猫が見ていた

猫が見ていた

作者名 :
通常価格 652円 (593円+税)
紙の本 [参考] 660円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

作品内容

猫好きで鳴る人気作家7人が集結。
猫の小説7編を収録する文庫オリジナルのアンソロジー登場!
巻末には「猫小説オールタイム・ベスト」紹介も。

【収録作品】
「マロンの話」湊かなえ
「エア・キャット」有栖川有栖
「泣く猫」柚月裕子
「『100万回生きたねこ』は絶望の書か」北村薫
「凶暴な気分」井上荒野
「黒い白猫」東山彰良
「三べんまわってニャンと鳴く」加納朋子

「猫と本を巡る旅 オールタイム猫小説傑作選」澤田瞳子

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
240ページ
電子版発売日
2017年08月25日
紙の本の発売
2017年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

Posted by ブクログ 2019年01月20日

ジャケットの猫の目にやられた猫アンソロジー。
短編が7作並んでいるけど、気に入ったのは柚月裕子さんの「泣く猫」だな。猫が脇でいい仕事をする。
あと、「100万回生きたねこ」が感動の書なのか、絶望の書なのかは深いテーマだ。
最後の猫小説傑作選も、また読まなきゃいけない本を増やしてくれる。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「小説」ランキング

「猫が見ていた」に関連する特集・キャンペーン