失踪症候群 <新装版>

失踪症候群 <新装版>

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
紙の本 [参考] 682円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

警視庁には、警察組織が扱いにくい事件を捜査する影の特殊工作チームが存在する。警務部人事二課の環敬吾が指令を送るのは、私立探偵・原田征一郎、托鉢僧・武藤隆、肉体労働者・倉持真栄、プロフェッショナルなメンバー3人である。若者の連続失踪事件。その背後にあるものを探るべく、チームは動き出す。最後のページまで興奮がとまらない、大人気「症候群シリーズ」新装版・三月連続刊行、第一弾!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
双葉社
電子版発売日
2015年03月03日
紙の本の発売
2014年10月
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

失踪症候群 <新装版> のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年04月05日

    暴力・残虐的なシーンは想像するのが痛かった。ここぞという時に助けに現れてくれないところが、スーパーヒーローでなく、完ぺき過ぎず良いのかもしれない。面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月04日

    若者の失踪が全国的に起きている。
    彼らは一体どこに姿を消したのか?
    事件なのか、たんなる失踪なのか?
    現役警察官の環と、訳ありな3人がチームとなって、警察が表向き動けない事件を追う。
    失踪した若者の行方がわかった時、その仕掛けと思わぬ事態に…

    2021.3.4

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月01日

    人物描写が的確かつ鮮明に描かれているので、登場人物が増えてもこれは誰?となることは全くなかったです。発表当時から何年経っていても色鮮やかに感じられるストーリーで、最後まで一気に読み進められました。
    個人的に、それまでがかなり丁寧に描かれていたのに完結までの流れがバタバタしてしまい、もう少しボリューム...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月04日

    症候群シリーズのドラマが始まる前に積んでた本に手をつけました。環や武藤など、まだ謎のままなので次作でいろいろと明かされていく感じでしょうか?失踪から共通点を見つけて地道に捜査していくのも面白かったです。托鉢僧って、気になるキャラだなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月13日

    症候群シリーズの1作目。

    多発する若者の失踪事件。
    警察を退職した探偵たちを率いて特殊任務に当たる、環という刑事がその解決に挑む。

    一見関連のなさそうな人々が失踪しているだけのように見えるが、環が追いかけると事件に関連性が見えてくる。

    失踪者一人ひとりの背景にある物語、それを追う探偵が背負う物...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月20日

    症候群シリーズ1作目。
    警視庁人事二課に属する環をリーダーとした特殊任務チームが失踪した若者を追っていくストーリー。

    途中、ページを捲る手が止まらなかったが、最後は結構あっさりしているような。。。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月06日

     症候群シリーズ第1弾。今回は、相次ぐ若者の失踪に関わる事件を探るというもの。徐々に真相に迫っていく感じがなかなか面白いが、事件解決への内容よりも失踪する意味合いのほうが強く印象に残る。何らかの柵(親であったり友人であったり、故郷であったりなど)から逃れたいという思いから誰にも告げず行方を晦ますとい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月07日

    エンターテイメント性が高いミステリーもしっかり詰まっている読みやすい話だった。
    ちょっと狂気染みたグロさがまたいい味出してます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月17日

    「若者たちの失踪の背後にあるものを探って欲しい」依頼に応えて、環敬吾はチームのメンバーに招集をかけた。私立探偵・原田柾一郎、托鉢僧・武藤隆、肉体労働者・倉持真栄。三人のプロフェッショナルが静かに行動を開始する。暴かれる謎、葬り去られる悪。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月02日

    まさに本格ミステリーといった感じで引き込まれた。暴力的な描写が怖かった。それだけ表現力がすごい。次も早く読みたい。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 小説

小説 ランキング