伊東潤の一覧

「伊東潤」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:伊東潤(イトウジュン)
  • 出身地:日本 / 神奈川県
  • 職業:小説家

早稲田大学卒。2003年『戦国関東血風録』でデビュー。2011年 『黒南風の海』で「本屋が選ぶ時代小説大賞2011」受賞。2013年『巨鯨の海』で第4回山田風太郎賞受賞。 他に『義烈千秋 天狗党西へ』、『王になろうとした男』など多数の作品を手がける。

値引き作品コーナー

西郷の首
値引き
693円(税込)
天地雷動
値引き
616円(税込)
峠越え
値引き
539円(税込)
武田家滅亡
値引き
677円(税込)

配信予定・最新刊

作品一覧

2022/01/17更新

ユーザーレビュー

  • 琉球警察【電子特典付】
    戦後間もない、米軍による占領下の沖縄。米軍から差別される日本人、沖縄人から差別される奄美人と、当時の混沌とした沖縄の背景が色濃く盛り込まれた警察小説。徳之島出身の警察官・東貞吉は能力を買われ公安となるが、沖縄人民党に傾倒する青年との出会いで大きく運命を変えていく。人民党代表の瀬長の思想と警察官の立場...続きを読む
  • 夜叉の都
     夫・頼朝と作り上げた武士の府「鎌倉」を守った北条政子の話。それを守るために、朝廷からの圧力だけでなく、有力な御家人、身近な子や親、兄弟すらも排除していく。
     結局、彼女が守りたかったものとは、何だったのか。「夫と共に作り上げたもの」という感傷的なものなのか。私には、貴族から虐げられてきた「武士」た...続きを読む
  • 夜叉の都
    ◎面白い。前作と同様はまりました。大河の勉強と思い読みました。決して北条一族が楽して執権になれなかったのを理解しました。
  • 北条五代 下
    面白かった。本当の義を貫いた北条。今までのイメージと違った。どれがホントかわからないけど。
    火坂さんの後を引き継いだ伊東さんも凄いと思う。
  • ライトマイファイア<文庫版>
    伊東潤『ライトマイファイア』幻冬舎文庫。

    2021年10月新刊の幻冬舎文庫ミステリフェアの1冊。600ページ近い長編公安ミステリー。

    タイトルは、やはりドアーズの名曲『ハートに火をつけて』に由来するものだった。ジム・モリソンの何かに怒りをぶつけるようなシャウトが本作のストーリーにマッチする。

    ...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!