自薦 THE どんでん返し

自薦 THE どんでん返し

作者名 :
通常価格 507円 (税込)
紙の本 [参考] 629円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

名だたる本格ミステリの書き手があなたを仰天させる!ミステリには不可欠のラストの驚き、どんでん返し。6人の作家が自作から「これは」というどんでん返し作品を自ら選び、読者に届けます。どうぞみなさん、だまされてください。

ジャンル
出版社
双葉社
掲載誌・レーベル
双葉文庫
電子版発売日
2016年11月01日
紙の本の発売
2016年05月
コンテンツ形式
EPUB

「自薦 THE どんでん返し」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2017年10月17日

タイトル通り、どんでん返しもの。
自薦だけあって、それぞれの作家さんの特徴が出てて大変面白く読めました。
なーんか読んだことある話ばかりだなー
まー自薦だから他ので読んだんだろーなー
と思ってたら同じ本が自宅の本棚にあったのは内緒

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年08月30日

最初からどんでん返しが用意されていることは
分かっているので、その部分は期待するところではなく
どういうどんでん返しになるのか、
それよりも途中で語られている何気ない描写に
その時きづくことができたか、なども楽しめる。
推理ものとおもって読み始めたら
いきなりホラーな感じで、ユーモア、悪夢、
もちろ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年09月09日

自薦のアンソロジー。有栖川有栖「書く機械」と東川篤哉「藤枝邸の完全なる密室」は再読。法月綸太郎「カニバリズム小論」はずっと教科書のようにカニバリズムについての話が続いて嫌になったけど、最後は面白かった。これぞどんでん返しか。旅のお供には気軽に読めて良かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年03月11日

有名ミステリ作家が自分の作品から『どんでん返し』な話を選び、それを集めた作品集。短編ばかりなので読みやすいです。でも先に「どんでん返し」って銘打たれてしまうと、楽しみ半減しちゃうんじゃあ…?とも思いましたがどう返されるかを楽しみながら読むのもいいか。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年08月13日

やはりこの六人の名前を見たらミステリーファンとしては読みたくなりますよね。しかも大好物のどんでん返しときたら。
でもたぶん、そこまでどんでん返しを期待しないほうがいいと思います。やはり、短編ではいつもほどのゾクゾク感までは到達しませんよね。
それぞれはさすがの読み物になっています。どれも面白いですよ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,867

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!