「貫井徳郎」おすすめ作品一覧

「貫井徳郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:貫井徳郎(ヌクイトクロウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1968年02月25日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

早稲田大学商学部卒。1993年『慟哭』で作家デビュー、『乱反射』で第63回日本推理作家協会賞2010年に受賞。『後悔と真実の色』で第23回山本周五郎賞を受賞。その他作品に『症候群シリーズ』、『明詞シリーズ』、『天使の屍』などがある。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/07/14更新

ユーザーレビュー

  • 乱反射
    奥田英朗氏の著作かと思いました。話の展開の仕方がよく似てると感じました。つまり滅茶苦茶面白いってことです。こんな些細なことがこんな結末に。最高に面白いミステリー(なんでしょうか?)というか、もしかして鋭い社会派小説かもしれません。
    ただ、プロローグとエピローグ(とは書いていませんが)は全くいらないと...続きを読む
  • 乱反射
    ドミノ倒し、で「えーなにこれ!」て記憶が強かったけど、もう一回読んだら違うかもしれない。とても面白かった。
    でも読後はモヤモヤ。スッキリしない。もうどうすることもできない無力感。

    エピソードが-44から始まり、0で事件が起こる。登場人物毎に視点がかわる。最初のゴミのエピソード、最後のさいごに本人が...続きを読む
  • 宿命と真実の炎
    「後悔と真実の色」も読んでみたい。
    高城理那が一緒に仕事がしたかったと思う元刑事、西條の話。

    真実シリーズ続きはないのかな?
    元刑事西條が今の仕事を辞め、何か始めようとしているのでその後が読みたいです。
  • プリズム
    貫井氏の作品にハマってしまいました。自分がこういう推理小説が読みたかったんだと再認識しました。
    被害者が多面的に、まさにプリズムのように描かれますが、探偵役となる人物及びその中で語られる人々もまさにプリズムのように描写され、どのようにでもこの殺人事件(事故とも推理可能ですね)という事象を解釈すること...続きを読む
  • 宿命と真実の炎
    慟哭のレビューに同じく素晴らしい人物描写。失敗だったのは、「後悔と真実の色」を未読で読んでしまったこと。順番が逆になりましたが必ず読みたいです。

特集