火村英生に捧げる犯罪

火村英生に捧げる犯罪

作者名 :
通常価格 619円 (税込)
紙の本 [参考] 637円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

作品内容

臨床犯罪学者・火村英生と推理作家・有栖川有栖のかけあいが楽しい「作家アリス」シリーズの短篇集。「とっておきの探偵にきわめつけの謎を」──火村英生のもとにprof. Rを名乗る者から送られてきた犯罪予告めいたファックス。トリックの小さな綻びから犯罪が露呈する表題作ほか、過去の影におびえる男の哀しさが余韻を残す「長い影」、殺された男の側にいた鸚鵡(おうむ)が真実を暴く「鸚鵡返し」など、ごく短い掌篇から短篇まで珠玉の作品が並ぶ1冊。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
309ページ
電子版発売日
2011年11月04日
紙の本の発売
2011年06月
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

「火村英生に捧げる犯罪」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2013年06月15日

それぞれ趣向を凝らした短編集。かなり短いものからそれなりの長さのあるものまで、豊富でした。ネタバレになるからあまり書けませんが、身近に独特の言い間違いをしている人がいるので……おっと、これ以上は口を噤むべし。実写化するなら森下刑事は是非、関ジャニ∞の大倉くんが良いですね。ジャニーズ系って設定だし。丸...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年03月14日

作家アリス&火村先生のシリーズ第18弾。シリーズの短編集では10冊目。2002年から2008年の中編から掌編までのアラカルト。やや長めの「雷雨の庭で」が読みごたえがあって、切ないラストが作家アリスシリーズらしくてよかった。でも最後にほんわかした気分になった「偽りのペア」もよい。表題作は賛否両論あるよ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年11月11日

色んな趣向の作品が読めて楽しかったです。
いつもの火村シリーズとはちょっと趣が違う気がしました。
表題作の「火村英生に捧げる犯罪」は、その派手なタイトルと3つの視点から始まる出だしに惹き込まれて期待したのに、意外な結末で笑えました。
その点に関してはあとがきでも有栖川先生が言ってます。
良い意味で期...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年09月08日

短いのから長めのものまでバラエティに富んでいてとても楽しめた。
珍しく火村目線で物語が語られていくのが新鮮で楽しかった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年05月30日

短編集。
長いのから短いのまでバラエティに富んでいて面白かった。

火村英生に捧げる犯罪、ってだいぶ期待して読んだけど拍子抜け。
でもタイトルに火村英生とあるのに名探偵アリスが活躍するとこでニヤニヤ。

火村からも警察からも
だいぶアリスがいじられてて、
アリスは愛されているなぁと。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「火村英生に捧げる犯罪」に関連する特集・キャンペーン

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,646

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!