犯罪ホロスコープI 六人の女王の問題

犯罪ホロスコープI 六人の女王の問題

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

売れっ子ライター・虻原がマンションから転落死した。その建物にはかつて虻原が所属していた劇団の主宰者が住んでいた。二人には感情のもつれがあったらしいのだが……。虻原は連載コラムの最終回に不可解な俳句を残していた。はたして俳句に隠された意味とは?(表題作) 6つの星座にまつわる謎の数々を、名探偵・法月綸太郎が鮮やかに解決してゆく。連作本格推理。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2015年06月26日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

犯罪ホロスコープI 六人の女王の問題 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年11月13日

    星座にまつわる事件の短編集。どれもよく練られていて、読み応えあり。
    この方は読者ミスリードするのが本当に上手い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月20日

    星座のモチーフという縛りがあり、大まかな流れは統一させていながらも、それぞれの短編に趣向が凝らされている作者の苦心が窺える傑作群。「ゼウスの息子たち」は一つのネタを上手くカモフラージュして、それによって犯人まであぶり出す構成が見事。「冥府に囚われた娘」は最後まで油断ならない展開が続き、ある種の痛快さ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月26日

    12の星座にまつわる物語(のうちこの本では6つ)をモチーフにした謎解きミステリの短編集。
    それぞれの話がコンパクトにまとまってます。どれもちょっと言葉遊びに凝り過ぎだろう、という気がしなくもありませんが(笑)まぁ、本格ミステリ短編集なのでご愛敬。そして、この作者はホント、クイーン親子が好きなんだなぁ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月13日

    言葉遊びがふんだんに使われていて、ミステリの中でも私の好きなジャンル。星座に結び付けているのはこじつけっぽい気もするけどとても面白かった。残りの6つの星座編も早く読んでみたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月10日

    黄道十二星座にまつわる神話が事件と上手く絡めて使われてて読み解くのが楽しい。『ゼウスの息子たち』のミスリードにまんまと引っかかり、『ヒュドラ第十の首』では消去法からの意外な犯人の提示にやられた。2巻も早く読みたい

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月10日

    頑張って考えたなあって感じ。設定ありきで話を作ってるから無理がありすぎて楽しめませんでした。
    初めに書いただけあって双子座はおもしろい。他のには一切心惹かれませんでした。名前ネタは嫌いです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月16日

    星座をモチーフにした謎解きミステリの短編集。この本は前半で、牡羊座から乙女座までを収録しています。
    魅力的なテーマの作品ですが、本格ミステリとしては全体的に小粒な感じです。
    やや無理のある設定の作品もありますが、このはちゃめちゃな感じは嫌いじゃありません。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月01日

    ホームレスが殺害された。単純な事件と当初思われた殺人事件は、第一発見者が犯人に強奪されたミリタリージャケットをきっかけに思わぬ解決へと導かれる。牡羊座から乙女座まで、六つの星座にまつわる謎の数々を法月綸太郎が解決する。

    おかしいな・・・法月作品は大好物なはずだし、エラリー・クィーンへのオマージュと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年01月16日

    『【牡羊座】 ギリシア羊の秘密』
    ホームレスの生活に潜入取材を行っていた飯田才蔵が世話になっていたアリョーシャと呼ばれるホームレスが刺殺される。現場にいた才蔵も何者かに殴られ気を失う。アリョーシャが持っていたブックカバー。アリョーシャの過去。持ち去られたジャケットの謎。

    『【牡牛座】 六人の女王の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

犯罪ホロスコープ のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 犯罪ホロスコープI 六人の女王の問題
    売れっ子ライター・虻原がマンションから転落死した。その建物にはかつて虻原が所属していた劇団の主宰者が住んでいた。二人には感情のもつれがあったらしいのだが……。虻原は連載コラムの最終回に不可解な俳句を残していた。はたして俳句に隠された意味とは?(表題作) 6つの星座にまつわる謎の数々を、名探偵・法月綸太郎が鮮やかに解決してゆく。連作本格推理。
  • 犯罪ホロスコープII 三人の女神の問題
    10年前に解散した女性三人組アイドル・トライスター。彼女たちが所属していた事務所の元社長が他殺死体で見つかった。犯人は元ファンクラブ会長。彼は、自身のブログで元社長殺害をほのめかした直後、服毒自殺していたのだ。だが、トライスターのメンバー内に共犯者がいたことがわかり……(表題作)。名探偵・法月綸太郎が6つの難事件に挑む〈星座シリーズ〉後編。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています