謎解きが終ったら 法月綸太郎ミステリー論集

謎解きが終ったら 法月綸太郎ミステリー論集

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

名探偵・法月綸太郎の生みの親の著者が挑んだ、初めてのミステリー評論集。実作者としての経験と豊富な知識に裏打ちされて、中上健次からジェイムズ・エルロイまでを自在に論じた本書は、ミステリーの枠を超えた優れた文芸評論になっている。親本刊行後に発表された5編も収録した、ファン必携の「増補版」! (講談社文庫)

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / ブックガイド
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
312ページ
電子版発売日
2014年01月10日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

謎解きが終ったら 法月綸太郎ミステリー論集 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年05月05日

    東野圭吾の「ある閉ざされた・・・」の解説も収録されている。評論集であるがゆえに、難しい言葉を使った評論もあり、楽しんで読むものではない。でも本当にミステリーが好きなのだなあというのは実感できる。それと論者の頭のよさも。とてもじゃないが、こんな評論は書けない。言いたいことは同じでも言葉選びでまず減点さ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています