「久坂部羊」おすすめ作品一覧

「久坂部羊」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:久坂部羊(クサカベヨウ)
  • 生年月日:1955年01月01日
  • 職業:作家

大阪大学医学部卒。2003年『廃用身』でデビュー。『悪医』で第3回日本医療小説大賞を受賞。『第三のミス~まず石を投げよ~』がテレビ放送化された。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/09/23更新

ユーザーレビュー

  • 廃用身
    描写も人間も正義心もグロい。異常と正常の境い目がわからなくなる。きれいはきたないきたないはきれい、正しいことなんてなくてしちゃいけないことだけがある。
  • 悪医
    以前読んだ『最後の医者は桜を見上げて君を想う』のレビューに、
    このテーマなら『悪医』が面白く深い とあったので、読んでみました。
    確かに。

    悪徳医師の話かと思って読み始めましたが、そうではなかったです。

    私の母も、わかったときには末期癌でしたし、製薬会社に勤めており
    この先生の言っていることは理...続きを読む
  • 人間の死に方 医者だった父の、多くを望まない最期
    著者の父親を始めとして、いくつかの看取りの実例を示してくれるので、人の最期をどう過ごしてもらうかを考えるのによい。
    父君は何もしない主義の医師だったため、現在終末期医療で行われている処置の中で、何が必要で何が不要かを考え直すことができる。

    充分なデータがなしに著者の意見を書いている時は、その点を明...続きを読む
  • 老乱
    身につまされる。いずれ、自分もそうなる。どちらの立場にもなる。良い小説。介護する側、される側、これは他のことにも通じる。教師と生徒。経営者と労働者。強いものと弱いもの。すべてにあてはまる小説。
    個人的には安楽死法を待ちたい。
  • カラダはすごい! モーツァルトとレクター博士の医学講座
    久坂部羊先生、いつも有難く読んでます。「カラダはすごい!」(2017.5)拝読しました。「あなたはすごい!」です(^-^) 「身体の仕組みと機能を知ると、偏見や嫉妬、恐怖や劣等感みたいなネガティブな感情も、霧散するのではないでしょうか。」はい、小さなことに思えました(^-^) 「そして、健康は確かに...続きを読む

特集