綾辻行人の一覧

「綾辻行人」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:綾辻行人(アヤツジユキト)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1960年12月23日
  • 出身地:日本 / 京都府
  • 職業:作家

京都大学教育学部卒。京都大学大学院教育学研究科博士課程修了。1987年『十角館の殺人』で作家デビュー。1992年『時計館の殺人』で日本推理作家協会賞長編部門を受賞。『Another』、『館シリーズ』、『囁きシリーズ』など数多くの作品を手がける。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2022/01/25更新

ユーザーレビュー

  • 十角館の殺人〈新装改訂版〉
    本気のまじで真剣に最後の一行に足元掬われた
    これ絶対何も知らん状態で読むべきや、、、
    なんならもう一度記憶リセットして読みたい、、、!

    そして本格ミステリなのにさらさらっと読めるのもまた素晴らしい◎
  • 十角館の殺人〈新装改訂版〉
    最近まで分かんなくて、そーゆーことかー!!おまえかー!!だからあれはあーなのかー!!
    という。最高に楽しみました。
  • 霧越邸殺人事件(下)<完全改訂版>
    二重三重に罠が仕組まれており、それらが上手く全体として繋がっていており、非常によく纏まった作品であった。
    但し、一部の事象が超常現象である、という点を素直に受け入れられるかは、読者次第な気がする。この辺がanotherなどの別作品にも引き継がれている印象。
    なお、1点非常にわかりやすく犯人を指し示し...続きを読む
  • 霧越邸殺人事件(下)<完全改訂版>
    綾辻先生の作品の中で、やはりこれが一番好き。
    吹雪の山荘、愛想のない住人達、隠された存在、見立て殺人。
    到底理解はできないけど、槍中の散り際は見事。
    事件から年月がたち再び鈴藤が霧越邸を訪れるも、人目見ることすら叶わなかった切なさや、祈るように眠りについた霧越邸の荘厳さたるや。
    読み終えた時の余韻は...続きを読む
  • 水車館の殺人〈新装改訂版〉
    すごく面白かったです。

    犯人に全く気付かなかったし、最後の絵の描写もとても良かったです。

    面白すぎて言葉が浮かばないです…!

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!