柚月裕子の一覧

「柚月裕子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

週刊文春 2022年1月27日号

作品一覧

2022/01/24更新

ユーザーレビュー

  • ミカエルの鼓動
    すごくドキドキした。
    読んでいて、怖いくらいでした。
    西條先生と真木先生 全く違う考えがもっとぶつかるのかと思ったけど
     そこは、お医者さん!
    人の命を助けるってとこは同じ意味なんですね。
    なんか 生きるとか考えちゃいました。
  • 検事の死命
    検事・佐方貞人シリーズ。前作の「検事の本懐」に続き、佐方検事が本当に魅力的。

    第二話では、前作で知った、佐方の父親にまつわる悲しい過去に展開が!今回は胸がすく思いだった。業を下ろす、と言うタイトルは読み終わると、改めて胸に迫る。

    痴漢犯罪がテーマの、第三話・四話では、たまたま本書を読んでいる時に...続きを読む
  • 検事の信義
    大好きな佐方もの。今回は佐方の上司の筒井の存在が光っていて、こんな上司の下で働きたいと思いました。第3話『正義を正す』では、この作者の別シリーズのあの日岡巡査も登場。なんか嬉しくなりました。そして最終話『信義を守る』は、このシリーズらしい作品。現代社会の大きな課題である認知症の親の介護の問題を捉えた...続きを読む
  • 孤狼の血
    映画を観て、その印象・インパクトが強く読む事に躊躇いがあったが、自分の中で最近の著者の他の作品の素晴らしさに感動し手にとってみる。映画で感じた惨さは微塵も感じられず、人間物語として楽しめた。人間の背負う業や憤り、怒り、儚さ、脆さ言葉が次々と出てくるが、原作(小説)は映画と別物であり深く感じる所が多か...続きを読む
  • 検事の本懐
    「検事の本懐」柚月裕子 著

    1.本懐
    辞書をひけば「もとから抱いている願い」とあります。
    タイトルのとおり、主人公は30代前半の若き検事です。

    彼の検事としての本懐は、「罪を犯したものは、法律に基づき処罰されること」です。

    2.若き検事の務め
    検事が裁く罪状は多いです。
    それゆえ、一案件に対す...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!