【感想・ネタバレ】SRO episode0 房子という女のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2017年07月09日

文庫本の帯にあった、『邪魔するヤツは、消してきた』の一文は、さすがシリアルキラー・近藤房子だと思う表現。生まれながらにして殺人者と言っていい程、残虐な殺害方法の数々。読む手が止まらなくて、一気読みした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年03月21日

「房子という女」

SROのエピソード0!

このシリーズの本幹となっているシリアルキラー房子が、どうしてシリアルキラーとなったか。
その生い立ち!

ものすごい人を殺してきてる!

この女が生きてる限りSROは続く!

ほんとに面白い!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年03月02日

人気シリーズのエピソード0。

シリーズ本編は第6作まで出ているが、シリーズ全作に登場する最悪のシリアルキラー、近藤房子の恐るべき血にまみれた半生がインタビュー形式で描かれる。

東京拘置所に拘置され、医療部病院に入院した近藤房子をSROのメンバーがインタビューするという設定で、恐るべき内容が延々と...続きを読む綴られる。さらには近藤房子とともに最凶最悪のコンビを組むことになる近藤一郎の狂気も描かれ、ミステリーというよりもホラーに近い内容になっている。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年08月09日

第一部の房子の過去は意外と普通…いや普通ではないけれど、想像してたよりは衝撃的じゃなかった。
あれを衝撃的じゃないって思う自分がヤバイ。笑
麻痺しちゃってる?!笑

でも第二部の一郎に出会ってから、、読んでて胸糞悪くなって行った。。
房子のきっかけとしては自分の身を守るためだったけど、一郎は好奇心や...続きを読む欲望だから。。
房子も一郎と出会わなければあそこまでパワーアップしなかったかなと。。
房子と一郎が出会ってしまったことが本当に恐ろしい。
SROシリーズを読んできて房子が怖くて怖くて仕方なかったけど、一郎も相当だったんだな。。
一郎が早々にいなくなってくれて良かった。

安岡さんの息子さん、その後どうなったんだろう。
最後まで読んでぐったり。。
読後感も悪い。。
でもやめられない、SROシリーズ!笑

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年07月15日

本編に絡まないエピソードかと思いきや本編の次の展開に繋がっていくのに必要な内容。
最恐のシリアルキラー房子が自ら半生を語る展開。
いとも簡単に殺人を犯し、成り上がっていく房子。特に最後の安岡刑事との対戦は決着方法が楽しみだったが、まさかの警察官による射殺、ちょっと強引な感じは否めないが、全体的に...続きを読むは中々面白い内容であった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年06月26日

基本的にシリーズを読んでいないと内容はわからないと思いますが、読んでる人は楽しめます。
楽しめるというか房子の怖さを再確認するというか。

とにかく実際にこういう人っているんだろうなぁと思うととても怖いです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月27日

幼い頃から、誰よりも非情なことを平然とやってしまう近藤房子。小学校六年の時、唯一の理解者であった最愛の姉が自ら命を絶ってしまう。その理由を知った房子は、実の父に殺意の目を向けるのだったー。SROを翻弄し続けるあの最凶の殺人鬼が、驚愕の半生を語る。その過去はあまりにも衝撃的!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月25日

前回。逮捕されて、
収容されている。
シリアルキラーの
近藤房子の過去半生。
すごい人だった!
自分を守る為に、殺る。
怖い怖い。
ドロドロ気持ち悪い表現がないので、
サラッと読めました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月14日

収監された最悪のシリアルキラー房子をSRO室長新九郎と副室長麗子が訪問、そこで明かされたのは衝撃的な房子の半生だった…。自分の都合と楽しみのために平然と殺人を犯し人間を切り刻む房子に、身近にいるかもしれないサイコパスに恐怖を感じる。(パートナーの一郎のほうが気持ち悪いけど)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年09月20日

本編を読んでいないけれど、こちらを読んでしまった。深い読みはできなくても、さささっと読めました。シリアルキラーの独白。
最後の方で、同じようなタイプである近藤と出会ったところや、刑事を殺すシナリオ、うまいように流れすぎかなと。これも房子の運の強さを物語るものと言ってもいいけれど。本編は読むかなあ、気...続きを読むにはなるけれど。臆病な私としては、日本に犯罪どっぷりのサイコパスがどれほど隠れているのかなあと、怖い怖い。本書にもあった通り、捕まってない人々ね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年10月07日

房子さん、、昔から悪だったのね。
というか、悪いことをしているって本当に意識がなくやっていて、自分にのって、嫌なものを消すにはどうしたらいいのかってことが中心のような気がした。
ここまで徹底して自分主義でいるってすごいかもしれない。
まだ、続きが出そうな予感。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月14日

面白くて一気に読んだ。やっぱり近藤房子は桁ハズレと言うか別格だわー。本編ではダンナは房子に引きずられて みたいなイメージだったけど これを読むとイメージ変わる。この妻にして このダンナありって感じ。似合いの夫婦。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年03月09日

うーん、どうだろうなあ、潜在的なシリアルキラーが触発されて覚醒しなければ良いのだが・・・と、心配になってしまうよ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年03月06日

201602/とても引き込まれる語り口で、電車乗り過ごす始末だった笑。完全に悪だってわかってても、房子の過去の犯罪がうまくいくと見事と思ったり、ある意味まともな反応側の敏美ちゃん達のほうにイラっと思えたり、恐ろしい…。そして何より一郎のモンスターぶりが怖い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年02月27日

SROのスピンオフ。

近藤房子というシリアルキラーの誕生秘話。

秘話というほど立派なものではなく、中学生の時に実父を殺してからの経歴がすごすぎる。

殺害しまくりで、しかも残忍な手口も描かれているので気持ち悪い。

続きが気になりすぎて、一気によんでしまった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年09月17日

シリーズを読んでいないとわかりにくいかもです。房子さんの生い立ちが怖すぎる。
一郎さんと出逢ってなかったらどうなっていたのか‥今日は歩きながらずっと考えていた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年03月07日

過去の作品を読んでいれば感情移入できるし、シリアルキラーができあがっていく過程を楽しめる。ストーリー自体はあまり抑揚のない独白形式なのでスピンオフ作品として割り切って読むのが良い

このレビューは参考になりましたか?