神様のカルテ

神様のカルテ

作者名 :
通常価格 682円 (620円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

2011年8月27日、全国東宝系にて映画公開!
第十回 小学館 文庫小説賞受賞、2010年本屋大賞 第2位。

神の手を持つ医者はいなくても、この病院では奇蹟が起きる。

栗原一止(いちと)は信州にある「24時間、365日対応」の病院で働く、29歳の内科医。ここでは常に医師が不足している。専門ではない分野の診療をするのも日常茶飯事なら、睡眠を3日取れないことも日常茶飯事だ。妻・ハルに献身的に支えられ、経験豊富な看護師と、変わり者だが優秀な外科医の友人と助け合いながら、日々の診療をなんとかこなしている。
そんな一止に、母校の医局から誘いの声がかかる。大学に戻れば、休みも増え愛する妻と過ごす時間が増える。最先端の医療を学ぶこともできる。だが、大学病院や大病院に「手遅れ」と見放された患者たちと、精一杯向き合う医者がいてもいいのではないか。悩む一止の背中を押してくれたのは、死を目前に控えた高齢の癌患者・安曇さんからの思いがけない贈り物だった…。
日本中の書店員が感涙し、発売1年足らずで映画化が決まった大ヒット小説。映画では櫻井翔さんと宮崎あおいさんが、初の夫婦役で競演!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
小学館
シリーズ
神様のカルテシリーズ
ページ数
256ページ
電子版発売日
2011年08月05日
紙の本の発売
2011年06月
サイズ(目安)
1MB
  • ドラマ化

    「ドラマスペシャル 「神様のカルテ」」

    2021年1月 テレビ東京系
    出演:福士蒼汰

神様のカルテ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年05月04日

    私が読書を始めるきっかけとなった作品です。当時、出張で訪れたこの小説のモデルとなった病院の方からオススメされて手に取って見ました。
    現役医師ならではの視点と長野県松本市の美しい風景描写がとても良くて、そこに患者さんや主人公を取り巻くアパートの住人との交流がほっこりして素敵な小説です。クライマックスは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月20日

    大好きなシリーズです。
    ただの医療小説、そんなんではなくて。
    医療を通して、病院という空間を通して色んな人の人生や生活、人の温かさややさしさに触れていく心温まる小説です。
    主人公が夏目漱石オタクで口調まで夏目漱石みたいなところもなんだか異色でけど読みやすいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月09日

    信州を舞台にした医療系物語。夏目漱石に影響を受けた古風な思考と言葉遣いをする主人公と、主人公をとりまく人物像が面白い。医師ゆえに『死と生』『医療の正解はどこか』、にもがき苦しみ、自らを叱責後悔することも数多い。優しく可愛い「細君」に精神的に助けられながらも、最後にひとつの主人公なりの結論に辿り着く。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月29日

    [神様のカルテ1~3共通のレビュー]信州松本で24時間365日対応という看板を掲げ地域医療を担う本庄病院で奮闘する若手医師の栗原一止と、個性的な同僚、上司、患者、そして妻ハルやアパートの隣人たちとの交流を描いた作品。映画化/ドラマ化もされ各方面での評価も高いだけに期待しつつ読んだが、期待を裏切らない...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月23日

    読んだ後に本当に温かい気持ちになりました。
    慢性的医者不足の地方病院で働く栗原一止の物語。
    好きなページ113,151,200,217,245

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月21日

    最近医学部に入る人が多いのに、長野などの田舎地域では医者の数が少なくて困っている状況を見て驚いた。今テレビでDr.Xを見ているが、その内容と照らし合わせると全く違うことが起きていた。だが一つ共通点としてあげられるのは、寝られないと言うことで大変だなぁと思った。また、一止の患者に対する接し方に感動した

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月14日

    何度読んでも大好きな作品。
    初めて読んだのは中学生の時だった気がするが、その頃はまだ今ほど本作の良さに気づけていなかったと思う。

    読んでいて穏やかで晴々とした気持ちになる本。登場人物も良い人ばかりで、特に安曇さんの人格者ぶりには感動させられた。
    安曇さんが亡くなった場面や一止に宛てた手紙の場面では...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月08日

    とても読みやすく、死と医療という重く切ない内容ですが、それぞれキャラが個性的で重くなりすぎず暖かいストーリーになっています。

    今さらながらのこのシリーズですが続けて読みたいとおもう(^^)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月07日

    思い入れのあるおばあさんの死に涙なしには読めない。地域の終末医療に従事する医療関係者の労働環境の過酷さと大学病院の医療との比較が興味深かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月19日

    涙がぽろぽろ落ちてきた。医療とは命を繋ぐことだけでなく、患者の孤独と向き合うことでもあるんだと思えた。はじめは主人公の一止が変な話し方だし偏屈だなと苦手意識があったけど、読み進めていくうちに、その奥にある優しさや情熱に気付き、どんどん物語にのめり込んでいった。

