十角館の殺人(1)

十角館の殺人(1)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 715円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

孤島に建つ十角形の奇妙な館を、大学のミステリ研に所属する7人が訪ねる。この館を設計した中村青司は、半年前に謎の焼死を遂げていた。そして、凄惨な殺人劇が、幕を開ける――。
第22回日本ミステリー文学大賞受賞の綾辻行人と、美しさの中に影がある絵でイラストレーターとしても活躍する清原紘がタッグを組んで贈る、本格ミステリの金字塔をもとにした「コミックリメイク」!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
アフタヌーン
電子版発売日
2019年11月22日
紙の本の発売
2019年11月
サイズ(目安)
77MB

新刊オート購入

十角館の殺人(1) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    無料版購入済

    (匿名) 2021年03月16日

    表紙の絵が好みだったのとタイトルに惹かれて読んでみました。原作は未読なんですが、じわじわと恐怖心を煽ってくるような王道さが良かったです。中の絵も表紙同様に綺麗でした。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    絵がきれい

    Yu_ui 2020年08月21日

    江南くんが、女性になってるのは賛否両論あると思いますが、迷路館までやるつもりがあるからなのかなぁとか、期待しております。
    でも、暗黒館だと女性表現のまま大丈夫なのかなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    なぜ?

    Fuyuneko 2019年12月15日

    なぜ河南君を女性にするのかが不明。コミック化も今回限りだからなのか?絵的には好きなので続刊以降も購入予定です。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    マコト 2019年12月02日

    あの映像化不可能と言われた作品をどうマンガ化するのか気になって購入。
    コナン君が美少女になってたりするけどメイントリックは変更なし?
    清原紘先生の美麗な作画にも注目。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年01月12日

    ♯1
    ♯2
    ♯3
    ♯4
    ♯5
    ♯6
    ♯7
    4コマ劇場

    大昔に読んだ小説のビジュアル的には、ポウのイメージが、島田さんなんだけどな・・・。
    河南くんことコナンくんが、ここまでロリなみためだと島田さんと並ぶと危険な感じしかしない。
    「第一の被害者」が出たところで、次巻に続く。
    2020年7月発売予定。

    このレビューは参考になりましたか?

十角館の殺人 のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 十角館の殺人(1)
    660円(税込)
    孤島に建つ十角形の奇妙な館を、大学のミステリ研に所属する7人が訪ねる。この館を設計した中村青司は、半年前に謎の焼死を遂げていた。そして、凄惨な殺人劇が、幕を開ける――。 第22回日本ミステリー文学大賞受賞の綾辻行人と、美しさの中に影がある絵でイラストレーターとしても活躍する清原紘がタッグを組んで贈る、本格ミステリの金字塔をもとにした「コミックリメイク」!
  • 十角館の殺人(2)
    660円(税込)
    謎の死を遂げた建築家・中村青司が「島」に建てた十角形の奇妙な館を、大学のミステリー研に所属する七人――エラリイ、ルルウ、アガサ、カー、ヴァン、ポウ、オルツィが訪れる。到着した次の日、中央ホールのテーブルに「第一の被害者」「探偵」「殺人犯」……と書かれたプレートが置かれていた。誰かの悪戯だろうと目されていたが、その日の夜、とある部屋のドアに「第一の被害者」のプレートが貼られ――。事...
  • 十角館の殺人(3)
    続巻入荷
    660円(税込)
    「角島青屋敷 謎の四重殺人事件」で謎の死を遂げた建築家・中村青司が「島」に建てた十角形の奇妙な館を、大学のミステリー研に所属する七人――エラリイ、ルルウ、アガサ、カー、ヴァン、ポウ、オルツィが訪れる。到着した次の日、中央ホールのテーブルに「第一の被害者」「探偵」「殺人犯」……と書かれたプレートが置かれていた。誰かの悪戯だろうと目されていたが、「第一の被害者」「第二の被害者」が次...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています