「柚月裕子」おすすめ作品一覧

「柚月裕子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/10/09更新

ユーザーレビュー

  • 盤上の向日葵
    将棋の駒で有名な年の瀬の天童市で、六冠を保持する天才棋士と、特異な経歴を持つエリート棋士の初タイトルをかけた、棋界最高峰『竜昇戦』第七局が行われていた。その会場で、モニターを見つめる二人の刑事。
    その夏、大宮の山中で刺し傷のある男の死体が掘り起こされた。およそ三年を経過したと思われる白骨と共に埋まっ...続きを読む
  • あしたの君へ
    評価は5。

    内容(BOOKデーターベース)
    家庭裁判所調査官の仕事は、少年事件や離婚問題の背景を調査し、解決に導くこと。見習いの家裁調査官補は、先輩から、親しみを込めて「カンポちゃん」と呼ばれる。「カンポちゃん」の望月大地は、少年少女との面接、事件の調査、離婚調停の立ち会いと、実際に案件を担当する...続きを読む
  • 孤狼の血
    新聞の書評で狙っておりました。
    でも私は生粋のひねくれ者です。映画化しとるとか聞いて
    おらんぞ!と読み始めて中座して数ヶ月が経過しました。
    年末に至りました。主演やキャストのイメージを
    忘れようと時間がかかりました。
  • 孤狼の血
    大上巡査部長に引き込まれた。魅力たっぷり!
    警察と暴力団の関係を物語の骨として書かれた小説。
    とにかく筋通す人間臭さがたまらない。

    最後の結末には鳥肌が立った。また、エピローグを読み終えたときの感情は、書き表せないものがあった。
    柚木裕子さん、さすが!
  • 孤狼の血
    “正統派ハードボイルド”という触れ込みだけど、非常に読みやすくて、冒頭から引き込まれる癖のある方弁と、次第に加速する組合同士の争いに、続きが気になって一気読み。

    最初の方はどうしても、見た目や言動がとにかく怖くて悪そうで近寄り難い雰囲気の大上さんに、一生懸命付いて歩く新人の日岡の2人組は正直読んで...続きを読む

特集