女王国の城 上

女王国の城 上

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

舞台は、めざましい成長を遂げる宗教団体〈人類協会〉の聖地、神倉。大学に姿を見せない部長を案じて、推理小説研究会の後輩アリスは江神二郎の下宿を訪れる。室内には神倉へ向かったと思しき痕跡。とかく噂の神倉へ、何故? 様子を見に行こうと考えたアリスにマリアが、そして就職活動中の望月、織田も同調、4人はレンタカーを駆って木曾路をひた走る。紆余曲折を経て〈城〉と呼ばれる総本部で江神の安否は確認できたものの、思いがけず殺人事件に直面。外界との接触を阻まれ囚われの身となった一行は決死の脱出と真相究明を試みるが、その間にも事件は続発し……。第8回本格ミステリ大賞に輝いた、江神シリーズ第4作。

ジャンル
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元推理文庫
ページ数
436ページ
電子版発売日
2012年10月26日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2016年05月14日

    英都大学推理小説研究会シリーズ第四弾。カルト教団内に侵入し、事件に遭遇。この江神、有栖川、マリアのシリーズは、火村に負けないくらい面白い。下巻も楽しみ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月17日

    上巻、下巻でそれぞれそれなりに厚さのある本格ミステリーです。

    上巻で説明された事柄、伏線が下巻で回収され、点と点と線になっていく気持ち良さが味わえます。
    そして、ミステリーの謎解きだけでなく、城からの脱走劇では爽快感も感じられます。

    長い小説は読むだけで疲れますし、そもそも読みきるまで時間がかか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月27日

    UFOを待ち続ける新興宗教「人類教会」の聖地、神倉を舞台とした「学生アリス」シリーズ第4弾。上下巻の長編である。

    ミス研の部長、江神さんが突然、失踪する。部屋には神倉に向かった痕跡を残して。
    ミス研の4人は車に乗り込み、山奥の「聖地」へと向かう。

    そこで、4人は部長が「人類教会」の「城」に滞在し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月20日

    江神シリーズ第4作・上。

    久々の江神先輩。なのに中々会えないという…マリアじゃなくてもそりゃ突っかかりますよ(笑)
    作者あとがきに静の上巻、動の下巻、とあるけれど、確かに下巻に比べたら上巻は派手な動きはないけど、伏線あれこれあるので読みごたえがない訳ではないです。
    読み終わった後で、もう一回読みた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月05日

    江神さんがいなくなった!!
    相変わらず推理研の面々のやりとりが小気味いい♫
    これはほんと面白かった\(^o^)/

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月22日

    11年前の事件との繋がりは?江神さんの本当の目的は?軟禁状態となった有栖達はどうなるのか?などと興味は尽きません。
    後半の展開が楽しみです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月09日

    私の本格ミステリあるあるなのだけど、登場人物が多すぎて、覚えきれない。犯人が出てきても、「こんな奴、いたっけ」となる。本作でも、「誰だっけ、こいつ」という感じだった。真犯人を探し当てた人がいたら、敬服する。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月14日

    うわー。
    むちゃくちゃ面白い。
    島での密室とは違い、宗教都市の密室というのが良い。
    偏見だけど、宗教都市の方がちょっと変わった人がいても受け入れやすいせいだろうなぁ。
    下巻も楽しみ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月04日

    江神さんが、宗教都市神倉に消えた。正確には「ちょっと遠くにいってくるかもしれん」と残して消える。彼のアパートで見つけた事実をつなげて神倉へとレンタカーを走らせるアリス、マリア、そして二人の先輩。先輩二人は就活を休んでの参戦だった。宇宙人に救いを求める宗教に江神さんがはまったわけではないかと心配してい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月07日

    「学生アリス」シリーズの4作目。
    「双頭の悪魔」からおよそ15年ぶりに発表された物語である。

    完全なる密室の中での殺人は不可能である。
    某ドラマではないけれど「破れない密室はない」を地でいく展開になっている。
    心理的な作用によって密室は作られていく・・・。
    物語は広範囲に枝葉がのび、江神の過去や本...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 女王国の城 上
    770円(税込)
    舞台は、めざましい成長を遂げる宗教団体〈人類協会〉の聖地、神倉。大学に姿を見せない部長を案じて、推理小説研究会の後輩アリスは江神二郎の下宿を訪れる。室内には神倉へ向かったと思しき痕跡。とかく噂の神倉へ、何故? 様子を見に行こうと考えたアリスにマリアが、そして就職活動中の望月、織田も同調、4人はレンタカーを駆って木曾路をひた走る。紆余曲折を経て〈城〉と呼ばれる総本部で江神の安...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 女王国の城 下
    770円(税込)
    宗教団体〈人類協会〉の総本部にいったんは温かく迎えられた英都大学推理小説研究会の一行だったが、殺人事件が突発するや問答無用の軟禁状態に。協会幹部は警察に通報せず自分たちで犯人を突き止めると宣言。自由を回復するため推理研のメンバーも助力を約すが、調査は思うように進まない。そして焦躁の一夜が明けた総本部に銃声が轟き、さらなる犠牲者の存在が明らかになった。抵抗運動も試みつつ真相究...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「女王国の城」に関連する特集・キャンペーン