「遠藤周作」おすすめ作品一覧

  • 作者名:遠藤周作(エンドウシュウサク)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1923年03月27日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

慶應義塾大学文学部仏文科を卒。随筆や文芸評論や戯曲も手がけている。1950年にフランスへ留学。帰国後は批評家として活動。『白い人』で芥川賞を受賞。代表作品の『沈黙』をはじめとする多くの作品は、欧米で翻訳され高い評価を受けている。

作品一覧

2017/01/13更新

海と毒薬
432円(税込)
イエスの生涯
529円(税込)
真昼の悪魔
572円(税込)
白い人・黄色い人
475円(税込)
あなたの中の秘密のあなた
老いてこそ遊べ
756円(税込)
王国への道―山田長政―
王の挽歌(上)
626円(税込)
女の一生 一部・キクの場合
影法師
615円(税込)
悲しみの歌
756円(税込)
彼の生きかた
799円(税込)
協奏曲
540円(税込)
キリストの誕生
572円(税込)

受賞作品

侍
842円(税込)
キリストの誕生
572円(税込)
海と毒薬
432円(税込)
沈黙
658円(税込)

ユーザーレビュー

  • 留学

    経験しているからなのかな、人の葛藤を描くのが上手いなあと思いました。昇進に悩む社会人とか勉学に励む学生とか、共感できる方は多いのではないかと思った。

    Posted by ブクログ

  • 女の一生

    久しぶりに遠藤周作さんの本を読んだ。どちらかと言えばサチコの場合が好きだが、キクの一途さに涙が出た。最後はキクは報われたんじゃないかと思う。

    キリスト教弾圧の話ではあるが、本質的には、人間の強さや弱さ、蔑み、底意地汚さ、嫉妬、優しさ、寛容、愛など様々な登場人物を通して描写している。

    個人的に本藤...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 母なるもの

    再評価されるべき逸材、遠藤周作

    遠藤周作は自身の信仰に疑問を持っていた。作家活動は自己肯定感を得るための試行錯誤である。その活動の一里塚たる作品が「母なるもの」ではなかろうか。隠れキリシタンの信仰は、本家バチカンから見たらはるかに程遠いもの。しかし、遠藤は「これで、いいのではなかろうか」と肯定感を見出した。隠れキリシタン信仰の神秘...続きを読む

    名無し

特集