「綾辻行人」おすすめ作品一覧

「綾辻行人」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:綾辻行人(アヤツジユキト)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1960年12月23日
  • 出身地:日本 / 京都府
  • 職業:作家

京都大学教育学部卒。京都大学大学院教育学研究科博士課程修了。1987年『十角館の殺人』で作家デビュー。1992年『時計館の殺人』で日本推理作家協会賞長編部門を受賞。『Another』、『館シリーズ』、『囁きシリーズ』など数多くの作品を手がける。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/10/13更新

ユーザーレビュー

  • 迷路館の殺人〈新装改訂版〉
    綾辻行人先生の館シリーズ第三弾です!
    衝撃度では第一弾の「十角館の殺人」に勝るとも劣らずです!(時計館の捨てがたい)あなたは又もや騙されるはずです!
    この作品は誰が何と言っても二重トリックですね!
    私もまんまと2回騙されました。
    最初は意気揚々と解いてやる の気持ちでしたが、最初のページの見取り図で...続きを読む
  • 十角館の殺人〈新装改訂版〉
    小説にハマったきっかけとなった本です。
    読んだ後に超有名だと分かりました。
    超有名である理由がよ〜く分かります。
    この本ははまさに「衝撃」と言っていいでしょう!
    ただ、あまりの衝撃にこの後に読んだ本が物足らない感じるくらいです。まさに名作中の名作です。
    まだ未読の方は是非ご覧ください!


  • 暗黒館の殺人(四)
    最後に明かされる大トリックと大事実!
    終わり方については良い部分と頂けない部分がある。
    しかし、読んでよかった!
  • 7人の名探偵 新本格30周年記念アンソロジー
    メルカトル:双子の使い方が面白い。結局ハーフばかり集めていたのはホムンクルスと関連? 毒饅頭:「これ龍が如くじゃん…」と思って読んだら本当にそうだった。オチで笑った。 シャーロック:探偵AIvs.犯罪AI、発想が面白い。モリアーティのようなAIが暴走を始めたらと思うとぞっとする。 アリス:ネタはシン...続きを読む
  • 十角館の殺人〈新装改訂版〉
    ここから全てが始まる。まだ小説としての面白さは控えめだが、
    このトリックは当時としては(もちろん今でも)衝撃的だったんだろう。
    十角館の殺人をはじめとする「館シリーズ」は刊行順に読むことを
    強くオススメする。それ自体がすでにトリックになると言っても過言ではない。

特集