    好きなシーンは
    ①学士殿の門出に、男...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

神様のカルテ のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 神様のカルテ
    682円(税込)
    2011年8月27日、全国東宝系にて映画公開! 第十回 小学館 文庫小説賞受賞、2010年本屋大賞 第2位。 神の手を持つ医者はいなくても、この病院では奇蹟が起きる。 栗原一止(いちと)は信州にある「24時間、365日対応」の病院で働く、29歳の内科医。ここでは常に医師が不足している。専門ではない分野の診療をするのも日常茶飯事なら、睡眠を3日取れないことも日常茶飯事だ。妻・ハルに献身的に支えられ、経験豊富な看護師と、変わり者だが優秀な外科医の友人と助け合いながら、日々の診療をなんとかこなしている。 そんな一止に、母校の医局から誘いの声がかかる。大学に戻れば、休みも増え愛する妻と過ごす時間が増える。最先端の医療を学ぶこともできる。だが、大学病院や大病院に「手遅れ」と見放された患者たちと、精一杯向き合う医者がいてもいいのではないか。悩む一止の背中を押してくれたのは、死を目前に控えた高齢の癌患者・安曇さんからの思いがけない贈り物だった…。 日本中の書店員が感涙し、発売1年足らずで映画化が決まった大ヒット小説。映画では櫻井翔さんと宮崎あおいさんが、初の夫婦役で競演!
  • 神様のカルテ2
    792円(税込)
    医師の話ではない。人間の話をしているのだ。 栗原一止は夏目漱石を敬愛し、信州の「24時間、365日対応」の本庄病院で働く内科医である。写真家である妻・ハルの献身的な支えもあり、多忙な日々を乗り切っている一止に、母校の医局からの誘いがかかる。今の病院で一人でも多くの患者と向き合うか、母校の大学病院で最先端の医療を学ぶか。一止が選択したのは、本庄病院での続投だった(『神様のカルテ』)。  新年度、内科病棟に一止の旧友・進藤辰也が東京の病院から新任の医師としてやってくる。かつて進藤は“医学部の良心”と呼ばれていた。しかし、彼の医師としての行動は周囲を困惑させるものだった。そして、さらに大きな試練が一止たちを待ち受けていた――。
  • 神様のカルテ3
    880円(税込)
    大人気シリーズ、ベストセラー最新作!  栗原一止は、信州にある「24時間365日対応」の本庄病院で働く内科医である。医師不足による激務で忙殺される日々は、妻・ハルの支えなくしては成り立たない。昨年度末、信濃大学医局からの誘いを断り、本庄病院残留を決めた一止だったが、初夏には恩師である古狐先生をガンで失ってしまう。 夏、新しい内科医として本庄病院にやってきた小幡先生は、内科部長である板垣(大狸)先生の元教え子であり、経験も腕も確かで研究熱心。一止も学ぶべき点の多い医師だ。  しかし彼女は治ろうとする意思を持たない患者については、急患であっても受診しないのだった。抗議する一止に、小幡先生は「あの板垣先生が一目置いているっていうから、どんな人かって楽しみにしてたけど、ちょっとフットワークが軽くて、ちょっと内視鏡がうまいだけの、どこにでもいる偽善者タイプの医者じゃない」と言い放つ。彼女の医師としての覚悟を知った一止は、自分の医師としての姿に疑問を持ち始める。そして、より良い医者となるために、新たな決意をするのだった(2014年2月発表作品)。
  • 神様のカルテ0
    726円(税込)
    ベストセラー『神カル』の原点! 上橋菜穂子さん推薦! 「命というものの深みに届きながら、 信州の風のような爽快さと、静かな明るさがある。 これこそ夏川さんの筆の、魔法です」 シリーズ大ヒットのベストセラー『神様のカルテ』にまつわる人々の前日譚であり、かつ珠玉の短編集です。栗原一止は、信州にある24時間365日営業の本庄病院で働く内科医。本作では、医師国家試験直前の一止とその仲間たちの友情、本庄病院の内科部長・板垣(大狸)先生と敵対する事務長・金山弁二の不思議な交流、研修医となり本庄病院で働くことになった一止の医師としての葛藤と、山岳写真家である一止の妻・榛名の信念が描かれます。ますます深度を増す「神カル」ワールドをお楽しみください。
  • 新章 神様のカルテ
    990円(税込)
    大人気作、大学病院編スタート。  栗原一止は、夏目漱石を敬愛する内科医だ。信州・松本平で「24時間、365日対応」を掲げる本庄病院から信濃大学医学部に入局し、早二年が過ぎた。消火器内科医として勤務する傍ら、大学院生としての研究も進めなければならない。そして「引きの栗原」は健在で、患者より医者の数が多いはずの大学病院で相変わらず多忙な日々を送っている。第四内科第三班の実質的な班長を務めている一止は、正義感に燃える研修医たちに共感しながらもいさめ、矛盾だらけの大学病院という組織にもそれなりに順応しているつもりであった。しかし、治療行為も万策尽き、最後のひと時を夫と子供とともに自宅で過ごすことを希望する29才の末期膵癌患者をめぐり、局内の実権を握る准教授と衝突してしまう。  内科医・栗原一止を待ち受ける、新たな試練!  ベストセラーシリーズ、大学病院編スタート!  本編に合わせ、特別編「Birthday」も収録。

神様のカルテ の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 小説

小説 ランキング

神様のカルテ に関連する特集・キャンペーン