井上荒野の一覧

「井上荒野」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

文藝春秋2022年2月号
NEW
950円(税込)

作品一覧

2022/01/08更新

ユーザーレビュー

  • あちらにいる鬼
    夢中で読んだ。そして我ながらこういうものに感じ入る歳になったものだと、しばらくぼうっとしてしまった。一人の作家がいて、その妻と、作家の不倫相手の心の内が交互に描かれている。はぁ……。愛とはけっして清く美しいものではなく、とても独りよがりであるような気がするわ。

    奥さんと愛人を、それぞれ月と太陽のよ...続きを読む
  • 注文の多い料理小説集
    好きな話ばかりだった
    料理の描写がどのお話も目の前にあるかのよう
    地元と思わせるような話もあって楽しめた
  • その話は今日はやめておきましょう【毎日文庫】
    面白かったです,みにつまされる気がしました。人間の弱さ、頼りなさ、若者と老人の格差、夫婦の関係の微妙さ、妻の逞しさ、おっとの情けなさなどなど。しかし自転車で10キロ走れる人達に、家政婦はいるかな、?ともおもいました。
  • Seven Stories 星が流れた夜の車窓から
    九州の鉄道「ななつ星」がテーマのアンソロジー。
    憧れの列車で、なかなか乗車できるものでもない「ななつ星」に乗車した二人の話だったり、乗れなかった二人の話だったり…でもどの小説も二人の関係を見つめ直せる旅となっていました。
    小説だけでなく随想と随筆もその中でスパイスのようにきいています。
    私もいつか乗...続きを読む
  • あたしたち、海へ
    思春期だとか、反抗期だとか、そんな子どもだからという理由で一括りにしてよい問題ではない。いじめの首謀者は悪者である。でもそれは一体どこで学んだ、誰の影響なのだろうか。
    最後に見える希望を、全世代に感じてほしい作品。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!