「加納朋子」おすすめ作品一覧

「加納朋子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/06/01更新

ユーザーレビュー

  • カーテンコール!
    各々の問題を抱えて卒業できなかった大学生たちが、特別に寮に入って卒業を目指す、数珠つなぎの短編集。

    すごく好き。
    この作者さんらしい優しさと温かさが詰まっている。
    こういう場所が実際にあればいいのになと思った。
  • カーテンコール!
    加納さんらしくとても温かい作品でした*落ちこぼれたちが抱えているものにそっと寄り添い少し前に進んでいける内容にほっこりしました。最後の校長先生の話にも涙しました。
  • 我ら荒野の七重奏
    「七人の敵がいる」の続編。
    スカッとする1冊。

    出版社に勤務する山田陽子は、息子の陽介を深く愛する一児の母。
    陽介はトランペットに憧れ、中学校に入り吹奏楽部に入部したものの、トランペットからあぶれてファゴットのパートに割り振られる。
    陽子は思わず吹奏楽部の顧問に直談判、モンスターペアレントと囁かれ...続きを読む
  • トオリヌケ キンシ
    きっと人は、自分が周りと違う部分を見つけては悩んで、苦しんでいるんだと、この小説を読んで思った。もちろん、私だってその一人だ。

    加納さんはそんな人たちを、持ち前の優しさで救い上げていく。
    タイトルのように、トオリヌケキンシの袋小路に迷いこんでしまったとしても、出口はあるのだと背中を押してくれる。
    ...続きを読む
  • カーテンコール!
    世の中には様々な問題を抱えた人たちがいる。このほんの女学生だったり、会社の社員だったり、ニートだったり、いろいろな立場に置かれているが、起きている問題は似通った事が多々ある。
    この本は、そうした問題を抱えた人を勇気づけるとても素晴らしい本です。

特集