「伊東潤」おすすめ作品一覧

  • 作者名:伊東潤(イトウジュン)
  • 出身地:日本 / 神奈川県
  • 職業:小説家

早稲田大学卒。2003年『戦国関東血風録』でデビュー。2011年 『黒南風の海』で「本屋が選ぶ時代小説大賞2011」受賞。2013年『巨鯨の海』で第4回山田風太郎賞受賞。 他に『義烈千秋 天狗党西へ』、『王になろうとした男』など多数の作品を手がける。

作品一覧

2017/03/15更新

ユーザーレビュー

  • 決戦!関ヶ原

    関ヶ原の戦いに参加した7人の武将たちを主人公にして、7人の作家が競作した短編小説集。どの作品も歴史上の人物、事件の裏側を作家の想像力が補い、その意外性を楽しめる。ただ、どの作品にも共通しているのは戦いの勝敗を決めたのが小早川秀秋の裏切りということ。それは、この短編集のお約束なのだろう。

    主人公に選...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 江戸を造った男

    以下、本文より引用。
    「わいなんか、取るに足らない男です。」
    「人なんてものは皆、取るに足らないもんさ。
    だがな、取るに足らない男ほど何事にも真摯に取り組む。
    そして成果を出す。その見本があんたさ」
    七兵衛と宗甫が声を上げて笑った。
    「いかにも、わいの人生はその繰り返しでした。
    人よりも劣るから人よ...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 天地雷動

    『天地雷動』は、よく知られている戦国時代の合戦と言い得る「長篠の戦」の裏表が多面的に描かれ、一軍の将から、兵站担当者、前線の兵というような多層的なドラマが展開する作品である。なかなかに面白い!!

    Posted by ブクログ

特集