後悔と真実の色

後悔と真実の色

作者名 :
通常価格 915円 (832円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

“悪”を秘めた女は駆除する――。若い女性を殺し、人差し指を切り取る「指蒐集家」が社会を震撼させていた。捜査一課のエース西條輝司は、捜査に没頭するあまり一線を越え、窮地に立たされる。これは罠なのか?
男たちの嫉妬と裏切りが、殺人鬼を駆り立てる。挑発する犯人と刑事の執念。熾烈な攻防は驚愕の結末へ。第23回山本周五郎賞受賞作。

ジャンル
出版社
幻冬舎
電子版発売日
2013年02月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

後悔と真実の色 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年07月03日

    これはミステリーそのものより重厚な読み物として、大変面白かった。主人公のカリスマ性、それを起因とする物語の進行。人間活劇だね。久しぶりにお腹の大満足の小説でした。
    しかし、救いはないね。。。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月05日

    面白かった。西條さんの仮説は、どれももっともらしく、物語の流れと共に一緒に進んでいけた。真犯人逮捕の流れは、お見事だった。登場人物一人一人がしっかりと肉付けされていて、捜査本部の雑多な音まで聞こえてくる様だった。西條さんにはずっと有能な刑事職のままでいて欲しかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月11日

    凄く面白い作品でした。

    登場するキャラは個性的ででも、リアリティがある。

    このボリュームなのに話の流れも淀むことなく展開して読んでて飽きない。


    ドラマ化して欲しい作品だと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月29日

    山本周五郎賞受賞作。骨太な人間ドラマあり、意外な犯人ありで警察、捜査小説としても、ミステリィとしても完璧な作品。今まで読んだ貫井作品の中でも個人的にナンバー1!特に良かった点はやっぱ主人公の西條刑事かな。同僚、家族関係や終盤でのここまで追い込むか?という過酷な運命など…作り込まれた世界観が何とも言え...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月02日

    いくつかのレビューでは、前半は淡々とした描写でやや退屈と書かれていたけれど、決してそんなことはなく、むしろ緻密でありありと映像を想起させる文章をこんなに長く読める快感に震えるほどだった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月02日

    こんなつまらないことで、打ち込んでいた仕事を追われ、取り返しのつかない後悔をさせられるとは、同情しかない。高邁な志を持ちひたすら真面目に仕事をしていれば、外野は必ず嫉妬や誤解をする。悪いのは全て外野のはず。人間の社会は不完全で不公平。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月22日

    面白かったです。一気呑み。もとい一気読み。
    個性豊かな登場人物達に、視点を移しながらの展開は、「カツオの一本釣り」のカツオのごとくグイグイ引っ張られた。
    まるで四コマ漫画を読むようなスピードで、ページを捲る手が止まりませんでした。
    相変わらずの重い読後感。「キツイな~」とゆうつぶやきを、焼酎で流し込...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月18日

    刑事たちの執念と嫉妬の物語。

    若い女性ばかりを狙った連続殺人事件を担当する刑事たち。

    被害者は惨殺された上に指を切り取られていた。

    最初に出動となった捜査一課九係。

    不倫を隠す合理主義・西條、頭脳派・三井、世渡り上手・村越や、所轄新人制服警官・大崎など、様々な想いや背景を抱えながらホ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月30日

    文庫本689ページの分厚さがそのまま
    犯人検挙までの途方もない困難さを表しているようでした。
    ページを進むたびに、少しずつ少しずつ
    犯人に近づいていると感じるスリル。
    読み進めるうちに頭に描いた犯人像は
    遂に逮捕された犯人とほぼ同じ・・・
    それなのに最後まで犯人がわからなかった私が感じたのは
    まんま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月08日

    社会を震撼させる、連蔵殺人事件。ネットでの殺人予告、実況を大胆不敵にも行う謎の犯人”指収集家”。若い女性を襲い、死体から人差し指を切り取る殺人鬼。 殺された女性の共通が、犯人へたどり着く唯一の鍵。捜査一課のエース西條と挑発する犯人の熾烈な攻防は驚愕の結末へ。。息詰まる上質のサスペンスと圧倒的な密度で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています