【定番】医療小説特集

このエントリーをはてなブックマークに追加
医療 看板

『白い巨塔』を筆頭に、ドラマ化や映画化が続く医療小説。悪徳医者のサスペンスや、町医者のハートフルストーリー、痺れるようなノンフィクションなど、多様な作品をラインナップしました。

注目は、現役医師が描く救命医たちのシビアな人間ドラマ累計115万部突破の人気作『こちら救命センター』シリーズ。

累計115万部突破の人気作『こちら救命センター』シリーズ

映像化作品ほか、医療小説界の定番作品

『空中ブランコ』で直木賞受賞の「精神科医伊良部シリーズ」

草なぎ剛主演ドラマ「医者僕」原作、医療エンタメのベストセラー

医療小説の名手たち

名手①久坂部羊 ドラマ化『無痛』『破裂』ほか 現役医師

名手②仙川環 医療ミステリーの旗手として注目される

名手③帚木蓬生 『閉鎖病棟』山本周五郎賞、『逃亡』柴田錬三郎賞 現役精神科医

名手④知念実希人 『仮面病棟』『天久鷹央シリーズ』がともにヒット 現役医師

名手⑤霧村悠康 『女医・倉石祥子シリーズ』は片平なぎさ主演でドラマ化 現役医師

名手⑥米山公啓 エッセイ、医学ミステリー、実用書など著書多数 現役医師

時代小説界の医療小説