加納朋子の一覧

「加納朋子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/11/07更新

ユーザーレビュー

  • カーテンコール!
    閉校する萌木女学園の卒業するための特別補講。
    女の子同士のストーリーの中に入ってくる角田校長が素敵。
    短編で構成されているが全て繋がっている。
    角田校長のお姉さんの話に泣けた。手紙の頭文字のたすけて かえりたい の言葉に気付けていたら…という後悔。死んだら戻ってこない。

    死にたくなる女の...続きを読む
  • いつかの岸辺に跳ねていく
    すごく面白い本に出会って、興奮冷めやらぬうちに入力しています

    加納朋子さんの
    いつかの岸辺に跳ねていく

    胸が締め付けられそうになりながら、でも幸せを信じて読んでみてください。
    お時間がある時に是非!
  • カーテンコール!
    とても胸に沁みる最終章でした。想像と異なる驚きの最終展開に思わず唸りました。このストーリー展開の巧さが加納さんの真骨頂のような気がします。今回の一人一人の話もズシリと考えさせられるものがありました。大学を卒業するこの頃というのは、親から干渉されてきた時期と社会人として自立していく狭間になる頃で、一つ...続きを読む
  • モノレールねこ
    やられたぁ。いやぁ笑った。そしてじわーっと感動したし、キューっと切なかったり悲しかったり。ものの見事に加納劇場を満喫してしまいました。八編からなる短編集ですが、どの作品もいい!短い一編の中でよくこんなにうまく読者の心を捉え揺さぶりフィニッシュも巧くまとめあげるなと。私は加納さん二作目にしてもう完全に...続きを読む
  • いつかの岸辺に跳ねていく
    この物語に出逢えてよかった。号泣。
    フラット と レリーフ
    平面 と 浮彫り
    幼馴染みの護と徹子の2人の視点からなる2つの、1つの物語。護視点(フラット)を読んだ時と、徹子視点(レリーフ)を読み始めてすぐの、あまりにも違う温度差にびっくりした。え?って。
    護の人生はいかに平坦で恵まれていて穏やかだっ...続きを読む