「富樫倫太郎」おすすめ作品一覧

「富樫倫太郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:富樫倫太郎(トガシリンタロウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1961年
  • 出身地:日本 / 北海道
  • 職業:作家

北海道大学経済学部卒。1998年『修羅の跫(あしおと)』で第4回歴史群像大賞を受賞してデビュー。『早雲の軍配者』で「時代小説ベストテン2010」で第一位になる。『SRO 警視庁広域捜査専任特別調査室』がTVドラマ化された。その他作品に『陰陽寮』シリーズ、 『鬼が泣く 中山伊織仕置伺帳』、『妖説 源氏物語 』などがある。

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/09/14更新

ユーザーレビュー

  • SRO7 ブラックナイト
    富樫倫太郎『SROVII ブラックナイト』中公文庫 。

    シリーズ第7弾。シリーズ最高傑作と言って良いくらいの奇抜で起伏に富んだストーリーだった。タイトルの『ブラックナイト』は、日本語だと『闇夜』なのだが、本作にはまさにぴったりのタイトルだと思う。ネグレクト、高齢者問題、家庭崩壊、闇金融と現代社会の...続きを読む
  • SRO episode0 房子という女
    文庫本の帯にあった、『邪魔するヤツは、消してきた』の一文は、さすがシリアルキラー・近藤房子だと思う表現。生まれながらにして殺人者と言っていい程、残虐な殺害方法の数々。読む手が止まらなくて、一気読みした。
  • 堂島物語3 立志篇
    天性の才能と努力で米仲買人になり、
    順調に人生を歩いている能登屋吉左衛門
    我が儘な修行元の奥さんや
    若息子は出てくるものの
    誰かを貶めたりいじめたりする話ではないのが
    本当に読んでいて清々しい。
  • 堂島物語2 青雲篇
    第2弾も文句なしのおもしろさ!

    常に謙虚であり、
    その時代の義理人情を大事にしながら
    生き抜いていく青年の成長物語。

    江戸幕府に翻弄されながらも
    庶民が図太く生き抜いている姿や
    恋をしながら子孫を残し
    家族を大事に思う気持ちは
    今の私達と何も変わらない。

    日々成長していく
    能登屋吉左右衛門あっ...続きを読む
  • 信玄の軍配者(上)
    このシリーズは
    読む手が止まらない!

    信玄の軍配者は言わずと知れた山本勘助。
    醜い姿と後ろ盾が無い故
    どの國の大将から相手にされず。
    それでもめげずに戦国の世を渡り歩く。

    武田信玄との出会いの場面では
    信玄の優しい言葉に
    ついつい「勘助良かったね」と
    落涙(T_T)

特集