有栖川有栖の作品一覧

「有栖川有栖」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:有栖川有栖(アリスガワアリス)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1959年04月26日
  • 出身地:日本 / 大阪府
  • 職業:作家

同志社大学法学部法律学科卒。1989年『月光ゲーム Yの悲劇'88』で本格的に作家デビュー。『マレー鉄道の謎』で第56回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)受賞。『女王国の城』で第8回本格ミステリ大賞(小説部門)受賞。その他作品に『作家アリスシリーズ』、『空閑純シリーズ』、『幻坂』などがある。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2023/12/22更新

ユーザーレビュー

  • 新装版 46番目の密室
    推理ものって「いやそれは先に開示してくれないと読者は推理できないじゃん」「その情報をあとから出してくるのはずるいじゃん」みたいなものが多いイメージだったのですが、この作品は情報がすべて与えられた状態で解決編に進むので読んでて ああかもしれない こうかもしれない と考えて楽しむことができました。
    『ト...続きを読む
  • 影牢 現代ホラー小説傑作集
    角川ホラー30周年を記念して組まれた傑作短編集。失礼ながら「傑作といっても面白くない事あるよな…」と思いつつ読み始めましたが杞憂でした。この傑作集は本当に怖くて素晴らしい作品ばかり。表題作「影牢」をはじめ一級品が並びます。
  • 鍵の掛かった男
    とにかく分厚い力作!
    有栖川有栖は、個人的には話もしたことのない大作家・影浦浪子(かげうら なみこ)から、警察が自殺と断定しようとしているある男の死の真相を、火村とともに究明してほしいとの依頼を受ける。
    火村は、勤務する大学の入試の監督業務に当たるため、有栖が先行して調査に当たることになった。

    ...続きを読む
  • 捜査線上の夕映え
    奥本栄仁が殺されスーツケースに詰め込まれた状態で発見された殺人事件の捜査に関連して、アドバイザーとして大学教授の火村栄生と推理小説家の有栖川有栖が絡む壮大な物語だ.当面の容疑者が明白にも拘わらず決め手がない状態が前半だが、コマチこと高柳真知子の捜査力量に何か引っかかるアドバイザーたちが彼女の生い立ち...続きを読む
  • 禁断の罠
    6人の作家さんによって書かれたアンソロジー。
    どの作品もすごく面白かったです。
    特に好きなのは、米澤穂信さんの「供米」。ゾワっとしました!
    中山七里さんのお話は続きがありそう。気になります。
    満足度の高い1冊でした。

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!