決定しました!第166回「芥川賞&直木賞」

このエントリーをはてなブックマークに追加
決定しました!第166回「芥川賞&直木賞」
第166回(2021年下半期)芥川賞・直木賞の受賞作が決定しました!

【芥川賞受賞作】
砂川文次『ブラックボックス』
【直木賞受賞作】
今村翔吾『塞王の楯』
米澤穂信『黒牢城』


今回のノミネート作や過去の受賞作をともにご紹介します。

※セーフサーチを中またはOFFにすると、すべての作品が表示されます。

第166回(2021年下半期)芥川賞・直木賞

      • ブラックボックス

        ブラックボックス

        【芥川賞受賞作】 第166回芥川賞受賞作! ずっと遠くに行きたかった。 今も行きたいと思っている。 自分の中の怒りの暴発を、なぜ止められないのだろう。 自衛隊を辞め、いまは自転車便メッセンジャーの仕事に就いているサクマは、都内を今日もひた走る。 昼間走る街並みやそこかしこにあるであろう倉庫やオフ...

      • 塞王の楯

        塞王の楯

        【直木賞受賞作】 越前・一乗谷城は織田信長に落とされた。幼き匡介(きょうすけ)はその際に父母と妹を喪い、逃げる途中に石垣職人の源斎(げんさい)に助けられる。匡介は源斎を頭目とする穴太衆(あのうしゅう)(=石垣作りの職人集団)の飛田屋で育てられ、やがて後継者と目されるようになる。匡介は絶対に破られない「...

      • 黒牢城

        黒牢城

        完結

        【直木賞受賞作】 本能寺の変より四年前、天正六年の冬。織田信長に叛旗を翻して有岡城に立て籠った荒木村重は、城内で起きる難事件に翻弄される。動揺する人心を落ち着かせるため、村重は、土牢の囚人にして織田方の軍師・黒田官兵衛に謎を解くよう求めた。事件の裏には何が潜むのか。戦と推理の果てに村重は、官兵衛は何を...

候補作はこちら

第165回(2021年上半期)芥川賞・直木賞

      • 貝に続く場所にて

        貝に続く場所にて

        【芥川賞受賞作】 デビュー作にして、第165回芥川賞受賞作! コロナ禍が影を落とす異国の街に、9年前の光景が重なり合う。静謐な祈りをこめて描く鎮魂の物語。  ドイツの学術都市に暮らす私の元に、震災で行方不明になったはずの友人が現れる。人を隔てる距離と時間を言葉で埋めてゆく、現実と記憶の肖像画。第64...

      • 彼岸花が咲く島

        彼岸花が咲く島

        【芥川賞受賞作】 その島では〈ニホン語〉と〈女語〉が話されていた 記憶を失くした少女が流れ着いたのは、ノロが統治し、男女が違う言葉を学ぶ島だった――。不思議な世界、読む愉楽に満ちた中編小説。

      • テスカトリポカ

        テスカトリポカ

        完結

        【直木賞受賞作】 メキシコのカルテルに君臨した麻薬密売人のバルミロ・カサソラは、対立組織との抗争の果てにメキシコから逃走し、潜伏先のジャカルタで日本人の臓器ブローカーと出会った。二人は新たな臓器ビジネスを実現させるため日本へと向かう。川崎に生まれ育った天涯孤独の少年・土方コシモはバルミロと出会い、その...

      • 星落ちて、なお

        星落ちて、なお

        【直木賞受賞作】 鬼才・河鍋暁斎を父に持った娘・暁翠の数奇な人生とは――。 父の影に翻弄され、激動の時代を生き抜いた女絵師の一代記。 不世出の絵師、河鍋暁斎が死んだ。残された娘のとよ(暁翠)に対し、腹違いの兄・周三郎は事あるごとに難癖をつけてくる。早くから養子に出されたことを逆恨みしているのかもしれ...

候補作はこちら

第164回(2020年下半期)芥川賞・直木賞

      • 推し、燃ゆ

        推し、燃ゆ

        【芥川賞受賞作】 【第164回芥川賞受賞作】 逃避でも依存でもない、推しは私の背骨だ。アイドル上野真幸を“解釈”することに心血を注ぐあかり。ある日突然、推しが炎上し――。デビュー作『かか』が第33回三島賞受賞。21歳、圧巻の第二作。

      • 心淋し川

        心淋し川

        【直木賞受賞作】 【第164回 直木賞受賞作】「誰の心にも淀みはある。でも、それが人ってもんでね」江戸、千駄木町の一角は心町(うらまち)と呼ばれ、そこには「心淋し川(うらさびしがわ)」と呼ばれる小さく淀んだ川が流れていた。川のどん詰まりには古びた長屋が建ち並び、そこに暮らす人々もまた、人生という川の流...

候補作はこちら

第163回(2020年上半期)芥川賞・直木賞

      • 破局

        破局

        【芥川賞受賞作】 私を阻むものは、私自身にほかならない――ラグビー、筋トレ、恋とセックス。ふたりの女を行き来する、いびつなキャンパスライフ。28歳の鬼才が放つ、新時代の虚無。 【第163回芥川賞受賞作】 2019年文藝賞でデビューした新鋭による第2作。

      • 少年と犬

        少年と犬

        【直木賞受賞作】 傷つき、悩み、惑う人びとに寄り添っていたのは、一匹の犬だった――。 犬を愛するすべての人に捧げる感涙作! 2011年秋、仙台。震災で職を失った和正は、認知症の母とその母を介護する姉の生活を支えようと、犯罪まがいの仕事をしていた。 ある日和正は、コンビニで、ガリガリに痩せた野良犬を拾...

候補作はこちら

第162回(2019年下半期)芥川賞・直木賞

      • 背高泡立草

        背高泡立草

        【芥川賞受賞作】 【第162回芥川賞受賞作】草は刈らねばならない。そこに埋もれているのは、納屋だけではないから。大村奈美は、母の実家・吉川家の納屋の草刈りをするために、母、伯母、従姉妹とともに福岡から長崎の島に向かう。吉川家には<古か家>と<新しい方の家>があるが、祖母が亡くなり、いずれも空き家になっ...

      • 熱源

        熱源

        【直木賞受賞作】 降りかかる理不尽は「文明」を名乗っていた。 樺太アイヌの闘いと冒険を描く前代未聞の傑作! 樺太(サハリン)で生まれたアイヌ、ヤヨマネクフ。 開拓使たちに故郷を奪われ、集団移住を強いられたのち、天然痘やコレラの流行で妻や多くの友人たちを亡くした彼は、やがて山辺安之助と名前を変え、ふた...

候補作はこちら

第161回(2019年上半期)芥川賞・直木賞

      • むらさきのスカートの女

        むらさきのスカートの女

        【芥川賞受賞作】 近所に住む「むらさきのスカートの女」と呼ばれる女性が気になって仕方のない〈わたし〉は、彼女と「ともだち」になるために、自分と同じ職場で彼女が働きだすよう誘導する。『あひる』『星の子』が芥川賞候補となった話題の著者による待望の最新作。

候補作はこちら