湊かなえの一覧

「湊かなえ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:湊かなえ(ミナトカナエ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1973年
  • 出身地:日本 / 広島県
  • 職業:作家

武庫川女子大学家政学部卒。2007年『聖職者』でデビュー。同作は第29回小説推理新人賞を受賞。2009年『告白』が第6回本屋大賞を受賞。映画化され大ヒット作となる。作品の多くはドラマ化・映画化されている。『夜行観覧車』、 『望郷、海の星』、『白ゆき姫殺人事件』、『Nのために』など多数の作品を手がける。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2019/10/26更新

ユーザーレビュー

  • 白ゆき姫殺人事件
    思わぬ展開にびっくり。今の時代によくある手のひら返しを逆手に取ったような。所詮一般の人にとっては上部のイメージが一番大事でとっつく、のだが…。
  • 白ゆき姫殺人事件
    関わり方によって、人の評価は違う。
    誰の言葉を鵜呑みにするかではなく、自分がどう評価するか、それは何故か、自分で決めたことが自分にとっての真実。
    自分が体感したものだけ、感想を言う権利がある。
  • 白ゆき姫殺人事件
    『おもしろかった』のひと言。
    ミステリー小説にありがちな殺人事件なのだが、描き方がおもしろい。湊さんの作風は特徴的なものが多いような気がするけど、この作品は飛び抜けていると思う。
    現代社会というか、人間関係というか、とにかく、今私たちが生きている世の中の闇を描いている。
    読んでいて、あまりにも現実的...続きを読む
  • 猫が見ていた
    ジャケットの猫の目にやられた猫アンソロジー。
    短編が7作並んでいるけど、気に入ったのは柚月裕子さんの「泣く猫」だな。猫が脇でいい仕事をする。
    あと、「100万回生きたねこ」が感動の書なのか、絶望の書なのかは深いテーマだ。
    最後の猫小説傑作選も、また読まなきゃいけない本を増やしてくれる。
  • 時の罠
    時間がテーマの短編集
    個人的にはかなり好き
    ページ数も少なくて読みやすいです
    お気に入りは「下津山縁起」