西郷の首

西郷の首

作者名 :
通常価格 990円 (900円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

西郷の首を発見した軍人と、大久保利通暗殺の実行犯は、かつての親友同士だった。激動の時代を生き抜いたふたりの武士の友情、そして別離。「明治維新」に隠されたドラマを描く、美しくも切ない歴史長編。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2020年11月21日
紙の本の発売
2020年11月
サイズ(目安)
2MB

西郷の首 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年06月13日

    幕末期から明治期を舞台とする時代モノだ。「意外に知られていない?」と見受けられる事柄が扱われている。そして「時代の奔流」という中で生きた“竹馬の友”という2人が主要な登場人物ということになる。
    冒頭の「プロローグ」で、80歳代に差し掛かった男が高台に上って故郷の街を望むというような場面が在る。題名の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月10日

    熱くなって本が持てなくなるくらいの臨場感のある物語でした。いろんな方々の思いがあって今があるのを実感しました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月19日

     本作品の著者は、以前から注目していたものの、直近では、やや作品の仕上がりが低迷していた印象があったが、久々に完成度の高い作品であったと思う。個人的に歴史小説としては、史実に基づいた作品が好きであるが、一方では、小説化し易い史実は、既に多くの作品が存在し、新鮮魅に欠けるところがあるが、本作品はその両...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月03日

    本作の主人公の一人は西南戦争で西郷隆盛の首を発見した軍人・千田文次郎。もう一人の主人公は大久保利通暗殺事件の実行犯・島田一郎。この二人がかつて親友同士だったというのはなかなか面白いですね。主人公たちの関係が西郷・大久保の関係と重ね合わせて物語が進むあたりは、確かに目の付け所がいいなと思いました。個人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月08日

    明治維新は、華やかな一面もあるが、この大きな歴史のうねりに飲み込まれ大変な苦労をした人々がいたという事も忘れてはいけないと思った。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年12月02日

    面白くて一気読みしてしまった。
    残りのページ数がもうこれしかないって思ったのは久しぶり。
    幕末、維新の対照的な生き方をした男二人の話。
    ドストエフスキーの駅員を書いた短編にちょっとテーマが似ている気がした。
    体制の変革を願いながらも、どこかで旧体制である「武士」しがみつかなければいけなかった男が悲し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年03月17日

    西郷の首を発見
    大久保卿を暗殺

    この二人は無二の親友であり、幕末に右往左往
    している間に没落していった加賀藩の物語
    島田一男の名は途中で思い出したが安重根に比
    べてマイナーかもしれない
    本書は明治御一新に乗り遅れた状況が悲しいぐ
    らい克明に描かれている

    「西郷ノ首ナキヲ以テ、登文ニ探索ヲ命ゼラル...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

角川文庫 の最新刊

無料で読める 歴史・時代

歴史・時代 ランキング