第五番 無痛II
  • 最新刊

第五番 無痛II

作者名 :
通常価格 877円 (798円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

創陵(そうりょう)大学准教授の菅井は患者の黒い肉腫に唖然とした。エイズに酷似するウイルスが骨を溶かし数日で全身に転移、意識障害で死に至らしめる。あらゆる薬が効かず数カ月で日本中にこの「新型カポジ肉腫」が多発したが国は無策で人々は恐慌した。一方ウィーンで天才医師・為頼がWHOの関連組織から陰謀の勧誘を受ける。ベストセラー『無痛』の続編。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎文庫
電子版発売日
2015年09月04日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

第五番 無痛II のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年02月09日

    結局、何が伝えたいかと結論から書くと

    執拗に医療を信用するな

    ということかなと思いました。
    コンビニ受診なんて言葉を初めて聞きましたが、カネのある健康オタクはどうしてもそうなりがちかもしれません。

    そんなに信頼されても困りますよ。医者は神様じゃないんだから

    そう訴えたいのが伝わってきました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月06日

    ドラマ無痛も見てますが、第五番、医療者の地位?を存続させるために、感染症を定期的に流行らせ、パンデミックにする、という発想。なんか、昨今の流れを見ていると、実際にありそうで怖すぎます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月19日

    あの『無痛』の続編。事実と創作とが見事に融合した医療ミステリー小説。

    前作よりもスケール感があり、ストーリーも非常に面白い。勿論、続編ということで、前作同様、天才医師の為頼英介と先天性無痛症のイバラの二人が物語の中心人物となる。

    エボラ出血熱、エイズ、変種型クロイツフェルト・ヤコブ病、SARSに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月19日

    無痛の続編。
    新型カポジ肉腫…治療法もなく、国も無策で広がって来た…
    ほんまに、今今のコロナ禍とオーバーラップする。唯一の救いは、コロナの方が症状は軽い(日本を含めアジア諸国に限る?)
    このウィルスは、実は、中国寄りの機関の…
    作家の久坂部さんが医者という事もあり、カポジ肉腫の病状などがリアルで怖い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月10日

    皮膚に黒いカリフラワーのような肉腫が出来、全身に転移し意識障害で死に至る新型の病気と、ウィーンで別人のように生まれ変わったサトミと再会する為頼医師、心神喪失と判定され刑務所を出所するも再び利用されようとしている、画家の弟子となったイバラ。厚くて登場人物も多いけれど読み易く濃密でとても引き込まれた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月24日

    無痛II
    前作にもましてのスピード感がたまらない。
    時間を忘れたい時、集中することによってドーパミンを出したい時にオススメ( ̄▽ ̄)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月14日

    『無痛』の続編。
    医師と患者の思いの違い。
    医療の現実と裏側。
    とにかく病気とか様々な医療に関して、複雑に感じるところがある。
    私も何かで聞いたことがある。
    「すごい薬が開発されると医師とか製薬会社が儲からなくなる」とか…
    そんなことをふと思い出したなぁ。

    2016.2.14

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月21日

    前作とはまた違う恐ろしさがありましたねぇ。今回は医師のモラルと人間性を問われる作品です。まったくのフィクションじゃないかも?と思ってしまうのは私だけでしょうか…(笑)前回のあの人があんな形で出てくるのと、最後の最後に読書を驚かせるしかけがしてある。前作同様、分厚いけどほどんど一気読み。読んでいる間は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月29日

    「無痛」の続編にあたる作品。

    ある日、原因不明の新型カポジ肉腫の恐怖が日本を襲う。
    小さな斑点のようなものにはじまり、劇的に悪化して死に至る肉腫。
    その病にかかるひとびとと治療法を探る医療人。
    同じ頃、ウイーンで在日本人のための診療所で医師として働く為頼のもとに、白神と共に日本を離れた南サトミが現...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月30日

    すべての人が健康なら医者は要らなくなる。伝染性のひどい病気が発生すれば医療従事者の必要性は高まる。高い必要性を維持するにはどうするか‥‥う~ん 病気と医療 存在感はセットで発生するのか‥‥‥ なるべく医者にかからずにすませたいなぁ

    このレビューは参考になりましたか?

無痛 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 無痛
    875円(税込)
    見るだけですぐに症状がわかる二人の天才医師、「痛み」の感覚をまったく持たない男、別れた妻を執拗に追い回すストーカー、殺人容疑のまま施設を脱走した 十四歳少女、そして刑事たちに立ちはだかる刑法39条――。神戸市内の閑静な住宅地で、これ以上ありえないほど凄惨な一家四人残虐殺害事件が起こった。凶器のハンマー他、Sサイズの帽子、LLサイズの靴痕跡など多くの遺留品があるにもかかわらず、捜査本...
  • 第五番 無痛II
    877円(税込)
    創陵(そうりょう)大学准教授の菅井は患者の黒い肉腫に唖然とした。エイズに酷似するウイルスが骨を溶かし数日で全身に転移、意識障害で死に至らしめる。あらゆる薬が効かず数カ月で日本中にこの「新型カポジ肉腫」が多発したが国は無策で人々は恐慌した。一方ウィーンで天才医師・為頼がWHOの関連組織から陰謀の勧誘を受ける。ベストセラー『無痛』の続編。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています