夏川草介の一覧

「夏川草介」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:夏川草介(ナツカワソウスケ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1978年
  • 出身地:日本 / 大阪府
  • 職業:作家

信州大学医学部卒。2009年『神様のカルテ』でデビュー。同作は第10回小学館文庫小説賞を受賞し、実写映画化もされている。医師であり小説家でもある。

値引き作品コーナー

臨床の砦
値引き
492円(税込)
新章 神様のカルテ
値引き
693円(税込)
始まりの木
値引き
1108円(税込)
神様のカルテ0
値引き
508円(税込)
神様のカルテ3
値引き
616円(税込)
神様のカルテ2
値引き
554円(税込)

作品一覧

2022/06/07更新

ユーザーレビュー

  • 新章 神様のカルテ
    夏休み⑨
    いろんな本を読んでやはり!このシリーズが好きだと、胸を張って言える。
    多くを語ることはしたくない!ただただ最高。
    神様のカルテを初めて手にしたのは中3の時だったけれど、それからずっと同じだ。ファンだ。

    ただあの時は遠い、医療現場という舞台を、日本アルプスの山を眺めるようにぼーっと見ている...続きを読む
  • 神様のカルテ0
    夏休み⑦
    読んでなかったと思って読んだけど、読んでたらしい笑
    やっぱ、このシリーズが一番好き!!!
    文体のあたたかさと、人物の揺るがなさと、小気味よい冗談たち。どの編もよかった、、、新章も楽しみ。
  • 勿忘草の咲く町で 安曇野診療記
    神様のカルテも好きだけど、この小説も良かった。
    医療や生死について考えるきっかけにもなるけれど、出てくる人物の仕事に対する向き合い方に尊敬する。
    神様のカルテもそうですが。
    イチさんと桂先生の出会いも見てみたい。
  • 勿忘草の咲く町で 安曇野診療記
    テーマは高齢者医療。しかしその中にも美琴と桂の恋愛模様が描かれていたりと、重みのあるテーマのわりにスラスラと読み進めることができる作品。「神様のカルテ」シリーズとの繋がりがあるのも、おすすめのポイント。
  • 神様のカルテ0
    とても良かった。ほんとに読後感がよい作品です。
    今回もスリリングな熱いという盛り上がりがあるわけではないが、引き込まれて一気に読み終えました。神様のカルテの意味、小説の方が断然いいですよね。
    榛名、一止の空気感もとても良く、まだまだ続きが読みたい作品です。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!