合理的にあり得ない 上水流涼子の解明

合理的にあり得ない 上水流涼子の解明

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

法より節義に報いたい。 
危うい依頼は美貌の元弁護士がケリつけます!

『孤狼の血』『慈雨』『盤上の向日葵』著者の鮮烈ミステリー!!

上水流涼子は弁護士資格を剥奪された後、頭脳明晰 な貴山を助手に探偵エージェンシーを運営。
金遣いが荒くなった妻に疑念を抱く夫、賭け将棋で必勝を期すヤクザ、野球賭博絡みのトラブルetc.。
欲に塗れた人物たちの難題を涼子は知略と美貌を武器に解決するが――。
著者の魅力全開、極上痛快エンターテインメント!

書店員さん驚嘆!
無茶ともいえる依頼を次々と解決していく姿が、清々しい!
             丸善名古屋本店 竹腰香里さん
プロフェッショナルなキャラクターと痛快な結末を堪能しました!
             ときわ書房本店 宇田川拓也さん
タイムリーな話題も盛り込まれ、想定外な展開に思わず引き込まれました。
             芳林堂書店高田馬場店 江連聡美さん
格好いい! 涼子と貴山のコンビ、最高だ!!
             大垣書店イオンモールKYOTO店 辻 香月さん

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
336ページ
電子版発売日
2020年05月15日
紙の本の発売
2020年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

合理的にあり得ない 上水流涼子の解明 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年11月29日

    それぞれの事情により表に出せないものや闇に葬られた難儀な依頼をスカッとスマートに解決(リベンジ)する痛快な短編五編。

    とある事情により法曹資格を失った主人公涼子、何となく陰があるが天才助手貴山が対峙する案件をシャープに解決する切れ味抜群の作品。
    次回作も期待したくなるいい作品に出合いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月27日

    弁護士資格を剥奪された女弁護士・上水流涼子は、東大出身の部下・貴山と、探偵まがいの事務所を開設している。広告など表にしていない伝手だけの依頼者による事件解決が主な仕事。その依頼仕事が、5つも短編として収録されている。徐々に解る上水流女史の弁護士剥奪の背景、そして貴山との出会いも。今後、シリーズ化され...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月31日

    弁護士資格を剥奪された探偵と頭脳明晰な助手が依頼を解決していく話。
    面白くて一瞬で読み終わった。依頼自体は簡単な謎解きで読者でも「こうなるだろうなあ」と予測がある程度できる。それでも、この二人が解決する手際が鮮やかで「読んで良かった!」と感じる気持ちよさ。
    軽く読めるので、重めの本の合間とかに読むの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月20日

    弁護士資格を剥奪され探偵事務所を営む、容姿端麗な主人公涼子と、東大卒でIQ140のアシスタント貴山が依頼を解決していくミステリー。
    爽快でドラマ仕立ての各話が子気味良い。
    テンポが良いし続きが気になるので、短くはないがすぐ読み終える。

    涼子→菜々緒、貴山→坂口健太郎で脳内再生された。
    実写化される...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月11日

    探偵物の短編小説。用意周到に準備し、色んな役になりきりターゲットに近づき依頼を達成する様子は爽快でした。さくっと読める。コンフィデンスマンが好きな人にはオススメかなと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月14日

    『~にあり得ない』シリーズ5話。「確率的に~」ではやばい占い師、気をつけた方がと思っていた人物がこのシリーズの主人公上水流涼子だった。頭脳明晰、厳しく相手を断罪する。「戦術的に~」も暴力団と将棋、盤上の向日葵を想い出した。他の作品もハラハラしたり、危ない色気にドキドキ。柚月裕子の構想力、筆力に惹かれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月11日

    今まで読んできた著者の小説の中ではライトな内容に感じる部分があり、助手の貴山がスーパー過ぎるところがありますが、これはこれでアリなのかなと思いました。続編を期待します!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月25日

    短編集。
    美貌の元弁護士、涼子と東大出身頭脳明晰な助手、貴山が運営する探偵エージェントは殺人と傷害は請け負わない、がモットー。


    詐欺、野球賭博、親の仇討ち、逆襲。
    鮮やかな手際で解決していく様は痛快。

    シリーズ化されないかな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月01日

    女性探偵が活躍するハードボイルドタッチの作品。
    しかしこのタッチの作品はかなり多いので、正直少し食傷気味かな。
    主人公は米倉涼子的な(笑)
    柚月裕子はやはりミステリー作家ではなく、ストーリーテラーなんだろうと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月16日

    柚月裕子さんに、こんな連作短編集もあったとは。上水流涼子と貴山のキャラクターが超魅力的で、どの話も爽快感があり面白い。2人の関係性がわかる「心情的にあり得ない」が特に良かった。実写化はあり得るのでは?観てみたいです。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています