無痛

無痛

作者名 :
通常価格 875円 (796円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

見るだけですぐに症状がわかる二人の天才医師、「痛み」の感覚をまったく持たない男、別れた妻を執拗に追い回すストーカー、殺人容疑のまま施設を脱走した 十四歳少女、そして刑事たちに立ちはだかる刑法39条――。神戸市内の閑静な住宅地で、これ以上ありえないほど凄惨な一家四人残虐殺害事件が起こった。凶器のハンマー他、Sサイズの帽子、LLサイズの靴痕跡など多くの遺留品があるにもかかわらず、捜査本部は具体的な犯人像を絞り込むことができなかった。そして八カ月後、精神障害児童施設に収容されている十四歳の少女が、あの事件の犯人は自分だと告白した、が……。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎文庫
電子版発売日
2013年08月09日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

    Posted by ブクログ 2020年03月05日

    ⑱600ページを超える長編ですが一気に読まされました。物語の発端は猟奇殺陣事件。捜査も実らず、犯人は見つからないが、ある女性からの相談により少しずつ犯行が見えてきます。刑法39条、終末医療、心神喪失者、ストーカー、その他盛り沢山の内容でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月07日

    なんでか知らないけど、ある時期から医療ミステリが増えましたよね。

    久坂部羊さんは安易に救いとか書かないところが、好き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月05日

    この作品は テレビドラマを先に見ました ドラマもおもしろかったですが 小説のほうが 何倍もよかったです グロイ描写ももりだくさんでしたが ^^; 

    考えさせられる作品でした 刑法39条には それぞれの考え方があり どちらの意見もわかるきがして 正解は見つからないのかもしれないです 

    ただ 病気を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月11日

    医療系のミステリー。分厚いけど展開が早く、登場人物もそれぞれキャラが立ってて読み応えあり、一気に読んでしまった。最後はかなりギリギリの戦い。調べたら続きがあるようなので探してみよう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月25日

    作者が医師なだけにリアルです。
    エロい、グロテスク、菜見子と為頼、祐輔以外変態ばっか!!!
    イバラの解剖シーンは恐らくメインのような気がします。
    刑法39条(心神喪失な為に無罪?)と、痛みについても細かく書かれています。
    ドラマでは悲しかったのに、こんなにもエログロだとは思わずびっくりでしたが、60...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月15日

    とある一家におきたの残虐な殺人事件から話が始まります。

    この小説のテーマは、刑法39条。精神的に異常がある場合は罰することはできない。みたいな内容だと思います。

    刑法39条を逆手にとって、精神異常者の振りをする奴もいれは、本当に異常があり、罰せられないことで苦しむ加害者もいました。

    せっか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月07日

    大好きな友達からオススメされた本。
    内容は面白かったけど、わたしには相当グロかった。これを読み終わってから、精神異常的な事件があるとこの本が頭に浮かぶ。ある意味とても印象に残った作品なんだろうな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月04日

    刑法39条に対する強いメッセージ性、問いかけを感じた。罪を犯した神経喪失者や神経喪失者を装った正常者へどう罰を課すか、誰に責任があるか、自分の中ではまだ答えが出ないけど、考えていかなきゃいけない。
    ただどんなに記憶がなくても罪を犯した身体本人が何の罰も受けない可能性のある現状にはやはり納得いかない。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月28日

    かなり 怖くてちゃんと読めなかった描写も…。

    精神疾患のある人の犯罪は 罪にならないというのはやはり被害者にとってはたまらない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月10日

    外見だけで症状や治る可能性がわかる為頼医師と、三歳の息子と二人暮らしで精神障害児童施設に勤める菜見子が遭遇する凄惨な事件。犯罪を犯した心神喪失者を守る法とそれを悪用しようとする者。犯罪現場やストーカー男性の臨場感が凄まじいけれど読み進めるのが辛くなる直前で踏み止まった冷静な筆致でとても引き込まれた。

    このレビューは参考になりましたか?

無痛 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 無痛
    875円(税込)
    見るだけですぐに症状がわかる二人の天才医師、「痛み」の感覚をまったく持たない男、別れた妻を執拗に追い回すストーカー、殺人容疑のまま施設を脱走した 十四歳少女、そして刑事たちに立ちはだかる刑法39条――。神戸市内の閑静な住宅地で、これ以上ありえないほど凄惨な一家四人残虐殺害事件が起こった。凶器のハンマー他、Sサイズの帽子、LLサイズの靴痕跡など多くの遺留品があるにもかかわらず、捜査本...
  • 第五番 無痛II
    877円(税込)
    創陵(そうりょう)大学准教授の菅井は患者の黒い肉腫に唖然とした。エイズに酷似するウイルスが骨を溶かし数日で全身に転移、意識障害で死に至らしめる。あらゆる薬が効かず数カ月で日本中にこの「新型カポジ肉腫」が多発したが国は無策で人々は恐慌した。一方ウィーンで天才医師・為頼がWHOの関連組織から陰謀の勧誘を受ける。ベストセラー『無痛』の続編。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています