決戦!大坂城
  • ptバック

決戦!大坂城

作者名 :
通常価格 836円 (760円+税)
獲得ポイント

296pt

  • 35%ポイントバック

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

慶長二十年五月(1615年6月)。豊臣秀吉が築いた天下の名城・大坂城を舞台に、戦国時代最後の大合戦がはじまろうとしていた。乱世に終止符は打たれるのか、敗北は即ち滅亡……。7人の人気作家が、戦国最終決戦「大坂の陣」に参陣。累計16万部突破の大好評「決戦!」シリーズ第2弾!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2018年01月12日
紙の本の発売
2017年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

    Posted by ブクログ 2018年11月15日

    決戦シリーズを初めて読みました。同じ出来事でも、当然ながら作家さんにより解釈が違うので面白いですね。大阪に移住したので読んでみようと手を伸ばしましたが、より大阪を好きになれた気がします。他の決戦シリーズも読んでみたいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月15日

    このシリーズは間違いがないと思う。
    例えばこの「決戦! 大阪城」で言えば、秀頼、淀殿、真田信繁は知っていてもその他については全くと言っていいほど知らなかった。何万人もの人々がこの戦いに絡んでおり、その何万人ものストーリーがあるのだとも思った。
    一般的の史実を分かっているとフィクションの部分も楽しめて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月11日

    寄せ集めてもストーリーにはなりえないのだが、それでも各作家の特徴は良く出ていると思う。
    司馬遼太郎、池波正太郎、松本清張はとても詠みやすいし、安部龍太郎、火坂雅志は短いながらも濃厚。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月20日

    うーん、無知な私には人間関係がわかりにくく難しかった。
    こんなにもいろんな解釈が成り立つのかと驚き。
    けれども、つくづく家康嫌いと思ってしまった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています