綾辻行人の作品一覧

「綾辻行人」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:綾辻行人(アヤツジユキト)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1960年12月23日
  • 出身地:日本 / 京都府
  • 職業:作家

京都大学教育学部卒。京都大学大学院教育学研究科博士課程修了。1987年『十角館の殺人』で作家デビュー。1992年『時計館の殺人』で日本推理作家協会賞長編部門を受賞。『Another』、『館シリーズ』、『囁きシリーズ』など数多くの作品を手がける。

無料作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2024/04/12更新

ユーザーレビュー

  • 時計館の殺人〈新装改訂版〉(下)
    時計館は上下巻だけど少しも長さを感じなかった。

    トリックが壮大でかなり緻密で、これを考えて読者にわかりやすく書くのはさぞかし大変だっただろうなと思った。

    島田さんの安心感はすごい。
    ラストは映画を観ているような情景が浮かんできて終わりも良かった。

    早く先を知りたいんだけど、読んだら終わってしま...続きを読む
  • 人形館の殺人〈新装改訂版〉
    彫刻家・飛龍高洋が画家の息子である飛龍想一に遺した緑影荘。この館は顔がなく身体の一部が欠損したマネキン人形がなぜか邸内各所に佇んでいることから、「人形館」と呼ばれていた。街で起きる残忍な通り魔殺人事件、何故か姿なき脅迫者に襲われる飛龍想一。破局へと向かっていく物語の驚くべき結末とは。

    解説の「綾辻...続きを読む
  • 迷路館の殺人〈新装改訂版〉
    自分が書いた小説の設定通りに殺されるという設定が、まず話の導入として非常に分かりやすく興味を惹かれました。
    犯人の推測も中盤からは容易に行えることができ、館シリーズとしては少し簡単すぎるのでは、もしくは自分の推理力が鍛えられてきたのだと思っていました。終盤までは。

    自分の自惚れが恥ずかしく思えます...続きを読む
  • シークレット~綾辻行人ミステリ対談集in京都~
    綾辻さんもいつの間にかもうかなりのベテランっていうのが驚き。今をときめく若手の書き手の対談はとても興味深いし面白い。ホストが綾辻さんだから成り立っている部分が多分にありそう。もっと分量を読みたいし、他の方との対談も読んでみたい。
  • 時計館の殺人〈新装改訂版〉(上)
    館シリーズの中でも評価が高いので、館シリーズ最後の方の楽しみにとっておこうと思っていたけど、我慢できずに読み始めてしまった。

    今までよりも登場人物が多いので、その分誰が犯人かわからなくてドキドキする。

    上巻はあっという間に終わってしまった。
    何もかもが怪しい館と集められたメンバーのの謎が少しずつ...続きを読む

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!