はな咲く家路

はな咲く家路

作者名 :
通常価格 616円 (560円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

高校生のかずさは、生まれた時からずっと母・弓子と二人で生きてきた。ある日、弓子から「結婚したい人がいる」と告げられ、木工作家の慎一と自分と同い年だという息子・葵と顔合わせをすることに。初めて会う葵は、真面目で臆病なかずさと違い、まっすぐで自由で――夜空を取り込んだような黒い目で、健やかに笑った。そして、弓子と慎一は結婚し、二人は兄弟になるが……。心を溶かす、初雪色の恋物語。

ジャンル
出版社
新書館
掲載誌・レーベル
ディアプラス文庫
電子版発売日
2017年08月17日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
10MB

はな咲く家路 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年12月08日

    失明しかけるシーンと、その原因になるシーン、ハナさんの木彫りのシーン(高校時代のも、大学のも)がいい。
    過去と現在が入り乱れてるから、読みながらたまに頭がこんがらがるけどいい話。職人気質な格好よさが好きならオススメ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年11月29日

    BL小説。
    ほのぼの。切ない系。

    再婚で一緒に住むことになった義兄弟の恋。
    いい話なんだけど、時間軸が「高校生(過去)」と「大学生(現在)」を行ったり来たりするとき、どちらも「学生」なので一瞬どっちの話かわからないときがあった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月29日

    一穂さんの書く青春ものが好きすぎます。適切に言い表す言葉が見つからないんですが。嘘っぽくないんだけどなんとなく透明というか……。あと家族の書き方もうまいですよね。エロを期待する人向けではないですがBL大丈夫なら是非おすすめしたいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月03日

    親同士の再婚によって義兄弟になった二人のお話。
    一穂さんの書く思春期の男の子たちの焦燥や不安と真っ直ぐでやわらかい感性のまぶしさ、情景描写の美しさがとても魅力的でどんどん引き込まれる。
    葵とかずさの生きてきた道筋の違いがふたりが自然と惹かれ合っていった理由なのかな…と思いながらもなんでこのふたりがお...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月28日

    義兄弟もの。真面目で不器用な主人公と、奔放で自由な義弟。
    攻が自分勝手に見えてとても周りを見てて好感持てました。視点が過去と現在を行き来するので、若干読み辛い部分有りました。
    全体のまとまりと、描写の感性や表現は流石です。個人的に初めて致す処が見たかったです。(笑)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月02日

    親の再婚で義理の兄弟になったふたりの話。

    ものすごく心を揺さぶられるようなこととか、
    何も起こらないのだけど、

    じっくりしんみり染み込んでくる、いい話だ、

    と、いつも思います。

    自分のすきなひとが、自分をすきでいてくれるっていう、

    ありふれているけどしあわせな巡り合わせを、

    丁寧に描いて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年01月14日

    まず個人的にうれしかったのが「広島弁」
    広島弁を使うキャラが出てくるBL小説って初めてでしたけど、「おおお!」と一種の感激を覚えてしまった。そんな私は広島県出身者です。
    大体方言はあっていますし、違和感ないですが怒っていないのに怒り口調が基本なので他県の方が読むと葵が怒っているように感じてしまうとこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月05日

    過去と今を交互に物語が進みます。大きな起承転結はないけど、心の機微の表現が繊細でゆっくり味わって読めました。挿絵が物語の雰囲気と合わなくて、見ないように読むのが苦労します…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月20日

    高校生のかずさは、生まれたときからずっと母・弓子と二人で生きてきた。ある日、弓子から「結婚したい人がいる」と告げられ、木工作家の慎一と自分と同い年だという息子・葵と顔合わせすることに。初めて会う葵は、真面目で臆病なかずさと違い、まっすぐで自由で――夜空を取り込んだような黒い目で、健やかに笑った。そし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月09日

    お互いの父・母の再婚によって兄弟になった同級生の二人の話。
    結構過去と現在の話が混在しているので、「あれ?どっちの話?」ってなったけど、まぁ面白かったです。
    恋をして家族ということに悩み、遠距離に悩み、進路に悩み・・・って感じで。
    正直挿絵が勘弁してよ。ってくらい好みじゃなかったんだけど~。
    あとは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています