湊かなえのレビュー一覧

  • 告白
    『ほとんどの人たちは、他人から賞賛されたいという願望を少なからず持っているのではないでしょうか。しかし、良いことや、立派なことをするのは大変です。では、一番簡単な方法は何か。悪いことをした人を責めればいいのです。』
    『価値観や基準というものは、生まれ育った環境によって決められる。』
    『殺意とは一定の...続きを読む
  • 高校入試
    私自身が高校入試を受ける前に読み、実際にこんなことになったら、たまったもんじゃないですが、社会の複雑さや難しさに加え、高校入試という新たな舞台のミステリアス感に読む手が止まりませんでした。
  • 花の鎖
    湊かなえさんへの今までの印象と180度変わって、なんとも清い!3人の女性たちのストーリーが少しずつ繋がっていく心地よさ!気付いたら書き始めてた相関図が最終的にひとつにまとまる気持ちよさといったらなかった。
    何よりそれぞれのキャラクターが立っていて、よく見てみれば前半でも細かく細かく描写されてるのね。...続きを読む
  • ブロードキャスト【電子特典付き】
    ブロードキャスト
    序章 第1章 オンエア 第2章 シノプシス
    第3章 サウンドエフェクト 第4章 完パケ
    第5章 アドリブ 終章
    ラジオドラマ

    中学時代 スポーツに打ち込み輝いていた。高校入学を前に味わう挫折。誘われて入った文...続きを読む
  • 母性(新潮文庫)
    娘さん、死ななくて良かったなってしみじみ思う。お母さんは祖母のこと好き過ぎて、こんなだったら結婚しなくても良かったんじゃないかとか子供なんて産まなかった方が良かったんじゃないのかとか色々考えてしまった。母性って結構最初から備わってるように思われるけど実際は違ってお母さんには母性というものがこれっぽっ...続きを読む
  • 白ゆき姫殺人事件
    湊かなえさんの作品、おもしろすぎです。
    しかも、最後の方のアッという間の展開。。。
    急すぎてビックリしました。
    意外な結末にもビックリ。

    ビックリの連発する作品だと思います。
  • 少女
    じわじわと纏わりついてくる嫌な予感から、想像していなかった結末に驚愕した。
    最後で持っていかれた。
    記号で心情を表していたことをあとがきで気づかされ、鳥肌が立った。
  • ブロードキャスト【電子特典付き】
    初めてレビューを書きます。

    「告白」を初めて読んだ時に衝撃を受け、それ以来湊かなえさんはずっと大好きな作家です。

    「イヤミス」というジャンルを作り上げ、「本読むのは苦手だけど湊かなえは好き」というファンは多いと思います。

    そんな作家さんが書く青春小説ってどんな感じなんだろうって読む前は思ってい...続きを読む
  • 告白
    「森口先生の娘が殺された」という、核となる事件の様相は序盤でわかります。しかしながら、いろいろな面での切り取り方を見ると、その度に事件への感じ方が変わってくると思います。圧倒的な没入感です。一気に読み進めてしまいました。
    何人もの視点が出てきます。彼らの全てが全て真実だけを語っていたのでしょうか、そ...続きを読む
  • 夜行観覧車
    ロクなやつがいないけど、みんな「ロクなやつじゃなくならざるをえなかった」んじゃないかな。高級住宅街という独特な社会が生々しすぎるほどに描かれていた。
  • ブロードキャスト【電子特典付き】
    書店で平積みしており面白そうなので買った。湊かなえといえばミステリーで怖いイメージがあったが、全くそんなことはなく、ほのぼのとした青春小説。すごくよかった。高校の放送部というマイナーな部活を掘り下げているが、登場人物がとてもユニークで感動もさせられる。高校入学から高校1年の夏休みまでで終わってしまう...続きを読む
  • 告白
    序盤から速いテンポですぐ面白い。
    内容的にはダークストーリーが続く。
    いい意味では無いが最後はスカッとする不思議なミステリー作品。

    面白かったです!
  • 告白
    私が初めて読んだ湊かなえさんの本です。
    この本をきっかけに湊かなえ作品の虜になりました。

    森口先生が復讐の動機、方法、犯人について淡々と語っている感じに背筋がぞっとしました。
    他の湊かなえ作品も読みましたが、やっぱり告白が一番好きな作品です。
    これがデビュー作だなんて本当にすごい!!

    学校の国語...続きを読む
  • 花の鎖

    ラストに向けて止まらない

    タイトルの通り、花の鎖がストーリーをつないでいきます。つながり始めると、涙なしには読めません。初めての湊かなえ作品ですが、大ファンになりました。。
  • 少女
    紫織の死の目撃で「死」を見てみたいという欲望を生む2人の少女。由紀はとてもさっぱりした、悪く言えば冷たい子だなという印象だったけど物語が終盤になり文字にすることで気持ちを伝えるほうが得意で敦子に向けてヨルの綱渡りを書いたのは友情というものをこれでもかというくらい感じた。
    敦子は周りの目ばかりが気にな...続きを読む
  • Nのために
    事件が起きたその時、皆が皆それぞれの大切なNのために行動を起こし、真実を胸に仕舞った。
    それぞれにとってのNは誰なのか、そしてその人のために隠した真実は何なのか、読み進む毎に明らかになる彼らの切ない物語。

    回想を重ねる毎に見えてくる真相が様変わりしていく湊かなえさんらしい作品。作られた真実の裏にそ...続きを読む
  • 絶唱(新潮文庫)
    阪神大震災は朝のTVから知ったのだけど、東北の大震災は数日間、水や電気が止まるという状況にはあった。
    あの長い揺れと、その後の無音な世界は忘れる事が出来ない。
    あの程度でもそう感じるのに、身近な人を亡くされた方々は……うまく言葉では言えない。

    どの話も胸が締め付けられるようだった。
    震災さえなけれ...続きを読む
  • 告白
    湊かなえさんの作品で1番面白かった。
    一人一人の立場での物語を想像し、裏切られるのが良かった。
    渡辺くんのお母さんの視点からも物語を読んでみたい。
  • 夜行観覧車
    高級住宅街で起こった殺人事件の真相をめぐる、人々の姿を描いたミステリ。
    湊さんはキャラクター設定に相当力を入れていると聞いたことがあるが、登場人物の姿を見るとほんとにそうだなと思う。

    個人的には次男の苦悩の姿が心に染みる。自分は天才ではない、閃くものがないからこそ努力で正解を積み上げていく、そうい...続きを読む
  • 少女
    湊さんの作品は最後までほんと目を離せない。
    イヤミスの女王と言われているけれど、単純に話が終わって、よかったね〜とならないところは大きな魅力の一つだと思う。

    解説で星さんが「巧みに張られた伏線どうしをのりしろにして、文字だけで書かれた世界が立体感のあるものに組み上がっていく快感」という表現は言い得...続きを読む