篠合戦で若くして討ち死にしたため他の三人に比べると目立つ事績は無いけど、こういう歴史的にマイナーな人物に焦点を当ててくれるとうれしい。

    西上野や...続きを読む
  • 浅井長政とお市の方
    戦国時代のベストにカップル(私の中で☆)浅井長政様とお市の方様。本書は主に、お市の兄である織田信長と浅井長政の命を懸けた戦が描かれています。
    お市様のように美しくしなやかに、そして強かに生きられたら。さらに長政様が旦那様だなんて羨ましすぎる☆憧れの女性です。
  • 赤備えの鬼武者 井伊直政
    女城主直虎に育てられた闘将 直政。何度も取り潰しの憂き目にあった井伊谷。徳川家康の小姓として仕えることで、名をあげ主君にに認められていく。短期は損気。
  • 長宗我部 最後の戦い(上)
    元親が秀吉に屈した後から、盛親に世代交代して関ヶ原の合戦直前までの話。華々しい合戦の場面としては、小田原征伐と朝鮮出兵くらいだが、あまり盛り上がりもなく、四男である盛親に家督を譲らざるを得なくなった、長宗我部家の苦悩に焦点が当てられている。