十角館の殺人〈新装改訂版〉

十角館の殺人〈新装改訂版〉

作者名 :
通常価格 946円 (860円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

十角形の奇妙な館が建つ孤島・角島を大学ミステリ研の7人が訪れた。館を建てた建築家・中村青司は、半年前に炎上した青屋敷で焼死したという。やがて学生たちを襲う連続殺人。ミステリ史上最大級の、驚愕の結末が読者を待ち受ける!
1987年の刊行以来、多くの読者に衝撃を与え続けた名作が新装改訂版で登場。(講談社文庫)

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2012年12月18日
紙の本の発売
2007年10月
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

書店員のおすすめ

謎解き好きの方には絶対おススメの「館(やかた)シリーズ」の最初の作品です。
この作品をきっかけに、本格ミステリ界では「綾辻以降」という言葉が使われるようになったほどです。
奇妙な館(十角館)で起こる連続殺人事件、様々なトリック、そして綾辻先生独特の幻想怪奇的な世界を、たっぷりと楽しんでください。
特に、この作品特有の叙述トリックを駆使した終盤でのどんでん返しは、必読です。
この作品の後には、「水車館の殺人」、「迷路館の殺人」と続きます。
館シリーズ全9作品を読破して、綾辻ワールドを堪能しましょう!

十角館の殺人〈新装改訂版〉 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年02月20日

    素晴らしいどんでん返しでした!!
    え!?え!?え!?ってその一行と数行手前を何度読みしたことか!?
    犯人の行動力半端ないですね!!どんだけ体力あるんや!と突っ込んでしまいました笑
    再読したいなと思う一冊です!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月19日

    最初に読んだときの驚きと2回目に読んだときの発見。とても満足出来た作品。人に薦めたくなるほど面白かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月07日

    推理ならまずはこれ!ってくらい勧められる作品です。
    その通りだった
    一言で全てが繋がる。
    その通りだった
    島の十角館に泊まる人と、本土にいる人で登場人物は多いし、本初心者の私としてはページ量もバカにならない

    けど、上手い文章と面白い作品はこんなに分かりやすくさくさく読めるもんなのかと勉強になった
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月31日

    まさかあんなに重要な役割を果たすなんて‥!
    勝手な自分の先入観にしっかり騙されました笑

    外に助けを求められず、犯人もわからない中、次は自分が殺されるのではないかというそれぞれの緊張感がひしひしと伝わってきました‥
    人が次々と殺されていくシーンには手に汗握るものがあります‥

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月29日

    Theミステリ小説です。
    最後まで犯人を当てることが出来ず、悔しい思いをしました。けれど、色んなところに伏線やヒントが散りばめられていて、よく見てよく考えていたら予測できていたのではないかと思います。1番最後の終わり方も、冒頭の書き出しを見事に回収していて感動しました。何人も人が出てくる上、あだ名が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月27日

    全館シリーズ読破してますがやっぱり十角館は別格

    面白いです!

    アガサ・クリスティの影響を強く感じます

    私のミステリー好きはここから始まりました笑

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月26日

    前から気になっていて、やっと読めた小説!!

    読み始めてみたら止まらなかった!

    「え!?」ってなったり、「ん???」ってなったり、面白い話の進み方。
    スーッと読み終わってしまった。
    読み終わった後、しばらく余韻に浸ってしまった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月17日

    島田潔の館シリーズ最初の作品。とにかくあの一文に驚かされた中学時代。新装版になり,ページが調節されよりその一文が映えるようにされているところが最高である。この作品でさらにミステリー小説を読むようになった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月15日

    これはすごかった。鳥肌もの。見事にあの一言にやられました。綾辻さんの小説は初めて読んだのですが、一気に好きな作家さんになりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月30日

    あまりにも有名なミステリ。
    不気味な孤島、不穏な手紙、登場人物のニックネーム。これもう嫌いなはずがない!
    特に終盤は一気読み。
    期待を裏切らない面白さ。
    最高!

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています