東川篤哉の一覧

「東川篤哉」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:東川篤哉(ヒガシガワトクヤ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1968年
  • 出身地:日本 / 広島県
  • 職業:作家

岡山大学法学部卒。2002年『密室の鍵貸します』でデビュー。『謎解きはディナーのあとで』で第8回本屋大賞受賞。同作や『放課後はミステリーとともに』などがTVドラマ化されている。

配信予定・最新刊

NEW
yom yom vol.56(2019年6月号)[雑誌]

作品一覧

2019/05/17更新

ユーザーレビュー

  • 純喫茶「一服堂」の四季
    【第一話】春の十字架
    【第二話】もっとも猟奇的な夏
    【第三話】切りとられた死体の秋
    【最終話】バラバラ死体と密室の冬

    アームチェア・ディテクティブスタイルの短編探偵小説が四編。
    と思いきや、まるごと一冊でひとつの仕掛けがあって、思わず前の方のページを振り返っちゃいました。完全に、作者の手のひらを転...続きを読む
  • ライオンの棲む街――平塚おんな探偵の事件簿1
    評価は5.

    内容(BOOKデーターベースより)
    都会で夢破れ、故郷・平塚に帰ってきた元OLの川島美伽は、高校時代の旧友・生野エルザと再会する。“雌ライオン”の異名を持つエルザは、地元の刑事も一目置く名(?)探偵に成長していた…!強引に助手にされた美伽はエルザと共に、厄介な依頼人が持ち込む奇妙な事件...続きを読む
  • 密室の鍵貸します
    本編もよくできていて面白かったんですが、解説で有栖川有栖が自分の書いた推薦文を自画自賛していてめちゃくちゃ面白かったです。
  • 学ばない探偵たちの学園
    コミカルで軽い文体だけどしっかりとミステリー。ラスト50ページ、転がり落ちるように全てがわかる感覚がたまらない。読み終わったあとに冒頭付近の描写を思い出しながら「お前が…伏線だったのか……」と簡単の声を上げた。
  • 交換殺人には向かない夜
    もともとミステリーを謎解きしながら読むタイプではないので、簡単なことにもすぐだまされる方ではあるんだけども、今回の作品はそういうところを超えてきた気がする。

    なんとなく鵜飼と流平が近くにいるだろうとは誰でも想像がつくんだろうけども、どこでそれがくっつのかと思いきや、転げて落ちていくとか(笑)。そう...続きを読む

特集