破裂(上)

破裂(上)

作者名 :
通常価格 627円 (570円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

過失による患者の死に平然とする医師たちに怒りがたぎる元新聞記者・松野。心臓外科教授の椅子だけを目指すエリート助教授・香村。「手術の失敗で父は死んだ」と香村を訴える美貌の人妻・枝利子。医療の国家統制を目論む“厚労省のマキャベリ”佐久間。医療過誤を内部告発する若き麻酔科医・江崎。五人の運命が今、劇的にからみ転がり始めた。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎文庫
電子版発売日
2013年04月26日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

破裂(上) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年01月23日

    相変わらずのゾッとするような面白さでした。
    白い巨塔のような、医療裁判…果たしてどうなるのか?
    ここぞとばかりに、医療界のどす黒さを暴く内容。
    得られる知識も沢山ありました。
    下巻読みます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月02日

    社会問題が盛りだくさんの衝撃作。
    医療や命の尊厳に関する理想と現実という重いテーマがあり、読後にはずしりと何ともいえない不気味さと後味の悪さが残ります。これは人間として避けられない死への恐怖と老人福祉への不安にも重なります。
    久しぶりに寸暇を惜しみ一気に読んだ作品でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月03日

    ピンピンポックリというフレーズに聞き覚えがあったので調べたら、数年前のWOWOWの「神の手」というドラマだった。やはりこの作者の原作だった。
    恥ずかしながら、数冊読んでいながら、こんな有名な作家さんとは知らなかった。

    医療裁判になるのかならないのか、結果はどうなるのか、上巻からは窺い知れない。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月21日

    とにかく皆が自分のことしか考えてない話(笑)だったけど、面白かった。
    続きが気になる小説は久しぶり。

    作者は医師なのに、もはや医師を憎んでるの?な勢いの書き方が時々引っかかる。
    言い方を変えれば、医師批判に偏重しすぎてる部分がある。
    他の先生は厳しい書きかたされてるのに、江崎先生やその周辺には全体...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月29日

    医療ミスと、その闇を暴こうと病院内で孤軍奮闘する麻酔医師と、国の立場から恐ろしい企みを試みようと暗躍する厚労省のお役人。それぞれが絡み合って、混沌としていく…

    この著者の作品はテーマが考えさせられるし、面白い。下巻もこのまま一気読みしそう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月05日

    医療ミスの話。
    医者ももちろん人、神ではないので当然ミスも起こる。
    それが許されないから責任が重い。
    普通の職場と違い、命と直結した仕事だからこその話が重い。

    先が楽しみです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月03日

    隠蔽される医療ミスを暴き出そうとする元新聞記者の松野とそれに協力する麻酔科医の江崎。やがて、医療ミスによる患者の死亡を巡る告発が… タイトルの『破裂』に関わる恐るべき陰謀。予想を超える展開にドキドキしながら上巻を読み終えた。

    久坂部羊の作品は『廃用身』『無痛』と読み、三作目。いずれも面白い。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年09月07日

    作者は「廃用身」とともに一段と深刻化する高齢化社会に向けた警告を発している。「廃用身」での驚くべき発想は医学など門外漢の私には今にも実現できそうなリアリティを感じさせた。医学に関わる方の感想を伺いたいと思った。実際、介護の現場は壮絶なものだろう。医療の進化が産んだ弊害だと言われれば確かにそうだよなと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    単純に命を救う医療を極めていくことが社会のためになるのか。
    すごい命題を突き付けたまま終わる衝撃作。(080518)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    老人医療問題をよく扱う人なんですが、色々考えさせられますな。帚木の「安楽病棟」をもっとシビアに突っ込んだ感じ?物語としては「廃用身」同様、広げた大風呂敷がどうしてそんな簡単に畳みきれるのか謎ではありますが、やっぱテーマ勝ちか。あとキャラ。どいつもこいつも感情移入するにはちょっと引くような、普通のよく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

破裂 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 破裂(上)
    627円(税込)
    過失による患者の死に平然とする医師たちに怒りがたぎる元新聞記者・松野。心臓外科教授の椅子だけを目指すエリート助教授・香村。「手術の失敗で父は死んだ」と香村を訴える美貌の人妻・枝利子。医療の国家統制を目論む“厚労省のマキャベリ”佐久間。医療過誤を内部告発する若き麻酔科医・江崎。五人の運命が今、劇的にからみ転がり始めた。
  • 破裂(下)
    627円(税込)
    枝利子の裁判は、病院内外の圧力で難航する。その裏で厚労省の佐久間が香村助教授に接触を始めた。それが国家権力による高齢者抹殺計画=「プロジェクト天寿」だと見抜いたジャーナリストの松野は、発表する矢先、何者かに殺される……。裁判の結末は? 権力に翻弄される江崎の運命は? そしてプロジェクトの行方は? 医療ミステリの傑作。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています