一穂ミチの一覧

「一穂ミチ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:一穂ミチ(イチホミチ)
  • 職業:作家

2008年『雪よ、林檎の香のごとく』でデビュー。『雪よ林檎の香のごとく』などを手がける。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2023/06/10更新

ユーザーレビュー

  • 光のとこにいてね
    もう本屋大賞は決まってしまったけれど、毎年ノミネート作全部読むチャレンジをしていて、この本が8冊目。ここ最近こんな雰囲気の本がノミネートされる率が高いと感じる。多くの人が読む事で生きづらさを抱えている人がもっと楽に生きられる世界になればいいと思う。とはいえいざ自分の周りに置き換えた時にどう振る舞えば...続きを読む
  • 光のとこにいてね
    結珠(ゆず)と果遠(かのん)の関係を理解するのは難しい。知り合い? 友人? 恋人?ーーどれもあてはまらない。依存関係に近い信頼関係があるが、いつも一緒にいるわけではない。むしろ、離れている時間の方が圧倒的に長い。刃物の上をバランスよく歩きながらもフラフラとしているような結珠と果遠とその家族たちの間に...続きを読む
  • スモールワールズ
     6つのお話がほんの少しずつ繋がっている連作集。『ネオンテトラ』『魔王の帰還』『ピクニック』『花うた』『愛を適量』『式日』。どの話も印象的で、1話読んでは反芻して、暫く浸ってたい感じ。どのお話も私ならどうするかな?余計な事を言ってしまうんだろうな?とか思いながら読みました。『ピクニック』が怖かった。...続きを読む
  • 光のとこにいてね
    いっきに読み終わりました。
    ここまで大切だと思える人に出逢えたこと、この二人の関係を羨ましく思いました。
  • 光のとこにいてね
    2人の少女の運命の物語。
    描写が美しくてとても良かった。
    私も母との関係に問題があったので
    登場人物にすごく感情移入してしまった。

    〝わたしのお母さんは、私を嫌ってはいなかった。ただ、優先順位のいちばんは常に自分自身で、私がその上にくることはなかった。
    お母さんの世界の中心にはお母さんしかいない。...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!