ここに死体を捨てないでください!

ここに死体を捨てないでください!

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

妹の春佳から突然かかってきた電話。それは殺人の告白だった。かわいい妹を守るため、有坂香織は、事件の隠蔽を決意。廃品回収業の金髪青年を強引にまき込んで、死体の捨て場所探しを手伝わせることに。さんざんさ迷った末、山奥の水底に車ごと沈めるが、あれ?帰る車がない!! 二人を待つ運命は? 探偵・鵜飼ら烏賊川市の面々が活躍する超人気シリーズ第5弾!

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2012年11月30日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2013年04月26日

    トリックを考え疲れた頭に、底抜けに明るいジョークが叩き込まれてまた文章に引きずりこまれていきます。何度電車の中で「ぶふっ!」って、吹いてしまったか分かりません。

    妹を助けるため、謎の女の死体を捨てる為に奔走する姉と巻き込まれた青年は、悪戦苦闘しながらも何とか死体を処理し山奥のペンションに辿りつく。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月04日

    探偵小説ではあるけど、どちらかといえばドタバタコメディ。非常に下らないんだけど、とても楽しく読めました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月05日

    烏賊川市シリーズ第五弾。長編。相変わらず東川さんはギャグシーンに伏線を張るのが上手いなぁ。今作はそれがめっちゃ活かされていたと思う。長編なのにそれを感じさせないスピード感も流石。今回のトリックは大胆だけれど知識さえあれば見抜けるのでそこから犯人もわかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月23日

    烏賊川市シリーズ

    妹からの突然の電話
    「おねえちゃん、私ひとを殺しちゃった!!」

    妹を守るため、死体遺棄を決意した香織。
    偶然居合わせた鉄男と共に向かった先で
    別の殺人事件に巻き込まれる

    軽快でユーモラスな文章
    でも肝心のミステリ部分は案外しっかりしていて
    殺人事件が何件も出てくるわりに
    気楽...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月15日

    妹の春佳から突然かかってきた電話。それは殺人の告白だった。かわいい妹を守るため、有坂香織は事件の隠蔽を決意。廃品回収業の金髪青年を強引にまき込んで、死体の捨て場所探しを手伝わせることに。さんざんさ迷った末、山奥の水底に車ごと沈めるが、あれ?帰る車がない。二人を待つ運命は?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月01日

    面白かったけど完全犯罪に猫は何匹必要かを読んで次に読んだからところどころのギャグが少なくて物足りなく感じたけどやっぱ面白いです‼️

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月27日

    シリーズで5作品目になります。主人公たちがあまりにも完成している中で、新しいサブキャラが中心に話が始まるあたりが新しさです。扉絵もすごいそのままです。ギャグがいつもより冴えている気がしました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月26日

    そうなんすよね。
    結局、ぼちぼちおもしろいんすよね。分かりやすいしね。続けて読もうとは思わないけど、たまーに読むといいよね。そうなんすよね。

    そうなんすよね。
    結局、ナポリタンてのは具とかなくても、パスタにケチャップをかけただけでもある程度は成立してしまうんですよね。それでもぼちぼちうまいんすよね...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月01日

    このシリーズで一番好きな作品。やっぱりあの場面は再読でも笑えてしまう。石持浅海さんの解説を読んで改めてココが好きだったんだなと振り返ることが出来たのも良かった。自分が何となく言葉に出来ず思っていたことを数ページのあとがきでしっかり文章に組み立てて解説を書かれている作家方は素晴らしいなと思う。まぁ、中...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月14日

    評価3.5、四捨五入で4。視点が死体遺棄側と探偵側で切り替わりながら進み、テンポは○。この人の本は気楽に読める。しかしあのトリック、実際にうまくいくのか(?_?)

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「ここに死体を捨てないでください!」に関連する特集・キャンペーン