「冲方丁」おすすめ作品一覧

最新歴史小説『はなとゆめ』ほか、『天地明察』『光圀伝 電子特別版』など、冲方丁の作品を配信中!

プロフィール

  • 作者名:冲方丁(ウブカタトウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1977年02月14日
  • 出身地:日本 / 岐阜県
  • 職業:作家

早稲田大学第一文学部中退。1996年『黒い季節』でデビュー。『マルドゥック・スクランブル』、『天地明察』、『蒼穹のファフナー』、『光圀伝』など多数の作品を手がける。代表作『マルドゥック・スクランブル』での日本SF大賞受賞をはじめ他の作品でも多くの賞を受賞している。

作品一覧

2017/07/18更新

発売予定作品

ユーザーレビュー

  • 十二人の死にたい子どもたち

    いやー面白かった。堪能しました。シナリオにして舞台演劇として観てみたい作品です。最後のシーンではライトが落ちて静かに幕が下りるところまで想像できました。萩尾望都の『11人いる!』を彷彿とさせました。個性的で様々な事情を持つ子どもたち。そして招かれざる第三者。たった一つの謎のために錯綜する12人の思考...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 小説BLAME! 大地の記憶

    原作コミック1,2巻相当の内容を冲方丁がノベライズしたもの。
    口数が普段ほとんどない主人公の内面がよく描画されておりとてもハードボイルド。
    原作読んでわけわからん、となった人にこの本を勧めるのはアリかもしれない

    Posted by ブクログ

  • 天地明察

    渋川春海の碁、算学、天文に懸ける情熱がとても伝わってきた。生まれつきの天才のようであって、実は、人間臭いところもあって渋川春海を身近に感じることができた。江戸時代は現代と違って資源より人を発掘し、重用することで歴史を紡いできたと言える。渋川春海の一生と共に江戸の息吹を感じることができ、読後はとても爽...続きを読む

    Posted by ブクログ

特集