「法月綸太郎」おすすめ作品一覧

「法月綸太郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:法月綸太郎(ノリヅキリンタロウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1964年10月15日
  • 出身地:日本 / 島根県
  • 職業:作家

京都大学法学部卒。京大推理小説研究会出身。1988年に『密閉教室』でデビュー。作品に『探偵・法月綸太郎シリーズ』、『ノックス・マシン』、『キングを探せ』、『生首に聞いてみろ』、『都市伝説パズル』などがある。

作品一覧

2017/12/15更新

ユーザーレビュー

  • 法月綸太郎の新冒険
    2018年12冊目。
    傑作選で既に読んだ作品もあったけど、やはり面白かった。「背信の交点」「リターン・ザ・ギフト」はやはり秀逸。
    「身投げ女のブルース」にはやられました。
    そしてやっぱり法月父子のやりとりがたまらなく好き。
  • 新装版 頼子のために
    2018年22冊目。再読したいと思っていたところに新装版が出たのでついつい購入。冒頭の手記から、綸太郎の調査を経てのあの真相の衝撃たるや。歪んだ愛と憎悪が織り成す最上級の悲劇に取り込まれてしまいます。
  • 新装版 頼子のために
    2017.1.20
    「頼子が死んだ」という父親の手記から始まるミステリー。
    事件の流れが手記によって示された後に、小説家・法月綸太郎の目線にたって解き明かされてゆくので、展開が整理されていて読みやかった。

    17歳の娘を妊娠させた上に殺した男に復讐をし、その上で自殺を図った父親。
    ストーリーとして完...続きを読む
  • 名探偵傑作短篇集 法月綸太郎篇
    2018年3冊目。
    そして、法月綸太郎作品は「一の悲劇」「頼子のために」に続いて3冊目。

    ・・・完全にやっちまいました。
    法月綸太郎作品めっちゃ面白い!!コンプリートするぞ!と意気込んでまずコレを選んだけど、『冒険』『新冒険』『功績』の中からの傑作選だったのね。どうせコンプリートするなら最初からそ...続きを読む
  • 7人の名探偵 新本格30周年記念アンソロジー
    「新本格ミステリ・ムーヴメント」が始まった当時生きて、勢いを感じながらこれらの作家たちの作品を読みたかったと思いました。けれど、今こうして新本格30周年記念の時代に生きて、アンソロジーを読めるのも、幸せなことでした。

    『水曜日と金曜日が嫌い ー大鏡家殺人事件ー』
    語り手美袋が迷いこんだ大鏡博士の邸...続きを読む

特集