「遠藤周作」おすすめ作品一覧

  • 作者名:遠藤周作(エンドウシュウサク)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1923年03月27日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

慶應義塾大学文学部仏文科を卒。随筆や文芸評論や戯曲も手がけている。1950年にフランスへ留学。帰国後は批評家として活動。『白い人』で芥川賞を受賞。代表作品の『沈黙』をはじめとする多くの作品は、欧米で翻訳され高い評価を受けている。

作品一覧

2017/01/13更新

女の一生 一部・キクの場合
影法師
615円(税込)
悲しみの歌
756円(税込)
彼の生きかた
799円(税込)
協奏曲
540円(税込)

受賞作品

侍
842円(税込)
キリストの誕生
572円(税込)
海と毒薬
432円(税込)
沈黙
658円(税込)

ユーザーレビュー

  • 沈黙

    信仰とは。人間の強さ、弱さとは。先般、スコセッシ監督で映画になった名作を読んでみた。
    全体を通して暗く重苦しい雰囲気ですが、客観的記述と主観的記述がうまく織り交ぜられているので、飽きずに一気に引き込まれて読んでしまいました。
    テーマは重いですが、信仰は別にしても自分の生き方について考えさせられる。読...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 沈黙

    最近映画化された遠藤周作の原作。島原の乱直後のキリシタン弾圧時期に、日本で棄教したという元師匠の司祭を探し日本の信徒を救うため敢えてポルトガルから遙々日本に乗り込む若き司祭(パードレ、伴天連)の主人公たち。まさにキリストの最後と重なるように進むその運命。結末は読む前から明らかなのだが、目の前で日本の...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 新装版 わたしが・棄てた・女

    昔学生だった時に読んだ本。そのときも大きく突き刺さった
    感じを受けたことだけを覚えています。
    ”沈黙”を映画をきっかけで、これも学生の時以来、
    再読したのですが。それをきっかけで、遠藤氏の作品で
    一番に頭に浮かんだのが、この本でした。
    内容はほとんど忘れていましたが、読みだすと、いろんな
    ことが思い...続きを読む

    Posted by ブクログ

特集