「久坂部羊」おすすめ作品一覧

  • 作者名:久坂部羊(クサカベヨウ)
  • 生年月日:1955年01月01日
  • 職業:作家

大阪大学医学部卒。2003年『廃用身』でデビュー。『悪医』で第3回日本医療小説大賞を受賞。『第三のミス~まず石を投げよ~』がテレビ放送化された。

作品一覧

2017/06/16更新

ユーザーレビュー

  • 人間の死に方 医者だった父の、多くを望まない最期

    著者の父親を始めとして、いくつかの看取りの実例を示してくれるので、人の最期をどう過ごしてもらうかを考えるのによい。
    父君は何もしない主義の医師だったため、現在終末期医療で行われている処置の中で、何が必要で何が不要かを考え直すことができる。

    充分なデータがなしに著者の意見を書いている時は、その点を明...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 反社会品

    どれもこれも面白かった!
    近未来的。現実的。「のぞき穴」はミステリーそのもの。
    今の医療保険制度ってもっと議論検証されるべき。崩壊直前だもの。言い出す勇気がないヒトばかりだわ

    Posted by ブクログ

  • 老乱

    身につまされる。いずれ、自分もそうなる。どちらの立場にもなる。良い小説。介護する側、される側、これは他のことにも通じる。教師と生徒。経営者と労働者。強いものと弱いもの。すべてにあてはまる小説。
    個人的には安楽死法を待ちたい。

    Posted by ブクログ

特集