朽ちないサクラ

朽ちないサクラ

作者名 :
通常価格 748円 (680円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

警察のあきれた怠慢のせいでストーカー被害者は殺された!? 警察不祥事のスクープ記事。新聞記者の親友に裏切られた……口止めした泉(いずみ)は愕然とする。情報漏洩の犯人探しで県警内部が揺れる中、親友が遺体で発見された。警察広報職員の泉は、警察学校の同期・磯川刑事と独自に調査を始める。次第に核心に迫る二人の前にちらつく新たな不審の影。事件には思いも寄らぬ醜い闇が潜んでいた。(解説:村上貴史)

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
徳間書店
掲載誌・レーベル
徳間文庫
ページ数
416ページ
電子版発売日
2018年03月07日
紙の本の発売
2018年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

朽ちないサクラ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年04月10日

    柚月裕子の小説は話の展開が興味深くすぐに引き込まれる。2015年2月に単行本、2018年3月文庫本。
    県警で広報の職員で県民安全相談係の森口泉29歳が主人公。ストーカー殺人事件が所轄の不手際でクレームの電話対応に追われるところから物語は始まる。
    ストーカーの被害を所轄署に何回も訴えていたのになおざり...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月04日

    テーマ的に最初から、引き込まれる内容だったが、間にでてくる伏線に結末が気になる&結末に向けた方向にやきもきする、一気によまないと気がすまないお話だった!

    ゆづきさんの作品らしく、女性が男性に翻弄されたり、虐げられたりするなかでも、信じるものを守り、貫く強さにグッと来る作品

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月07日

    桶川ストーカー殺人事件をもとに書かれているのかな?と「読み始めは」思ったのですが、全然違ってすごい物語でした!すごい、としか言いようがありません。主人公の最後の決断が、この物語の結末をものすごく爽やかにしてくれて、この上ない読後感でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月17日

    警察に勤めるが警察官ではなく事務職員として勤務する主人公の森口泉。東京でアパレル関係でOLとして働き、Uターンで地元に戻り就いたのが、現在の職業というわけ。そこでストーカー事件を皮切りに、高校時代の親友を巻き込んだ殺人事件が起こり、公安と警察の軋轢などに直面する。今後の主人公の身の振り方が次作として...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月23日

    警察にも闇はある。先生と呼ばれる人にも聖職者にも、それぞれのちょっとした闇はあると思う。退治するよりもどうか上手に付き合ってください。他人に害を及ぼさないように自分も害されないように。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月11日

    ストーカー被害に悩む女性の家族からの届けを、慰安旅行の為警察が受理しなかった!
    警察の怠慢の所為でストーカー被害者は殺された!? 

    警察不祥事のスクープ記事が新聞に掲載された。

    その新聞社には新聞記者である親友がいた。
    警察広報職員の泉は、ある日うっかり親友に、慰安旅行の話を漏らしてしまう。口止...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月10日

    主人公は県警広報課に勤務する20代女性の泉。

    警官ではなくて、一般採用の警察職員です。

    ある日、県内でストーカー殺人事件が起こります。

    この殺人事件の対応を巡り、ある警察の不祥事がスクープされ、県警は大混乱に。

    市民からのバッシングに必死で対応する泉。

    そして、警察内部では記者に情報をリー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月07日

    警察の広報から、公安まで。
    読みにくいかなぁ?やったけど、とても読みやすかった。
    公安は、国を守るのか。。謎だわ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月19日

    公安ものだったかぁ。仇討ちとまではいかなくとも友人のために奔走するも最後がなんだか釈然としない。
    ここまでひきつけておいて追い詰めることが出来なかったとは。
    警察官となった主人公が続編で出てくることを期待。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月29日

    県警広報広聴課 泉。 新聞記者 千佳。
    二人は親友だった。母子家庭という共通性から、数少ない友人となった。
    警察の不祥事件に巻き込まれて、千佳がスクープしたと疑った。
    千佳は、自分の無実を証明するために、新聞社を休んで、
    調査したが、真実を突き止めるところまで来て、殺される。
    警察の不祥事は、内部告...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

朽ちないサクラ に関連する特集・キャンペーン