贖罪

贖罪

作者名 :
通常価格 680円 (619円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

15年前、静かな田舎町でひとりの女児が殺害された。直前まで一緒に遊んでいた四人の女の子は、犯人と思われる男と言葉を交わしていたものの、なぜか顔が思い出せず、事件は迷宮入りとなる。娘を喪った母親は彼女たちに言った――あなたたちを絶対に許さない。必ず犯人を見つけなさい。それができないのなら、わたしが納得できる償いをしなさい、と。十字架を背負わされたまま成長した四人に降りかかる、悲劇の連鎖の結末は!?

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
双葉社
掲載誌・レーベル
双葉文庫
電子版発売日
2020年06月08日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2020年10月14日

    湊さんの本でこれが一番後引くこわさ。
    過去にもしかしたら傷つけてたかも知れない恋人のことを思い出した。
    こんな仕返しされるんじゃないかと身震いした

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月24日

    様々な人間模様が描かれて4人、いや5人の贖罪について描かれる物語は戦慄を覚え、考えさせられた。
    オムニバスストーリー?ドラクエ4のような後から色々と繋がっていき情報が次第に明かされる感じは非常に好みだった。
    それぞれの立場になって考えた結果、すべての場合許そうと思った。どんなことでも許して前向きに人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月06日

    呪いの言葉
    かけた方とかけられた方の人生のギャップ
    一つの犯罪が負の連鎖を生み、全員をどこまでも不幸に陥れていく。猜疑心が渦巻き、いつまで経っても掛け違えたボタンを戻せない。

    いやミスを初めて読んだ。幸せな話ではないけど、不思議とそんなに嫌な読後感ではない。カタルシス?!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月10日

    湊かなえの中でも重く暗い部類に位置する本。
    後味の悪さも上位。そういうのを求めてるならハマるのでは。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月05日

    4人の少女の当時の内面や成長してからの様子、やそれぞれの事件に至るまでの過程についての描写が細かく描かれていて、重苦しくも引き込まれた。ただ、犯人の心情や人柄があまり語られないのがなによりも怖いかもしれない。

    後味が悪いだろうと分かっていながらも手を止められない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月10日

    ある田舎町で小学4年生の少女殺害事件が起こる。少女が殺害される前まで一緒に行動し、その殺人犯を目撃していた同級生4人は犯人の顔を思い出せず、事件は未解決となる。事件当時、殺害された少女の母親から告げられた言葉により、重い十字架を背負って生きていくこととなった4人の少女に起こる悲劇の顛末を描いた物語。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月10日

    この小説には魔女が出てくる。
    魔女は幼い女の子達、四人へ呪いをかけました。
    "私の娘を殺した犯人を見つけなさい。それが出来ないなら償いなさい"
    時が経ち四人は大きくなりましたが、魔女の呪いは解けません。そして呪いの力はさらなる悲劇を呼びおこした。
    陰湿で暗い物語。しかし、面白い。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月04日

    目の前の 当たり前 が一言によって簡単に囚われ、縛られ、大きく狂い出し
    人生を思いがけない方向に転換してしまう。
    そんな事って本当によくある事だと思います。
    言葉の力って良くも悪くもやっぱり凄いもので、人を救うこともあれば簡単に底に落とす事だって出来てしまう。
    しかも人はそれを善意や悪意で使いこなし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月30日

    4人の少女の人生を狂わされた1つの事件、被害者の親からの言われた一言。
    本人は軽く言ったつもりのことでも言われた側はずっと忘れられられずトラウマになりうる。
    被害妄想と思い込みの恐ろしさを知れる1冊です。
    自分が傷付いていて誰かに当たってしまうときは言葉を選ぼうと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月20日

    人はすべて平等だなんて思ってはいけない。生まれたときから、それぞれが与えられているものは違うのだから。貧乏人が金持ちのフリをしてはいけない。バカが学者のフリをしてはいけない。貧乏人は倹しさの中に幸せを求め、バカはバカなりにできることを一生懸命頑張ればいいのだ。身の丈以上のものを求めようとすれば、不幸...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています