「久坂部羊」おすすめ作品一覧

  • 作者名:久坂部羊(クサカベヨウ)
  • 生年月日:1955年01月01日
  • 職業:作家

大阪大学医学部卒。2003年『廃用身』でデビュー。『悪医』で第3回日本医療小説大賞を受賞。『第三のミス~まず石を投げよ~』がテレビ放送化された。

作品一覧

2017/05/15更新

ユーザーレビュー

  • 悪医

    全体的に暗い雰囲気で物語は進みます。このまま終わってしまうのか、光は見えないのか・・・
    諦めかけた時、淡い光が見えて来ます。森川医師がテレビ番組のパネラーとして発言する場面からの描写は圧巻です。電車の中で人目もはばからずボロボロ泣いてしまいました。
    かく言う私もサバイバーです。昨今、医師は患者にハッ...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 老乱

    親の介護についてはそろそろ気になっているので
    本作品を読み
    なんとなくだけど腹が据わったというか
    認知症についての心構えができた。
    ただただ恐れていた認知症
    前半は振り回される子供たちに感情移入していたが
    後半になるにつれ、その親の気持ち
    認知症になっていく当人の考えが分かり
    涙なしでは読めなかった...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 悪医

    久坂部羊『悪医』朝日文庫。第3回日本医療小説大賞受賞作。

    たまたま入院先のベッドの上で読んだ。読みながら、リアリティと恐怖を感じた。

    最初は世の中の悪徳医師を批判するブラック小説かと思いながら読み進んだのだが、終盤からは雰囲気が一変、思いも寄らぬ結末が待っていた。非常に面白いが、入院中に読むもの...続きを読む

    Posted by ブクログ

特集