「加納朋子」おすすめ作品一覧

「加納朋子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/08/25更新

ユーザーレビュー

  • 月曜日の水玉模様
     加納さんの本はこれが初読みでした。
     日常ミステリーですね。人が死んだり、政府の野望に巻き込まれたりはしません。何気なく過ごしていく日々の中で、普段は気にも留めないようなこと。そんなことが気になる。そこからお話が始まります。
     自分は普段、人間観察をしたりしないのですが、周囲の人たちは人間観察がと...続きを読む
  • 猫が見ていた
    猫が好きな人もそうではない人も楽しめるアンソロジー。
    マロンの話はもっともっと読みたいと思いました。
    「三べんまわってニャンと鳴く」がこのなかではお薦めかな。読んでいる間は猫にいやされ、読後は心がほっこりします。
    「オールタイム猫小説傑作選」で読みたい本が増えました。こんなに猫に関係する本があるなん...続きを読む
  • 猫が見ていた
    有栖川先生の作品は「エア・キャット」
    猫の小説を集めたアンソロジーです。
    他の作家さんは、それぞれのファンの方がレビューをすると思うので、私は有栖川先生の「エア・キャット」を。
    事件の推理に、猫が役立ちますが、火村は居心地が悪そうだったり、「無駄なところで運を使っちまった」と言ったり。その運はどこで...続きを読む
  • はるひのの、はる
    シリーズで一番ファンタジーなお話しでした。
    加納さんの紡ぐ温かい物語が大好きです。
    ユウスケ、大きくなったなあ。テルちゃん、働くお母さんになったのか。サヤさん、意外にちゃんと母親してるじゃないの。と親戚のオバチャンの気分で読んだ。
  • いちばん初めにあった海
    中編が二つ収められています。
    最初の一編が表題作で、ラスト近くで不覚にも泣いてしまいました。
    面白い構成の作品だと思います。
    二編目、解説を読んでやっと気付いたというところがちょっと悔しかったけれど、僧と解って読むと、やっぱり胸にぐっと来るものがありました。
    心洗われる気持ちになるというか、素敵な作...続きを読む

特集