山猫珈琲 上巻

山猫珈琲 上巻

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「山」「猫」「珈琲」は著者がとても好きで大切にしているもの。これらに励まされ、また癒され、日々の執筆活動に励んでいる。上巻は、朝日新聞、神戸新聞、日経新聞などに連載されたエッセイを収録。デビュー10周年記念の初エッセイ集! ※特別収録/同郷のポルノグラフィティの楽曲『Aokage』をイメージした掌編小説。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
双葉社
掲載誌・レーベル
双葉文庫
電子版発売日
2020年06月08日
紙の本の発売
2019年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

山猫珈琲 上巻 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年04月20日

    めちゃくちゃ好き

    本棚に置いておきたい

    湊かなえさんって、こんなに素敵なエッセイもかけるんだなぁ。

    あたしもかけるようになりたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月21日

    様々な媒体で綴られてきた著者自身の数々のエッセイが、まとめられたのが本書。奇想天外かつ予想もできない結末で読者を惹きつけるミステリー作家として有名な著者。その著者の日常・身のまわりのこと、郷里因島で過ごした高校までの思い出、大学時代、サイクリングに登山、旅行、就職氷河期の就職とOL時代、青年海外協力...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月06日

    2011年頃からのエッセイが時系列で収録されていて、湊さんも書き慣れてくるからなのか、ページが進むにつれて面白くなる。
    地方在住で、しかも海外でも注目され受賞されていたのは知らなかった。
    淡路島のグルメ、何度か出てくるダイエット、トンガの話、登山でのもう1人の女性の話、猫のマロンの話がとくに印象に残...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月26日

    湊かなえのエッセイを初めて読んだ。
    ふーん。意外!あの
    おそろしい、不気味な内面に潜む怖さを表して尽きない作家。

    表題は
    作家湊かなえの好きなもの。➀山ー登山➁猫
    ➂珈琲ー特に山頂で飲む、フランスパンと食べる珈琲の美味しさが描かれてる。
    これを読めばまたより湊かなえという作家を好きになる

    また淡...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月07日

    エッセイって面白いんですね
    何より一つ一つが短くて読みやすい!
    テンポよく暇な時に読み進められました。
    湊かなえさんは登山が好きらしいですが僕もやってみようかなぁ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月23日

    湊さんの初エッセイ集読んだ事があるものもありましたが、日常のちょっとした出来事とか楽しく読ませていただきました。私も家電製品はソニー派ですし、キョロちゃんのおもちゃのカンヅメ欲しさに口のとこ開ける時毎回ワクワクした事とか、ご当地バーガー等々一緒に楽しめました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月04日

    湊かなえさんの本はよく読みますが、湊さん自身がどんな方なのかあまり知りませんでした。
    へえー、淡路島に住んでるんだぁ。海外青年協力隊に参加したことあるんだねー、結婚されてるけど、お子さんはいないのかな?ああいたいた、など、色んなことを知れました。

    私より2つ年上の方なので、共感できる話もありました...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年01月31日

    湊かなえ作品、14冊目。
    初エッセイでしたが、楽しく読むことができました。
    印象的なフレーズは以下:
    ★「祭り」を知っている世代と「祭りのあと世代」では価値観が全く違います
    ★それでいいのか?山「ガール」とは、その程度のものなのか?
    ★女子からの卒業は、…、「聞き流す」「やり過ごす」「なかったことに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年02月03日

    再読。新聞連載をまとめたエッセイ。ご本人の「エッセイを書くことが好きではなかった」という通り真面目で当たり障りなくて少し面白みに欠ける。それでも丁寧に生活しながら執筆活動を続けてこられている様子がうかがえた。

    このレビューは参考になりましたか?

山猫珈琲 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 山猫珈琲 上巻
    660円(税込)
    「山」「猫」「珈琲」は著者がとても好きで大切にしているもの。これらに励まされ、また癒され、日々の執筆活動に励んでいる。上巻は、朝日新聞、神戸新聞、日経新聞などに連載されたエッセイを収録。デビュー10周年記念の初エッセイ集! ※特別収録/同郷のポルノグラフィティの楽曲『Aokage』をイメージした掌編小説。
  • 山猫珈琲 下巻
    660円(税込)
    「山」「猫」「珈琲」は著者がとても好きで大切にしているもの。これらに励まされ、また癒され、日々の執筆活動に励んでいる。下巻は、様々な雑誌に寄せたエッセイや、シナリオ応募から小説家デビューまでを綴った連載など。こうして作家・湊かなえは誕生した! ファン待望の、ベストセラー作家の初エッセイ集! 特別収録/脚本コンクール受賞作「ラスト・エレベーターガール」「答えは、昼間の月」。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています