十二人の死にたい子どもたち

十二人の死にたい子どもたち

作者名 :
通常価格 815円 (741円+税)
紙の本 [参考] 858円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

2019年1月に衝撃の映画化!

廃病院に集まった十二人の少年少女。彼らの目的は「集団安楽死」をすること。
決を取り、全員一致でそれは実行されるはずだった。だが、病院のベッドには“十三人目”の少年の死体が。彼は何者で、なぜここにいるのか? 「実行」を阻む問題に、十二人は議論を重ねていく。互いの思いの交錯する中で出された結論とは……?

解説・吉田伸子

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
496ページ
電子版発売日
2018年10月06日
紙の本の発売
2018年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB
  • 映画化

    「十二人の死にたい子どもたち」

    2019年1月15日公開
    出演:杉咲花、新田真剣佑、北村匠海

十二人の死にたい子どもたち のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年04月26日

    今の世の中、圧倒的に足りないものは、人と話しをすることだと思う。

    的外れな感想かもしれないけれど、読み終えたとき、一番最初に浮かんだ気持ちがこれだった。

    12人の死にたい子供たちが集団自殺を決行しようとした場に現れた13人目の少年。すでに死んでいるように思われる13人目は誰なのか。何故ここにいる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月24日

    映画を先に観てから小説を読みました。
    内容に大きな違いはなく、映像を思い出しながら読む事ができました。
    どちらも面白かったです。
    それぞれが悩みを持ち、覚悟して集団自殺をする為に集う。
    若く、産まれてから十数年程しか経っていない子供たちに死という決断をさせる程の世の中にどんな意味があるのか。
    解決さ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月13日

    死にたいと思った時に、誰か一緒に居る人がいるというのは、救いなのだと思った。
    もし彼らが独りのままだったら、死んでも死ななくても、救われなかったのではないか。
    タイトルからの印象とはかけ離れた読後の爽やかさが心地よい。サトシ、ファインプレーだな!
    12人の優しい日本人がまた見たくなったよ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月06日

    安楽死を望み、サイトで出会った十二人の少年少女たち。
    廃病院の地下室に集まると、そこには少年の死体が。
    十三人目の少年は何者なのか。
    彼とともに安楽死を決行すべきなのか。
    死を前にした最期の議論を始める。

    子どもだからではなく、悩みに支配されている人は視野がとても狭くなっていて。
    人から見れば些細...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月04日

     自殺をするために、廃病院に集まった12人。
     そこには、予定外の一人の遺体があった。

     12人の~ といえば、映画「12人の怒れる男」なんだろうなと思うし、それに対するリスペクトみたいなのも色々感じた。と、同時に、映画を見終わった時に、なんともいやな感じを思い出した。なんか、偏見で判決を下そうと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月23日

    自殺をするために廃病院に集まった12人の少年少女たち。人数分並べられたベッドには、いるはずのない13人目の少年「ゼロ番」がすでに横たわっていた。
    それぞれの想いを胸に集まった少年少女たちは、話し合いのもと「ゼロ番」の正体を明かしてしていこうとするのだが、その過程でそれぞれの過去や想いも徐々に明らかに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月16日

    映画化になる理由が分かった。最後まで読んで良い本だと思う。推理もあれば、スリリングさもあり、死に対しての考え方もあったり、沢山の感情になった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月09日

    会議室でひたすら話し合うだけの展開だけど、ずっと読んでしまっていた。死にたい理由が妙にリアルなのと、話し合いだけでこんなにも惹き込まれるのはすごいと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月06日

    ほとんどがこの12人の話し合いですが、それぞれが悩みを抱え、苦しみ、考え続けていることに感心しました。 何か苦しみがあっても、話し合い、支えられる人が近くにいるのは素晴らしいことなのだなと再認識しました。  あらためて、自分の周囲の方への感謝をしていきたいと私は思いました。  今度は映画も観てみたい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月03日

    とても面白かった。
    最後まで飽きることなく、読み終えることができました。最後も満足のいく読後感で。
    よかったです。
    映画向きかもしれませんね。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています